スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁徳天皇

 仁徳天皇といえば、あの大きな御陵で有名です。小学校か中学校の社会の教科書に写真が載っていたのを思い出します。また大阪は難波のあたりの水路や堤防などの土木事業を積極的に行われたことが史跡に残っていて、土地の人々にはよく知られているようです。小生は記紀を読むようになって、そのお人なりを知りました。

 『日本書紀』の仁徳天皇条には、エピソードがいっぱいあります。そのなかの小生の好きな話。

 夏の暑い日々、天皇は皇后(前皇后は亡くなられたので、次の皇后)とともに摂津に居られた。夜な夜な鹿の鳴き声が聞こえてくる。その声はとても美しくまた悲しく響いて、両陛下はあはれとお感じになるのであった。ところがある時、鹿の鳴き声が聞こえない。天皇はどうして今宵は鳴かないのだろうとお思いになった。

 あくる日、天皇に仕える佐伯部(おそらく遠い地方出身の部民)が天皇にお料理を献上した。天皇はお問いになった、「これは何だね」。献上人「鹿です」。天皇「どこの鹿だね」。献上人「この地のです」。天皇はこの鹿はきっとあの鳴いていた鹿にちがいないとお思いになり、皇后に仰られた「私はここに来て鹿の鳴き声を聞くようになって心が慰められていた。そんなことを知るよしもない佐伯部が、私のためにあの鹿肉をもってきたのは、やむを得ないとしても、なんとも恨めしい気持ちだ。だから、佐伯部をこの宮には置いておきたくない。転勤させよう。」と仰った。

 あの鹿が肉となって出てきた時の天皇のご無念はいかばかりであったでしょう。転勤の処遇を取られたお気持ちもよく解ります。この話は『古事記』には出て来ませんが、とにかく仁徳天皇はじっと我慢するお人だったようですね。

天皇の初めの皇后はとても嫉妬深く、周りはそのためにとてもぴりぴりしていました。その話を紹介しましょう。

 皇后は異常な嫉妬心をもっておられた。宮中の侍女たちは、それはもう常に戦々恐々としていなければならなかった。ちょっと目立った風なことをすれば、皇后に嫉まれ下ろされるのでありました。

 あるとき顔の美しいという評判の吉備出身の姫が宮中に仕えとして召されたのでしたが、皇后が怖くて実家に帰ってしまった。天皇は姫の帰る船を高台から望まれ歌を詠われた。ところがこのことに皇后は立腹され、使いを派遣し姫を船から降ろさせ、歩いて帰らせました。天皇はじっと我慢をしておられたが、姫への恋しさに負け、皇后に「ちょっと淡路島を見たくなったから行ってくるね」と言って、淡路島経由でそっと吉備の国へ行かれた。そこで、食事のための野菜を姫と一緒に摘み、歌を詠まれた。

 山かたに蒔ける青菜も吉備人と共に採めば楽しくもあるか

 そして、別れの歌を交わして天皇は一人難波にお帰りになった。

 なんともつつましく、みやびな話ではありませんか。まるで伊勢物語の世界ですね。この話は『日本書紀』にはありません。今度は記紀に共通の話。

 仁徳天皇は前々から異母妹の八田若郎女(ヤタノワキイラツメ)に気があられた。皇后が豊楽(とよのあかり=酒宴)のための柏の葉をとりに紀伊の国に行かれた。これはいいチャンスとばかりに、天皇は郎女を招き入れた。ところが、水取の司、つまり水道局に勤める男が船で帰郷するとき偶然出くわした侍女にそのことをオーバーに、このごろ天皇は郎女と昼夜を問わず遊び戯れておられる、と報告した。このことを皇后は侍女から聞かされて、怒り心頭に発し、その御船の載せし柏葉をことごとく海に投げ棄ててしまわれた。そして難波を素通りして、葛城の実家にお帰りになった。
 天皇は、なんとかして皇后を引きもどそうとされるのだが・・・。

 ついでにもう一つの話。

 仁徳天皇はやはり異母妹の女鳥王(メドリノミコ)が欲しいなぁと思い、異母弟の速総別王(ハヤブサワケミコ)に仲介を頼まれた。速総別王が女鳥王のところに行って、天皇のお気持ちを伝えると、女鳥王は、皇后が怖いからイヤ、速総別さまとならいいわ、と言ったので、なんと二人はそこで結ばれてしまった。そんなことをお知りにならない天皇は、返事がなかなか来ないので、自ら女鳥王のところにおいでになって、敷居のところにお座りになり、「その着物は誰のために織っているの」とお尋ねになられた。女鳥王答えて、「速総別王さまのためですわ」。 天皇は女鳥王の心を知ってお帰りになった。

 ところが、その後、女鳥王は速総別王に謀反を勧める。それを耳にされた天皇は、弟を滅ぼそうとされた。天皇の軍勢に追われて二人は宇陀に逃げるが、終に捕らえられる。皇后は軍の総大将に、女鳥王を殺しても、丁重に扱え、また装飾品を決して奪ってはならないと命じた。しかし酒宴の時、総大将の妻が女鳥王のブレスレットを腕に付けていることが発覚した。皇后は即刻総大将を処刑した。
 このことを天皇はどのように思われたことでしょうか。やはり忍の一字で耐えられたのでしょう。

 そもそも仁徳天皇というお名前(おくりな)からして、よほど人々に慕われておられたのであろう。聖帝として人口に膾炙した話がありますね。

 高山に登られて国見をされて仰った、「国には煙が立っていない。みんな貧しいのだろう。わたしはこれから三年間、租税と夫役を免除する」。そして、ご自分の宮の屋根や塀が壊れていたけれど、雨漏りにも耐えて修理をしなかった。その後、国に煙が立つようになり、人々は豊かになった。人々はこの天皇の御代を讃えて聖帝と称した。

 今も天皇は、東日本大震災で多くの困窮者がいることに心を痛められ、みずからも生活を一段と質素にされたとか。そういえば、明治天皇も、兵士のお弁当のあまりの貧しさに心を痛められ、みずからも粗食にされましたね。

ノブレス・オブリージュという言葉を思い出します、noblesse oblige 高貴なる者に課せられた義務とでもなるのでしょうか、今の言葉では恵まれた者は施しをすべしというのでしょうか。まあ、上に立つ者は下の者をたえず気遣わねばならない。あるいは上に立つ者は危機に対してまず自ら身を処す、というべきでしょうか。昔は我が国でも皇太子や親王は成年に達する頃は軍人になったのは、そういう意味合いもあったのではないでしょうか。
イギリスの王子たちも一般人にまじって社会奉仕をすると聞きます。大統領が軍人出身あるいは兵役の経験がある国もありますね。国政にあずかる我が国の議員さんたちも、危機管理ということを少しでも実感するという意味で、一度は軍や救助隊で働いてみたらと思いますが、如何。



                 
                 にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
                 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史上の人物 - ジャンル : 学問・文化・芸術

日本人気質

 
いま東日本大震災における救援活動をアメリカ軍が一生懸命してくれている。有り難いことだ。しかし、これをアメリカの無条件の奉仕だと思ったら大間違いであることは、政治に疎い小生でも解る。この機を捉え、極東におけるアメリカ軍の機動性を中露に見せつけることによって、東アジアの安定を保とうとする狙いがあるにちがいない。

 想定外であった、ということはどこの国においてもある。しかし、危機管理の甘さは我が国は断トツであるらしい。福島原発事故もニュースを聞いているとどうもそういう側面があるようだが、何よりも国家を守る軍隊がないということが、その最たるものだ。

憲法と言い皇室典範と言い、今のうちにしっかり決めておかなければならないと判っているのに、国会で真剣に取り上げない、あたかも触れてはならないように逃げている。おかしな国だ。

なんとなく危険そうなことや嫌なこと、争いや不和を考えたり、口にしたりするのが日本人は苦手だ、そんなことを不謹慎と感じる民族だ。

聖徳太子は、篤く三宝(仏・法・僧)を敬えや、君を天とし臣を地とせよ、よりも、まず「和をもって尊しとなす、逆らうことなきを旨とせよ」を第一条に据えた。

大本営は発表する。

神風特攻機敵空母三隻を撃沈、わが軍の被害軽微なり。

日ソ中立条約があるから、たぶんソ連は攻めてこないであろう。

どこそこの原子力発電所は、脆弱を指摘されているが、今回の点検で異常なしであった。

こちらが軍事力をもたず誠意をもって当たれば、他国が侵略してくるはずがない。

悲しくも麗しいわが国民性だ。今回の大災害で、実に日本民族の良さと悪さが明瞭に出た。この良し悪しは紙の裏表のように切り離せない。あるいは連続していて、どこまでが長所でどこからが短所なのか。外国人が驚くほど和をもって秩序を維持した、しかし、何よりも争いを避けよとは、話し合いで決めろ、談合で行け、対立する様々な角度からチェックする機構を設けるな。仲良くするためにこんなものでいいだろうとなる。

人を信頼して生きていたい。他人を疑ってばかりいる社会は味気なく嫌だ。本当にそう思う。ペリーがやってきて150年経ったが、民族の性格はそう簡単に変わるものではない。

しかし、世界と付き合い始めたその初めにすでに、福沢諭吉は個人と個人との付き合いにおける道徳と組織と組織あるいは国と国との付き合いにおける政略とはまったく異なるべきことを警告した。
                  


  
                                   
                    人気ブログランキングへ
                    にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ : それでいいのか日本国民 - ジャンル : 政治・経済

花盛りの庭

この地域の桜はおおむね散り始めています。
我が家の庭も行く花来る花が混在してにぎやかです。いくつか披露します。
P4130741.jpg
うらしまそう
にわうめ
にわうめ
なのはな
なのはな(美保神社の近くからとってきた)とだいこん
チュウリップとスノーフレーク
チュウリップとスノーフレーク
にら
にら
月桂樹
げっけいじゅ

一首
    大地震おこす地球も花一輪
         創る力のなきものを



             
             人気ブログランキングへ
             にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

ランメルムーアのルチア

 METの昨シーズンの一つ「ランメルムーアのルチア」の映画を観た。なかなかよかった。1830年代あたりのイタリアオペラはいいな。ロッシーニ、ベッリーニ、そしてこのドニゼッティ。この作品なんかはもうヴェルディ一歩手前だな。

 窮地にある領主が、妹ルチアを無理やり政略結婚をさせる。しかしルチアは密かに敵方の男と結婚を約束した仲であった。彼はルチアの結婚話を聞かされてルチアは自分を裏切ったと誤解し、ルチアを責める。あわれルチアはオフェリアと同じ運命をたどったのであった。

 こんなのを観ているといつも思うことだが、人は戦争や恋愛があるおかげでなんと生き生きするものだろう。
「かくのみし 恋ひし渡れば たまきはる 命も我は 惜しけくもなし」
あるいは今のわれわれなら演歌みたいなところに陥るのかもしれないが、イタリアの歌は、石の円形劇場からあの空に向かって響き上って行くように、まっすぐに情熱的だなあ。こちらから見つと、ちょっと笑っちゃうほど大真面目に彼らは情熱を演じるんだねぇ。負けるよ。

 それぞれの風土にはそれぞれの表現形式があり、それぞれの解決方法がある。

 イタリアの古都、フィレンツェやローマの空気を吸った人は、きっとイタリアのエッセンスを感じ知っているにちがいない。小生は行ったことがないから分からないけど。一生行けないかもしれない。まあ、それならそれでいい。しかし、あの溢れる歌の数々を聴いて、イタリアの希望を、イタリアの悲哀を、・・・・つまりイタリア的なものを完全に理解する。と、勝手に思っている(笑)。

 それにしても、音楽は感情のもっとも直接的表現だ。一芸術として分化発展してきた西洋の音楽には、圧倒的な物を感じるな。詩が音楽に憬れるというのはもっともだ。十九世紀は今になってみると、あんな時代があったのかとあらためて驚く。

 音楽におけるルネサンスをこの世にもち来ったベートーヴェンという巨木が倒れて後、新音楽に目覚めたロマン派の一群が羽ばたく。が、それは初めから不安を孕んでいて、ついにはめいめいが否応なく自分の墓のデザインをしなければならなくなった。そんな中、イタリアオペラ作曲家は純粋な音楽を幾分か捨てて、ドラマと肉声との一致を模索する道を進むことによって、救われていたと言えようか。

 まあ、オペラはその限定された肉声音楽でもって聴く人に生気を与えてくれるし、舞台は実人生ではないが、音楽と一体になることによって、われわれの日常的情動を根底から掘り起こし、洗練された姿で垣間見させてくれる。これはこの瞬間まさに実人生であって、しかも同時に救いを与えてくれるのではないのかな。

 ルチア役の女性は、ちょっと小柄で華奢だな、『ボエーム』のミミをやったら似合うかな。


                 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村
                                  

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

先天的平和国家

 この度の東日本大震災において、被災した街々は壊滅したにもかかわらず、人々は暴動を起こすこともなく、助け合いながら整然と救援を待っている様子に、諸外国は賛辞を呈した。

 性格はじつに危機にひんした時こそはっきり顕れるものなんだな、と思う。そういえば、昭和20年、日本軍解体、日本占領統治のためにマッカーサー元帥がやって来たとき、日本人は事態を即座に認め粛々と手配を整えたその態度に米国人は驚いたという。

 明治維新のとき、あれほどの大革命であったにもかかわらず、死者はフランス革命の百分の一程度であったときく。徳川慶喜は政権から排除されたが、ギロチンで首を切られたわけではない。ましてや民衆が前権力者の首を切って喜ぶなんてことは考えられない。

 武士道の観念が日本人にしみついてからであろうか。しかし、武士道は、倫理性というよりも、茶道と同じく日本人の性格から生み出された形式美ではなかろうか。何をするにも美に繋がっていく傾向があるのだな日本人は。

 聖徳太子はまず何を措いても「和をもって尊しとなす」を第一にした。それがそのまま日本人に受け継がれてきたのは、そもそも日本人は神話において、すなわち性格を決定しているものにおいて、死に対する恐れ(けがれ)がつよくあったからではないだろうか。そしてまた、自然の恵みによって、あるがままに受け入れる傾向も?

 おそらく日本人はうんと昔から、争い事をとても忌避する傾向がつよいのではないかな。『論語』に「子、九夷(東方の未開地)に居らんことを欲す。」というところを、北畠親房は、「およそこの国をば君子不死の国ともいふなり。孔子世のみだれることを嘆きて、『九夷にをらん。』とのたまひける。日本はその九夷のその一つなるべし。」と語っている(神皇正統記)。
 『後漢書』東夷伝にある、「天性柔順・・・君子不死国」をも引き合いに出したのであろうか。ともかく紀元前500年から、わが日本は風俗順良であったのだ。

 では、もし世が乱れたときはどうするか。公家絶対主義の親房は南北朝の動乱の真っただ中で『神皇正統記』をものした。そこにこんな文句に出くわす。「およそ保元・平治よりこのかたのみだりがはしさに、頼朝といふ人もなく、泰時といふものなからましかば、日本国の人民いかがなりなまし。」



                
                人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村                
               

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。