スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貞明皇后御歌28

 1941年(昭和16年)

    12月ごろ 
 さざんくわの白き花ちるこのあした
   にはかにしげしひえどりの声


    読史 紀元節
 すめぐにの民てふことを心にて
   内外のふみは見るべかりけり


    幟(鯉のぼり)稀なり
 つつましき親のこころもしられけり
   立てるのぼりの少なかるにも


    棉(わた)
 耳に聞き絵に見し棉の花も実も
   おほ(生)してぞしる常ならぬ時


 10月22日 第4皇子、三笠宮殿下、高木百合子とご結婚。

      寄菊祝
 三笠山ふもとの菊は千代かけて
   ちぎりかはらぬ花に咲きなむ


    里月
 とりいれに夜もにぎはふ里なれど
   月かげのみは空にしづけし


 嵐の前の静けさだろうか。
 
    海上月
 ふな歌も遠くきこゆる波の上を
   心ひろくも月ぞてらせる


    そして、社頭祈世
 世をまもる神の心にうたへ(訴へ)つつ
  ふしてこひのむ今のこのとき


  昭和17年 連峯雲 御会始
 みねごとに朝たつくものゆくへさへ
   南の海をさすかとぞ思ふ


     光
 めしひたるたけを(猛男)の書きしその文字の
   こころの光めにはしむなり


    朝鶯 皇后宮(香淳)御誕辰
 新聞にこころひかれてゐる朝の
   みみおどろかす鶯の声


    春曉 天長節
 御夢にもみ国のことや見ますらむ
   のどけき春のあかつきにさへ


 しかし、この少し前の4月18日、米空母ホーネットから飛び立った16機のB―25が東京、横浜、名古屋などを爆撃していた。いわゆるドーリットル空襲。日本軍は数時間前から把握していたが、どうも手違いがあったらしく、高射砲も戦闘機もまったく敵機に損害を与えることはできなかったらしい。日本人の死者は86名。中国大陸に降りたB-25の搭乗員の大半はアメリカに帰還できた。

しかし、このときすでに、いわゆる〈大本営発表〉がなされていた。いったん嘘を言うと、どんどん嘘を嘘で固めていかねばならなくなる。まあ、戦時中だからしようがないか。その一カ月あまりのち、ミッドウェーになる。

 昭和18年  耐寒
 たのもしき冬にぞありける寒さにも
   勝ちとほさむと人のきほひて


    海のまもり
 皇国の海のまもりをかためなむ
   よる仇なみもかひなかるべく


     失明軍人に時計を下賜せらるとて
 慰めむ言の葉をなみ時つぐる
   うつはの音にゆだねてぞやる


 君がためまなこささげしますらをの
   こころの悩みきかまくおもふ


     軍国歳暮
 かしづきし子はみいくさに召されいでて
   親やさびしく年おくるらむ


    昭和19年  朝氷
 今朝もまた池の氷をみてぞ思ふ
   千島のはての防人の身を


     潜水艦
 仇のふね目の前にして水底に
   かくるる時のこころをぞ思ふ


     折にふれて祈り言
 民こぞり守りつづけて皇国の
   つちは踏ますな一はしをだに


 皇国はいふにおよばず大あじあ
   国のことごと救はしめませ


     折にふれて
 人として見聞きするだにうとましき
   戦ひすなりながき年月


 ますらをの命ささげし物がたり
   聞くだにわが身おきどころなし


     婦人勤労奉仕
 たわやめも身をぬきいでてみいくさの
   わざにつとむる世にこそありけれ
 

 昭和20年 社頭寒梅 御会始
 かちいくさ祈るとまゐるみやしろの
   はやしの梅は早さきにけり

 
 しかし、諸島戦地はとうに地獄を過ぎ、多くの20歳そこそこの若者が片道分の油を入れて空に舞い上がっていっていた、こんな歌を残してー

 父母様よ末永かれと祈りつつ
    征きて還らぬ空の初旅


      若尾達夫 沖縄海域にて特攻戦死
        享年22歳


  

  にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

メダカ日記2

ようやく日差しが柔らかくなって、夜風は肌寒いですね。台風の後、ツクツクボウシが鳴いています。

我が家の蜂たちも最後の巣の点検を終え、今ではもう巣でじっとしていることが多くなりました。

蜂の巣


長らく今年も毛虫が少ないなぁと思っていたら、とつぜん梅の葉に大量の毛虫を発見しました。よくみるとだいぶん葉が食われていて、しかも三種類の毛虫がいる。一瞬これを駆除しなければと思ったのですが、いやまてよ、こいつらは花芽を食べるわけではないから、いてもいいじゃないかと考え直したのです。
さらに、去年の青虫のように、飼ってみてどんな蛾あるいは蝶々になるのか見てやろう、とさっそく箱に入れて飼い始めました。ところが、これが難しい。毎日新鮮な葉を補給しても、弱っていく、だんだん食べなくなる。こちらも根気が続かず諦めました。

毛虫たち


2~3週間前、我が家の辺りには蜻蛉(とんぼ)が何時間も飛び回っていました。ああ秋だな、それにしてもなぜ何時間も、このあたりを飛び回っているのだろうって思ったとたん、あることに気がついて焦った!
これは、きっと結婚飛行だ、我が家の水鉢に卵を生もうとしているのだ、こりゃいかん、メダカがヤゴに食われる、と遅ればせながら気が付き、先日メダカを鉢から移動させ、鉢の底を調べてみると、合計6匹のヤゴを発見。

ヤゴ


もちろん、これらを抹殺す気にはならない。こいつらも飼って、何時の日か立派な蜻蛉に変身する栄光の瞬間を見てやろうと考えたのです。それでこいつらもプラ容器とバケツに分けて入れ、さて餌をどうするか・・・、6匹に毎日でなくともメダカをやるのはいやだ。それで、鶏肉を細かく切ってやったんだけれど、残念、食べてくれない。生きているものしか食わないのか、それで、毛虫の子供やボウフラ、水ミミズ、小さな虫ならなんでも、放り込んでいるのだけれど、食べるのか食べないのかはっきりしない。しかしなかなか死なないので、水草や苔なんかを食べているのかな、とも思ったりする。今後の研究課題だ。

もちろん、メダカをいっしょに入れておくと、ドジなというか底の方でじっとする性質のメダカは容易につかまって食べられる。ヤゴは日中は泥草の下に隠れていて、夜には餌を探索して動くようで、泥に軌跡を残し、動いた跡がよく解ります。

水槽1  →  水槽2

蓮も種を落としそう。

蓮種


  

雨上がりの庭

先夜の豪雨やんで、そのあした…。

 
 野秋去り庭のしめりにやすらへる
   草のうちからこほろぎの声


 しめやかな朝の大気にたたずめば
   そこはかとなく満ち足りてをり


 静けさに木の葉がくれの怪のものか
   風鈴そよと鳴りてをさまる


 命とは幽界に根を張る草の
   小さき白き一輪の花


 かくてかの栄華を極めしソロモンも
   ひと花すらもえつくらざりけり



    にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

『吉田兼好とは…』

大野芳著『吉田兼好とは誰だったのか』を読んだ。

 『徒然草』の一文も読んだことがないという人も少ないに違いない。学校の教科書なんかに出てくるし、「つれづれなるままに・・・」なんて文句も人口に膾炙しているし。しかし全文に目を通した人も少ないに違いない。いや半分は読んだという人も小生は知らない。

 かくいう小生も、つれづれなるままにちょいちょいとつまみ食いをしたことぐらいしか思い出せない。いつかちゃんと読もうと漠然と思いつつ何年も経ってしまった。兼好さんに言わせると、そうやって歳を取り、気が付いたら何もせずに一生を過してしまうよ、ということになろう。

 『徒然草』すらちゃんと読んでないのに、どうしてこの本を読んだかというと、著者にもらったからで、もらった以上読まねばなるまい。ちょっと暇をついて読んでみようと軽く考えていたら、参った。何と言っても、小生には背景知識が不足している。それで、時代が前後したり、当時の幕府やら御家人やら公家らの名前が大勢出てくるので、とにかく、年表と人物表を傍らにおいておかないと、解らなくなる。

 それでも、読み進むうちに、なるほど兼好さんは、こういう生まれであり、こういう時代に生きて、こういう人とかくかくの関係があり、こういう人に仕え、それでこのような文章を書き散らしていたのであり、そののち正徹さんとかいう人が、まとめて製本したんだな、ということが解った。

 この書は、林瑞栄という人の『兼好発掘』という本が、学界から叩かれ、埋もれていたところを、著者が読み、共感した所から始まる。細かい内容は述べないが、兼好がものを書き始めたのは、彼が仕えていた堀川家の御曹司のいわば教育のためであった。

 これを読んでパッと目が開かれた人も多いのではないかと思う。小生は、『徒然草』が『神皇正統記』とほぼ同時代に書かれたことに感動する、つまりあの時代の日本の文化の層の厚さってことに。

 そしてあの後醍醐天皇前後の動乱を、吉田兼好は彼一流の諦念とリアリズムをもって生きた証ではないのかな『徒然草』は、なんて想像する。そうするとどうしても西行を連想してしまう。すると小生は兼好の和歌集が読みたくてたまらなくなった。さっそくアマゾンで『兼好法師家集』を注文した。

   にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物 - ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。