スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『枕草子』5

 ―青春という夢

 清少納言は、有力な説では、橘則光という人と結婚をし、一子をもうけたが離婚、その後中宮定子に仕えた。清少は女房としては位が高くなかったらしいが、その才気と文学的教養を中宮に買われ、清少は定子中宮を中心としたサロンの〈素晴らしい〉雰囲気を最後まで愛し続けた。

 とはいえ、それはそう長い期間ではなかった。初出仕してから二年後、定子の父、藤原道隆が薨去し、徐々にその弟道長が力を得て、5年後には道長の娘彰子を中宮となす。その同じ年、定子崩御。おそらくそれから間もなく、清少は宮仕えを辞したとされている。

 ちょうどこのころ、紫式部は、道長によって彰子中宮のサロンの女房に抜擢された。紫は、二年前に夫に先立たれ一子の母となっていた。『源氏物語』を書き始めたのもこの頃らしい。

 宮仕えを辞した清少は、その後どうしたのであろうか。今のところそのあたりについて書き記されたものはなさそうだ。『枕草子』の様々な写しの中の一つ、能因本(平安後期の能因がもっていたヴァージョンの、さらに室町時代の写し)には、最後に奥書のようなものが付いている。

それによると、中宮定子が亡くなり、世も変わって後には、どこかに仕えるということもなく、頼るべき親戚もなかったらしい。老年におよんで尼姿に身を変え、乳母子の縁故に頼って、阿波の国(徳島)に行き、そこで粗末なあばら屋に住んだ。

 ある人の目撃情報では、この老婆、ヘンな帽子のようなものをかぶって、青菜を干しに外に出て、「昔の宮人姿いずこにありや」と独り言を漏らしていたそうな。彼女には、あの青春の宮仕えの思い出しか残っていなかったのであろう、しみじみとあわれに思われる、とある。

紫の予言は当たったとはいえ、実際あの少女の晩年がこんなになろうとは、やはり憐れで、心がジーンとするではありませんか。

 しかし、ひるがえって思うに、紫式部の人生こそ、始めから終わっていたのではないだろうか。彼女に〈青春〉といえるようなものがあったであろうか。あったとしても何か辛い経験の負荷を与えられただけではないだろうか。だからこそ、父の越前赴任に同行したのではなかったか。

その後、求婚されたところで単純に喜んだとは思えない。27歳で結婚し、一子をもうけたが、二年後には夫は他界する。その経験がさらに彼女の心に確信を与えたと思う、この世に人が生きるということの意味。

間もなく、今を時めく道長に懇願されたとはいえ、何を今さら宮仕え・・・すでに暗い諦念が、彼女の心の底に流れる主調低音となっていたのでは? 『源氏物語』を書かねばならなかった彼女の気持ちを想う。




 にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

鎮魂祭

昨日、大神(おほみわ)神社の御神体におはします三輪山と石上神宮の鎮魂祭に行きました。上天気で初冬の澄んだ空気が気持ちよく、山々の美しかったこと。

三輪山


 三輪山 三首

 むかしより幾人々の踏みし道
  わが足もまた踏むこの神山を

 霜月の大気の中をつらぬいて
  霊気をはなつあまた岩坐(いはくら)

 時やある所やあるか今ここに
  わがいのちなる二本(ふたもと)の杉


 石上神宮鎮魂祭 三首

石上神宮


 門前の大杉の影さらに黒く
    つるべ落としの夕暮れの空

 人々の集ふ暗闇しづまりて
    魂(たま)振りの鈴おごそかに鳴る

 邪を除き国を創りしすめみまの
    たましひ復活今宵始まる




  にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

『枕草子』4

  『枕草子』286段(能因本)

 ここは珍しくもっぱら海の話であって、清少は、イメージの連想の赴くままに、新鮮な目を放っています。

 うららかな日、青緑色の海上に色彩豊かな衣服の男女が舟歌を歌いながら櫓をこいでゆく感興。風が吹いて海が荒れると一転して、恐怖に襲われる。船荷が多くて縁が喫水線すれすれなのに、下衆の舟男たちは平気で動き回っている様子。

 と思うと、自分が居る舟の室には妻戸や格子があって小さな家の中にいる感じである。そこから遠いところにある舟を見ると笹の葉を散らしたようだ。それらが夜は火を灯しているのは素敵だ。

 早朝、小さい舟が漕ぎい出でてゆくのはじつにしみじみと心にしみる。それらは「あとの白波」(*)のように、あっと言う間に消えてゆく。身分の高い人はこんな頼りのない舟乗りなどはすべきではない。

 海女を見ているとつらい。男は舟の上で鼻歌など歌っているが、縄を腰に付けて潜る女は命懸けだ。その縄が切れたらどうするのだろう。やっとの思いで上がってきて舟側につかまって息をしているのを見ると涙がでてくる。男はどういう気持ちでいるのだろう。…

 これが清少の目なんですね。

 ところで、文中の*「あとの白波」というのは、『拾遺集』などにある

世の中を何にたとへむ朝ぼらけ
   漕ぎ行く舟のあとの白波

から取ったものだと解説にあります。この元歌は『万葉集』351の沙弥満誓(さみまんぜい)の

世の中を何にたとへむ朝開き
   漕ぎ去にし舟の跡なきごとし

だと思われます。この二つの歌を比較してみると、後者満誓の歌のほうが〈今あったものが無い〉ということを直接的でスパッと言っていますね。世の中はあっという間に変転するものだ。

清少が引用したと言われる歌は、重点が「あとの白波」であって、それはあとの白波のようにすぐ消えてゆくという意味でしょうが、小生には、むしろ〈あとの白波がある〉と感じられます。

つまり、この世はあとの白波ばかり、形骸ばかりである。それを残す本源の力=現実の運動はどこにあるかといえば、すでにこの世でないところにある。この世とはすべてその運動が残した軌跡にすぎない。しかしその形の何と美しくしみじみとしたものであろうか、なんて考えてしまいます。



理屈っぽくってごめんなさい。


 にほんブログ村 歴史ブログ 日本<a href=人気ブログランキングへの伝統・文化へ" />
にほんブログ村 

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

『枕草子』3

『枕草子』282段 

In a cold night of December,
Under the moonlight
A young couple is coming home
on a lovely convertible.

By few days’ snow falling,
All are covered with white.
But now the wind is blowing
And the sky is clear.

Roofs of small houses around
are gleaming like silver
Reflecting the moonlight

From the edge of roofs
are hanging icicles like
crystal pillars sparkling.

The colors of their dresses
Multicolor of winter fashion
Are splendid in cold air
Under the moon light.

The woman tries to hide her face
Behind man’s shoulder,
embarrassed to expose her face
under the bright moonlight.

But the man tries to draw her
Close to his breast,
pretending to the indifferent
to her worry to be seen.

He holds her in his arms
Humming his favorite verses:
“ The stars aglow and tonight
Their light sets me dreaming…

As the car approaches her home,
The more eagerly they hope
in each mind, sure,
this situation will last forever.




下手なりに楽しいもんだ↓↓


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ : 英語学習記録 - ジャンル : 学問・文化・芸術

『枕草子』2

清少納言は雪がとても好きだった。雪に言及している段は数えてみると8か所はある。それにひきかえ雨の日は憂鬱でもあり、好きな催し物も台無しにしてしまうので嫌いと言っている。

 とりわけ清少の目に快かったのは、雪の積もったところで、男たちの衣服の青や紫などが、雪の白さに映えている美しさ。雪にぬれるとさらに趣があるだろうとも言う。たとえ六位の(ぱっとしない)深緑色も雪に濡れれば悪いものではなかろう・・・。(243・271)

 高校の教科書か参考書なんかで出でてきた有名な、「香炉峰の雪はいかならむ」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば云々(278)を読むと、朝の明るい光に照らされた眩しい雪景色が記憶のうちに鮮明に蘇ってくる。

 またこんな記事も。清少の真骨頂だと思うが。(91段)

12月10日過ぎに雪がたくさん降り積もった。女房たちは、これで雪の山を作ろうということで、大勢の人を集めて山を作らせた。中宮さまがこの雪山がどれくらいもつであろうとおっしゃった。女房たちは、「まあ10日くらいでしょう。」と答える。中宮さまは清少に尋ねる。清少は「1月15日まではもつでしょう。」と答えた。

中宮さまは、そんなにはもつはずはない、とおっしゃる。他の者たちも「12月いっぱいももつまい。」と口々に言う。皆がそういうので、清少も内心、自分はちょっと長く言い過ぎたかしらと思うものの、いったん言った以上引っ込みがつかず、1月15日を押し通してしまった。

20日ころ雨が降って山が小さくなる。清少はこの山を消さないように観音様の祈りに祈る。その御蔭か小さくなったものの、消えずに年を越した。あまつさえ元日早々新たに雪が降った。清少は大喜びするが、新雪は(約束違反だと言って)掻き捨てられる。そして女房たちは7日まではもたないだろうと言い張る。

ところが急に三日の日、中宮さまが、ここ(職の御曹司という所)から内裏へ入御されることとなった。自分も含め女房たちも御供しなければならない。雪山消滅日を見届けたいと思っている皆はとても残念がる。

そこで清少は、木守という土塀の外に廂(ひさし)を置いて住んでいるホームレスのおじさんに(大内裏内には宮廷人と顔なじみになって、おこぼれを頂戴している乞食が沢山いたようだ)、「この雪山を人が踏んだり蹴散らしたりしないように、しっかり見張っておくれ、不審者がいたら、それを制して報告せよ、15日までもったらたんと御褒美をやるよ」と、果物や何かを手付けとして渡しながら頼んだ。

7日の日に、いったん里に帰った清少だが、雪山のことが気になってしようがない。毎日早朝から何度も使いをやっては見に行かせる。10日はまだ1メートル位あるというので大喜び。しかし13日夜、大雨が降る。ひょっとしてこの雨で消えてしまうのではないかと思うと、じっとして居れない、夜も眠れず溜息をついている。周りの人もそんな清少を見て、気違いじみていると笑っている。

もう一日なんとか持ちこたえてくれと祈りつつ、下仕えの者を無理やり起こして見に行かせる。帰ってきて言うには、木守は人を雪山に寄せ付けず、しっかり見張っていて、「明後日までもつだろう、たんと御褒美をいただける。」と期待に胸を膨らませていたと。

 この報告に清少ほくそ笑みつつ思う、明日早朝、残りの雪を容器に入れ、歌を添えて、中宮さまに差し上げよう、と。矢も楯もたまらず、まだ暗い時刻に使いに容器を持たせて雪を取り行かせる。

 ところが、使いは空の容器をぶら下げて帰ってきて言う、「雪なんかぜんぜん残ってなかったっすよ」。清少、唖然として一瞬パニックに陥り、うわごとのように一人ごつ、「一体どうしたことだろう、まだ充分あったはずだが・・・あれは夢だったのか・・・」。使い、「木守は御褒美がいただけずに終わってしまって残念至極とうろたえておりました。」

 そこへ宮中の中宮さまからの御伝言、「雪山はどうであったか」と。清少、悔しさに耐えられぬ御返事「みんなは初め新年まではもたないと言っておりましたが、つい昨日まで残っていたのです。しかし、今朝なくなっていたのは不審です。誰かが取り捨てたのではないかと邪推したくなります。」

 一月二十日、清少は参内し、そして一部始終を皆の前で述べた。すると中宮さまは、意外なことをおっしゃった。実はねぇ、14日の夕方、男たちを行かせて、雪を取り捨てさせたのだよ。私は本当に罪なことをしたもんだねぇ。木守の老人は、そんなことしねえで下さいと一生懸命頼んだけれど、このことを誰にも言うな、言えばお前のあばら家を打ち壊すぞと脅して黙らせたのだよ。さあ、総てを告白したからには貴女の勝ちですよ。貴女が雪と共に私にくれようとした歌をここで披露して下さいな。女房たちもそうだそうだ口をそろえて言う。

 清少、今このお言葉を聞いて、そんな気持ちになれるか、と反撃するのがせいぜいのところ。もう、とても情けなく、泣けてきそうで、落ち込むこと限りなし。

 いつもは、清少の目には、定子中宮さまは、人格、容姿、立ち居振る舞い、心配り、センスの良さ、あらゆる点で、目も眩むばかりの人と映っていたのだが、そういう中宮さまのこのようなちょっとしたお遊びのために(意地悪が日常茶飯事の宮中女世界ではこんな程度のことは別にどうってことはない)どんなに落ち込んだことか・・・。



↓↓

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

模様替え

田舎の物置を空にしようと思って久しぶりに物置の中の物を引っ掻き回していたら、出てくるわ出てくるわ、代々あった物よりもはるかに多く自分が蒐集した物がある。

 よくもこんな品々を集めたものだと我ながら驚く。大きな壺類をもって帰って、骨董屋に見せに行って、また驚き。例えば百万円で買った壺が引き取ってもらうときは十万円になれば上等だ。中にはどうも臭いと思っていた物はやはり贋物だといって一円にもならぬ。長い間にいったいどれくらいのお金をつぎ込んだのだろう。

 しかし、あの時じゅうぶん楽しんだから、それでいいとも考える。穴があくほど見て見て、いじくり回して、博物館を廻り、参考書を調べて、夢にまで見て・・・。それで思うのだが、古美術品に目覚めて、比較的始めのうち脂汗を流しながら手に入れた物は、今見てもいいが、多少慣れてきて、将来値上がりするかもしれないという気持ちが少しでも入って手に入れたものは、やはりよくない、というか厭きる。業界で言うところの「本当に好きになったら商売はできない」というのはよく分かる。

 それにしても、必要最低限の衣食住をのぞけば、お金でいろんな物を買えるということは、あらためて面白いことだ。書画骨董に凝るとは女遊びと同じだというある評論家の言が頭に残っているが、本当にそうだろう。痘痕(あばた)も笑窪(えくぼ)があればこそ物が売れる。人は夢で生きている。

 500万円のルビーの指輪も売れるし、2000万円のランボルギーニも売れる。これはまだブツがあるけれど、ギャンブルになると、お金というよりも〈数字〉の可能性という純粋に観念的な夢を生きることに行き着く。現実的なものは観念的であり、観念的なものは現実的である。しかし、たいていはそこまでは行かず、宝くじで一等が当たったら、仕事辞めて億ションを買いたいとかなんとか具体的な夢を描いて生きている人が多い。

 パチンコに通う人はどうなのだろう。小生も学生時代の一時ちょっとやったことがあるけれど、あれは玉がどっと出るときの快感や〈勝つ〉ということへの努力感がいいのではないのかな。手で打っていた時代の人は、技術向上の努力を感じることができたであろうが、おそらく今はどうなのだろう。たぶん機械がほとんどやってくれるであろうから、それだけ努力の面白みが減り、ギャンブル性が強くなっているのではなかろうか。

 ついでに、いつも居る我が部屋の整理もした。ものすごく多くのごみが出た。思い切って多くの物を処分したからだが、今まで何度も捨てようか残そうか迷って、こんなときしか見ない机の下とか棚の下やてっぺんに置いたものを埃を払って、もう死ぬまでおそらくじっくり見ることはないに決まっているということがようやく腹に入って、懐かしい写真やノートやコピーなどを捨てた。これは重要だからまた読むこともあろうかと残しておいた本も実際おそらく二度と読むことはあるまい200冊ほども処分した。

 振り返って思えば、何という愚行を繰り返しやってきたことであろうか。きっと利口な人から見れば、「結局あの人はあの程度の人なのよ。やっぱり不幸になって馬鹿な人だったね。」と言われるであろうと想像し苦々しい胸の内ではあるが、いっぽうこれですっきりした感じもする。むしろ、思い切ってやってきた愚行を何か誇りたいような気にもなるのが不思議である。

 多くのモノを処分したおかげで、部屋の自由がきいて、その分机や棚をどこに置くか迷いが生じ、最終的な配置に落ち着くまで、長時間家族の手を借り、怒られながら埃と汗にまみれた。



愚行ができるのは人間だけだ↓↓

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。