スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万葉集巻13

 万葉全20巻のうち、巻13は長歌の数が一番多い。また短歌よりもやや多い、という点で際立っている。

 小生は長歌が好きで、声を出して読んでいて、なんとも気持ちがいい。五七調のリズムが小生を運んで行く。イメージの変化はメロディである。歌の意味はもちろんあるのだけれど、ある言葉の音響や意味の唐突な連想から次に続く言葉を持ってくることによって、一方で内容の切実さを増しあるいは軽減し、他方思わぬ方向を示唆し膨らみを持つ。この方法が万葉人に共有され、ある言い回しは頻用されて枕詞や序詞として固定化された。

 たとえば、誰でも知っている、青によし→奈良。神風の→伊勢。また、若草の→妻。玉の緒→継ぐ。大舟の→思ひ頼む。吉野→好し。松→待つ。杉→過ぎ。身を尽くし→水脈つくし。もののふの→八十氏(やそうぢ=文武百官)→宇治。玉かつま(かつまは籠)→蓋があふ→合ふ→逢ふ。こういった言葉遊びは数えきれないどころか、長歌においてはこの音韻と意味の連想ゲームのオンパレードであって、これが小生にはたまらない。この長歌の膨らみは、後にいっそう和漢の詩歌を取り込んで、遠く室町期の謡曲のうちに洗練されマニアックな展開をとげる。

 巻13においては、人麻呂を中心としたあの万葉の黄金時代の歌歌は人々に暗誦され、その言い回し、その固定されたイメージの模倣が目立つ。単なる模倣を主としたつまらないと感じる歌もあるが、概して面白いと小生は感じる。

3272
 うちはへて 思ひし小野は 遠からぬ その里人の 標結ふと 聞きてし日より 立てらくの たづきも知らに 居らくの 奥かも知らに にきびにし 我が家すらを 草枕 旅寝のごとく 思ふ空 苦しきものを 嘆く空 過ぐし得ぬものを 天雲の ゆくらゆくらに 葦垣の 思ひ乱れて 乱れ麻の 麻笥をなみと 我が恋ふる 千重の一重も 人知れず もとなや恋ひむ 息の緒にして

(大意)私が心を寄せていた小野(あの娘)は、その近くの奴が標を結った(手に入れた)と聞いた日から、立っていても座っていてもぼーっとして煩悶し、慣れ親しんだ我が家にいても漂泊の思い苦しく、ふらふらし、麻のごとく乱れた心を支えてくれる笥(入れ物)もなし、この気持ちの千分の一も解ってくれないあの人を恋死にそうだ・・・。


  人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

    
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

米軍基地移設問題

 鳩山政権が、基地の国外または沖縄県外を口にしたものだから、そしてまた沖縄県民の訴えを聞いてやらねばならないと甘い言葉を垂れこんだものだから、沖縄県民は、それに乗じて、県内移設に猛烈に反対している。これじつに〈友愛精神〉の賜物なり。民主党打倒に燃えている自民党の人々の中には、後のことなど考えず、沖縄県民のこの訴えの炎に油を注いでいるのではないかな。

 小生は、この反対運動がもっと盛り上がればいいと思う。べつに民主党打倒のためではない。米軍基地問題がにっちもさっちも行かなくなって、ついには戦後の最も重要な問題が露呈されることを願うからである。最重要問題とは言うまでもなく日本の独立である。日本国家は独立国であるか。少なくとも主権国家という心理の裏付けのある言行をもっているか(もちろん世の中は思う通りにはいかないことは了承のうえでだが)。憲法問題とともにこの問いにほんとうに触れたくないのは、むしろ空想的平和主義にしがみついていたい左翼陣営である。

 そういえば、この基地移設問題は60年安保闘争を思い起こさせる。当時安保条約を真に破棄させたいと思っていたのはむしろ保守派陣営ではなかったか。ただその手続きが難しいのだ。左翼陣営は安保反対と言い続けていたいだけなのではなかったか。彼らは、真に重要な問題に直面したくなかったのではないか。


  人気ブログランキングへ

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

テーマ : 沖縄米軍基地問題 - ジャンル : 政治・経済

矢作神社参詣

 先日暖かい日、岡崎市にある矢作神社に行きました。矢作神社は、ヤマトタケル東征の途中、ここの住民を苦しめている族を退治するのですが、川の中州に生えている一万本の竹を取ってスサノオ命を祀り賊を退治したという古事が由来だそうです。
 初夏の陽気で、車の中は窓を開けていても耐えられない暑さで、エアコンをつけっぱなし。

 春靄をつらぬく光満ちあふる
       路をすすめりいにしへもとめて  

 道に迷って、こんもりした森を目当てに行くと、確かに神社である。しかし、鳥居には「村社 大友神社」と彫ってある。看板の説明に、672年壬申の乱で天武天皇に敗れた大友皇子が、このあたり三河を廻っていった時に寄った地である。これはこれは、偶然とはいえ貴重な発見だ。

 をさなごとその母のゐる境内に
       大友皇子の御遺跡とあり  

 裏の方で草取りをしているおじさんに矢作神社の場所を訊く。まだ2キロくらい先であると。
 矢作川の土手沿いの、先ほどよりだいぶん大きい杜が見える。それが目指す矢作神社である。

 大木のあちらこちらに木魂する
    小鳥の声はこの世のものか

 東征のヤマトタケルをすくひたる
      竹むらすずし狛犬の横

 休みなく大水はこぶ矢作川
     川面しづかに影をうつせり


   


  人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

  

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

戦後の心理

 それにしても、日本の受けた傷は深かった。それはあまりにも深い。何か黒い塊がどーんと日本の心の底にぶら下がっていると小生は感じる。どうすることもできない。この苦しみから当分逃れることができそうにない。表面上はにこやかな顔をしていることができる。苦しみとは無縁の快活さを一時的には装うこともできる。しかし、じつは片時もこの苦悩から解放されることはないのである。
 日本の受けた傷。それは多くの人が死んだというものではない。諸都市が破壊されたからでもない。原爆を落とされたからでもさらさらない。いったいなんだろう、この苦しみは。

 昭和二十年八月一五日。「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び・・・」あの日は暑かったはずだが、誰もそんなものを感じることはなかった。全くの空虚であった。空は青かったはずだが、誰の目もぽっかりとした巨大な穴しか見ていなかった。戦後生まれの小生はその時のことを知らないはずだと人は言うかもしれない。しかし、あの日をじっさい経験したか否かは大して問題ではない、この今なお続く重苦しさを感ずる者にとっては。あの完全な真空の日があったということを知り、この苦悩の中に居るということで、すべてが明瞭だ。 
 この心理的な深い心の傷。このいつ晴れると知れぬ無明長夜。永らくこの状態が続いた末に、苦悩を苦悩と感じることもないほどひどい苦悩の中に居る。それは絶望でもあり、また自己欺瞞のようでもあるが、じつは日本はいまだに眠っているのだ。あたかも〈あの日〉強力な催眠術者によって眠らされ、そののち術者は、覚醒の手の一叩きを忘れてしまって、どこかへ失せてしまったようなものだ。眠ってしまった日本は自力では覚醒しえない。目が覚めた、もう大丈夫だと言ったとしても、それはやはりどこかおかしいものがあって、催眠状態においてそう言っているにすぎない。

 いかなる心の傷も時が癒してくれるという。わが身を省みて小生もそう思う。しかし、それは意識の上でその傷を思い出すことが少なくなった。あるいは思い出してもいわば表象として出てくるだけで苦しさを随伴することはないということであって、じつは性格形成のうえで大きな影響をいまだにもっているものであり、己の行動において(無意識的ではあるが)それがどうしても出てくる。

 いくら頭のいい人でもそのような催眠状態にあると、現実との心からなる一致がもたらす柔軟さを欠く。考えや動きに、個々の点ではおかしくなくても、全体としてぎこちなく、観念的で非現実的なものがでてくる。空想に走ったり、逆にじっさい上手く処理できても、あまりに事務的で理想を欠いていたり。

 この傾向。頭で分かっても、現実の行動では歪んでしまう。これを少しでも治す手立てはないものだろうか。
 分からないけれど、もう性格はある程度しようがないとして、小生は思うに、それにはとにかく良識に還ることだ、としか言えない。しかし、この語はなんと誤解されやすい語であることか! これはもう現代日本では死語となっている。あるいは何でもありと同義語となってしまっている。それならば、〈常なるもの〉と言おう。われわれの周りには〈常ならぬもの〉で溢れている。流行で溢れている。それは群衆の中にいる自分であり、他人を意識してばかりいる自分である。流行を追うことであまりに忙しく、不易に思いを致すことが難しい。〈常なるもの〉〈不易〉。西洋人なら〈神〉と言うかもしれない。

 ある世代は、ひとつ前の世代がなした誤りを知ることによって優位に立ちえるだろうか。もし今の世代が目前のなすべきことについて〈常なるもの〉と〈常ならぬもの〉と区別がつかなかったら、ノーである。


   

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

   人気ブログランキングへ

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

時代の変化

 ・・・続き人間は文化すなわち己の属する集団の習慣となってきた元の理想―無意識的な願いーは、そう容易く消えることがないと思う。小生はこんな風に想像する。人間は、個人であれ集団であれ、粘着性の強い液体で満たされた池のようなものであると。それは表面のほうは、外的な力で動かされ変化するが、その下のほうはそう簡単には動かされない。深部自体が何らかの地殻変動ー生物学的・集団心理学的なーでもなければ容易には変化しない、かなり強固なものである。人間は己そして集団のアイデンティティを表面から下のほうに降りて行って確認する。だから、強い外的な力で突然液体全体を大きく揺さぶられると驚き抵抗する。
 だから、変化は、表面から多かれ少なかれ深い内部への問い合わせを繰り返し、いわば納得済みでなければ、反発を食らう。
 平たく言えば、たとえば外国からの侵略が、それが唐突に暴力的にやってくると、国民は反発し、何としても祖国を守ろうとする心理が生じる。しかし、時間をかけてゆっくりとその国の歴史や文化に理解を示し、さらに経済協力という味付けをふりかけながら、同化してゆけば、侵略は成功する。中国のチベット政策も急がなくていいのだ。
 あるいは、もっと身近な例を挙げれば、女性を落とすのに、力でもって急襲すれば強姦であるが、多少日日をかけて手練手管を尽くし、相手に気に入られてから襲えば、恋愛の成就である。
 
 大雑把な言い方だが、日本は明治維新の時、急激な変化を体験したが、そうせざるを得なかったとはいえ、それはむしろ己が欲してそうしたのであり、いわば納得済みであった。だからいくら大革命といっても歴史の深い部分の連続性はしっかり保たれていた。
 しかし、大東亜戦争後の急激な変化はむしろ外部からの強い撹乱であり、納得のできないものであった。外的な変化は軽度かもしれないが、深いところの傷は深甚たるものであった。最初のうちは心の中では反発をしていたが、だんだんと表面的には反発をしなくなった。このまま日本民族の意識と無意識とが離反し続けると、どこかで異常が出てくるような気がする。
 まあ、嘆いていてもしようがないし、無理な誤魔化しを続けては重病を発症する、曖昧なまま時効になるのを期待して放っておくのは衰滅への道である。
 いまこれを克服する手立てがあると思う。それは、今なお戦後であることを国民が自覚し、これから百年かかるつもりで日本は理論武装を整え、積極的に世界に向かって戦後処理をしていかねばならないと覚悟することだ。
 


 日本復活が可能と思う人は↓

   人気ブログランキングへ

  

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

仰げば尊し

 先日の新聞の77歳代の女性の投稿記事で、昔は卒業式と言えば「仰げば尊し」であった。今は違う歌を歌っているらしいのは残念である、とのことであった。

 小生も、そろそろ老境に入ってきたのか、「仰げば尊し」を、その初めの部分しか知らないが、いい曲だ、いい文句だと思うようになってきた。心の中でちょっと歌ってみて、なんかじーんとする。昔はそうは感じなかった。そもそも自分の卒業式など出なかった様な気がする。もはや学校とはおさらばだというわくわくした気持ちで、友人たちと春の夢の中へ真っ先に飛び出していったような気がする。

 それはそうと、投稿記事を読んで、小生もなるほどそうだ、「仰げば尊し」を歌わなくなったのは残念だと共感した。ところが、今はどのような歌が歌われているのか小生は知らない、もっといい歌?が歌われているのかもしれない。とすると、小生の共感は、自分が唯一知っており、いわばそのノスタルジーからそう言っているにすぎない。

 自分の過去へのノスタルジーから今の若者にも、自分の過去に与えられたものを与えようとするのはどうなんだろう、今の若者にはそれに相応しい今のスタイルがあるのではあるまいか。と一瞬考えた。

 しかし、もし若者に何か与えねばならないとしたら、自分の知り経験した範囲の中からしか、与えることができないではないか。自分がもし教師だったらどうだろう。その責任上、卒業式に相応しい歌を物色し、何度も聴いてその中から選定するであろうか。まあ、そんな面倒なことはすまい。面倒だから「仰げば尊し」でよしとしよう、となるであろう。きっと現代の教師は卒業式にふさわしいいろんな歌を知っており、「仰げば尊し」よりいいと判断した歌を選ぶのであろう。

 このようにして時代が変わっていくのだなぁ、歌は世につれ、世は歌につれなんて文句があったっけ。当然大人たちが生み出し提供したものを子供たちは当たり前のこととして受け取っていき、それがその子供の成長過程で感覚中枢の深部に沈澱していく。

 で、教育は、その時の大人たちがいいと思うものを子供たちに提供するものだ。とすると、われわれも子供時分にその時の大人たちがよしとして与えたものを主として吸収してきたはずだ。そして、その大人たちも同様に、子供の時その時の大人たちによって与えられたものを大いに吸収してきたはずだ。その時の大人たちが子供の時も・・・・以下同様。

 当たり前のことである。そしてどの時代にも、必ず新しい発想をする人たちがいて、その人たちは他人に影響を及ぼし、だから少しずつ変わっていく。世の中は変化する。変化しなければ死んだも同然だ。

 とくに表面的な感覚や科学技術による生活の変化や多様化は速い。日本人は明治時代になって、それまでとは非常に違った文明が欧米からどっと流れ込んできて、それを受け入れ、近年さらにその線を推し進めるに急で、いまや親子という連続する世代間でさえ、共通の感覚やツールが少ない。
 とはいえ、世代で全く通じるものがないかと言えば、そうでもない。しっかり共通なところも感じる。そして、そういうところに注視すれば何か安堵する。
 ・・・・続く

 変わらないものを大事にしたいと思う人は↓↓クリック

    

  にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

  人気ブログランキングへ

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

新緑の候

 四月十日。晴れ。午前十時。
 明るい空はうす青く、真っ白な繭のような雲が所々に少しばかり浮かんでいる。我が家の前の公園に生えるドングリの木木は、その枝先に小さな浅緑の点々をたくさんつけている。萌出る春になりにけるかも、という文句が浮かぶ。何と美しいのだろう。

 光は緑地を斜めやや後ろから射していて、薄い若葉が背後から照らされて鮮やかな黄緑色に輝いて、緑地の奥行きが顕である。こちらの頭を左右に動かしながら見てみると、まるで舞台のセットのように、透明で軽やかな空間が浮かび出る。

 午前十二時すぎ、先程より陽は高くなって、木木を真上から照らしている。そのため景色が平面的になった分だけ、葉の色は一様に強くなり、こころなし緑が深く多くなった様な気がする。ああ、今日一日だけでもそのぶん葉は成熟してしまうのだ。

 今の瞬間よ、止まれ。と叫びたくなる。午前の光に照らされた若葉の浅緑は、初々しい少女の頬のように美しい。
 
  少女子の にほひたまゆら 春の朝
 
    をとめご

お粗末!

 春の午前が好きな人はクリック
   ↓↓↓

 人気ブログランキングへ  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

   

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

貧しき者は・・

『聖書』にある文句「心の貧しきものは幸いである」の意味を、以前はこのように解釈していた。つまり、欲望が少なく、他人を羨まない心の人は幸福だ、と。しかし、専門家に訊いてみると、心が貧しいとは、まだまだ自分は神の教えに遠い、もっと謙虚に信仰に向かわねば、あるいは学ばねば、という。さらに本来の、というかギリシャ語原文のニュアンスをかんがみて、「神の救済を求める心が満たされたい」ということだそうだ。
 なるほど専門家の言う通りであろう。しかし、正しい解釈はそれとして、初めの小生の考えも捨てがたい。というか聖書から離れて、他人を羨なまい心は幸福だ、という文句が気に入っている。

 先日、新聞の読者の投稿欄に78歳の女性が、「手当支給よりまず借金の返済」と題して書いていたのが、忘れられない。「50年ほど前の日本は、どこの家庭も子供が6~7人いましたが、誰一人国から手当をいただこうなどと思っていませんでした。むしろそのころの方が、子供は健全でした。すべてのことに、もう少し辛苦に耐えるように云々」

 いまの政府政策はちょっと国民に甘い夢を見させすぎないか。誰でも欲望があるし、且つ又欲望を抑えねばならないことも分かっている。子供手当など、貰えればありがたいと思う心もあるし、そのお金がどこから回ってきているか誰でも見当はつく。
 親や先生が甘い言葉で子供の欲望を釣っているのを見ると、いい気持ちはしない。だれでも心に貪欲と禁欲が均衡を保っている。深い考えのない、その時限りの甘い言葉は、人の心の中の貪欲のみを増長させる。


共感される方は↓

  

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 人気ブログランキングへ 

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

ピアノ演奏

 友人にチケットをもらったので聴きに行った。
 pfアルド・チッコリーニ 曲目 シューベルト「ピアノソナタ21番」ムソルグスキー「展覧会の絵」 
 アルド・チッコリーニは御歳86歳とのことである。入退場の足取りは歳相応のゆっくりしたものである。腰はおおむねしゃんとしているが、大分猫背である。拍手に応えるお辞儀はゆっくりとしていて、顔はまったくの無表情だ。むしろパーキンソン病様にこわばった感じがする。
 ところが、演奏となるとそのダイナミズムやトレモロの玉を転がすような早い指使いは、まったく歳を感じさせない。この人間の表情と演奏とのあまりの落差に小生は驚嘆した。

 人には人それぞれの先天的および後天的習慣による老化の型があるように常々感じている。その線で行くと、この人の型はピアノ演奏に必要な体の部分だけを残して、その他のところがだんだん衰弱していくといった型であるように思われる。

 ムソルグスキーの演奏を聴いていて、小生はかなり斜め後ろから演奏者を見ているのだが、これを弾いているのは人ではなく、ロボットが弾いている、と考えようとした。理論的にピアノ演奏ロボットを創ろうと思えばできるはずだ。この考えは気に入った。機械に黒い服を着せて電気磁石が素早く十本の指を柔らかくあるいは強く動かしている。手首や肘や肩の関節ももちろん協力して、独特のタッチを生み出す。

 ところで、そのロボットをプログラムするのは誰であろう。というより、誰かがそのプログラムを入れておいたはずである。その人こそ、ほかでもない演奏家自身である。実際の演奏を素に創ったのであれば、レコードやcdと変わりはない。要するにdvdである。いつかそんなロボット演奏会なるものができるかもしれない。
 それでも、演奏会がなくなるわけではないであろう。現実にこれだけcdやdvdが売れていても、演奏会は減ってはいないのではかなろうか。演奏ロボット演奏会ができても、人間演奏会が減るとは思われない。というのは、聴衆は演奏会にその時限りの、つまり今までにはない新しい演奏を求めているのではなかろうか。
 演奏の一回性。ということは、最上の演奏はないということを意味する。今まで最上の演奏だと思っていたのが、偶々別の演奏に接してみて、思いもよらぬ角度から発する新しいパトスを発見することがある。これがえも言われぬ喜びだ。聴衆は絶えず新しい喜びを期待している。

 であれば音楽は、作曲家と演奏家との共同作業によって生まれるものだ。とまあ、当たり前の結論になる。作曲家は楽譜に書きとめればそれで終わりだが、演奏家は絶えず更新しなければならないから、弾くごとに新しい努力が要求されて大変だ。
 いつぞや、ストラヴィンスキーの『春の祭典』だったか、忘れたけれど、作曲家自身の指揮している演奏のレコードを聴いたことがあるけれど、二度と聴く気がしない、じつにひどい演奏だったことを思い出す。


  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

   人気ブログランキングへ 

テーマ : 音楽 - ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。