スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月風景2

  みどりあかきいろにちゃいろ木々の葉は
    組み合わさってなんと美し

  雨上がりあざやかな葉の興宴の
    うしろに幹の黒々と立つ

  木枯らしにはまだ早けれどたまさかに
    葉の一枚のいさぎよく落つ

  群雀わが梅の木に集まって
    何話しているの大きな声で



  

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

退院す

つひにゆく時になってわれ知れり
   ガンは密かな欲のかたまり

 正確に分からぬものは寿命なり
   名医もしらず卜者もしらず

 確率と数字からなる命とは
   いったい誰の命であるか

 長命は恩寵なるかニエットと
   背後にゾシマ長老の声

 さるにてもふと目覚めては心おもく
   これは夢かと思ふ払暁


  

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

病室にて

 なにもかも 手遅れなりや 秋の暮

 病室に 一輪の花も なかりけり

 遠くすむ 子らのきたりて 華やげり

 皮肉やな 食べる話題の 盛り上がり

 息子らと 遺影を撮りぬ 帰り際

 目の奥に 入り日の朱の 沁み入りぬ


  

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

手術を受ける

手術なんて眠っているだけのことだと思っていたから、ほとんど緊張というものはなかった。麻酔をかけられる瞬間は意識できるのであろうか、それは関心があった。背中の麻酔のチューブと腕の点滴のチューブとつけられて、上向きになる。巨大なイソギンチャクのような沢山のライトが眼前に迫る。酸素マスクが顔に当てられ、看護師が「眠くなりますよ」と言ったと思ったら、ストンと落ちた。これは、後で思い出して言うのだけど、快感だった。こんな風に死ねたらいいと思う。

 次の瞬間は、「○○さーん、わかりますかー」という声が聞こえてきたので、肯いた。しかし、声ははっきり出なかったような気がする。それから、人々の話声が聞こえてきて、「じゃ行きまーす」とともに、自分が手術室からどこかに動かされているのが分かった。けっこうガタガタと振動が伝わってきたからだ。とくにストレッチャーが左右に曲がるときはよく分かった。なぜなら、ものすごくお腹が痛かったからだ。これが術後の痛みか。痛みで体が震えてくる。「痛い、痛い」と出ない声を一生懸命出した。さいわいそれは看護師に伝わったようで、「痛いねー」と答えてくれた。それから背中のチューブから鎮痛剤を追加してくれたのか、〈ものすごい痛み〉は去っていった。

 いまから思うと不思議なことは、そのとき手術が思いのほか早く終わったような気がしたからだ。いま何時?と訊こうとしたが、声が出ずに、またうつらうつらしていたので、訊けなかったが、たぶん部屋についてからか、医師と妻とが何となく小声で話しているその話しぶりから、悪い予感がした。

 しばらくすると、主治医(執刀医)が、「じつは腫瘍は腹膜に及んでいましたので、最初にお話したように、胃は切除しなかったのです。しかし、幸い!この病院でなら、先進の治療法ができますから……今はぼんやりして考えられないでしょうから、また後ほど詳しくお話いたしましょう。」というようなことを言った。

 ああ、そうだったのか。それにしても、幸い先進の医療とは?…と思ったが、それより創部の痛みというか動かせないというか、その感覚とまだぼんやりした意識とで、うつらうつらしていたようだ。

 詳しくは書かないけれど、この場合の先進医療とは、一般的な化学療法の上に、さらに別の化学療法を特殊な投与方法でやることだ。これは、いまのところ、まだ治験中(ゆえに保険適応外)で症例数も少ないけれど、小生のような転移例にはとても有効らしいから是非にという。患者に少しでも希望を与えようとの気持ちも医師として当然あるであろうし、また研究者としての医師としては、当然この様な症例を手ぐすね引いて待っているのであろう。学会で発表するには、ある程度の症例数を必要とするのはよくわかる。

そして、ついでに思うことは、悪いように想像をめぐらせていくと、研究熱心な科学者はデータをついつい治験の有効性を高めようと改竄とまではいかないまでも、選択の幅を広げるとか…熱心であればある程、小保方氏が陥ったであろうような誘惑に駆られやすいのではなかろうか。

 ところで、一般的な化学療法だけでも少なくとも2種類の抗がん剤を併用する。これを、死ぬまで繰り返す。手足のしびれ、口内炎、また貧血など骨髄抑制は、ほぼ必発だろうし、肝臓などの障害も大いにありえる。その上、小生には(今回見つかったことだが)肺の感染症もある。もし化学療法を行ったら、これが悪化する可能性もある。それで、これに対しては、さらに抗生剤を併用する必要がありそうだ。想像するだに気持ち悪くなりそう。

 
 まあそんなわけで、化学療法をするにせよ、しないにせよ、そう長く生きれるわけではない。とにかく身辺整理に忙しくなる。立つ鳥跡を濁さず。それにしても、悔しいことは、切られ損、いまだに創部痛があって、充分動けないことだ。忙しいし、痛いし。


  

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

11月風景

  どうだんはわれとおなじくさむ空を
    好むかかくも華やぎにけり


  梅の葉のそろりそろりと散りゆけば
    思ひもかけず鳥の巣のあり


  霜月の空はうつくしたたなづく
    夕べの雲の色のうつろひ


  夕日させばもみぢの赤のひとしきり
    かがやきまして喜びみちる


  若き日の四月に聴きし Impromptu
    この霜月にふと浮かびたり



  

  にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

ガンになる

二週間ばかり前ふと出来心で健診を受けた。ふだんまず健診など受けないことにしているのであるが、さもしい考えで、〈無料〉という文字に引っかかったのだ。

 バリウムを呑む胃のx線検査の直後、技師がちょっと影が見えますと言ったので、ぜひにと画像を見せてもらったら、あらびっくり、胃の下部にはっきりした病変がある。陰影がじつに美しい。直径は3cmはあるだろう、平たい阿蘇山のような形だ。即座にガンだと自分でも判った。

 その日の帰り道、「ついに来るべきものが来たか」という思いを繰り返した。あるいは「とうとう来たか」というべきか、あるいは「やっと来たか」と言う方がぴったりか、あるいはその「とうとう」と「やっと」の入り混じった感じ、その中間ぐらいの感じがぴったりか、これは英語の「anticipated」というのがむしろ近いか、などと考えた。

 まあ、とにかくここ何年と、そのうち命に影響を与える病気がやってくるだろうということは自分に言い聞かせて生きてきたつもりだ。べつに不安をいだいていたわけではない。人生とはいつ突然なにが起こるか分からぬものだとは、まあこの年齢になれば、了解しているつもりだ。

 健診などしなくて何も知らなきゃよかったと頭で思うのは、知ってしまった以上これを早く切除しなければならないという思いに捉われるのと、またそのためのいろいろな検査をさらにやらねばならないのが面倒だからだ。

 なにより、人並みに職場のことが気になった。まず雇い主およびスタッフに報告し、できるだけ迷惑をかけぬように引き継ぎを頼んだりして、支障なく事が運べるよう手をうたねばならないが、これもなかなか思うようにはいかないものだ。まあ、なるようになるであろうと思わなきゃ。

 家族は、もし自分が居なくなっても食べていけるものはあるであろうと漠然と思っている。我が家の金周りはどれくらいあるのかさっぱり知らないけど。ただ人並みに、田舎にある土地や墓の処分のこと、職をもてぬ妻子を残していくことはちょっと気がかりだが、まあ何れはこうなるのだから、ハムレットじゃないけど、来るものは来る、早いか遅いかだけのこと、これもなるようになる、と思わなきゃ。

 それよりも、小生の宿痾ともいうべき蒐集癖で集めたお宝というかガラクタの数々をどうするか。残されたものもこれを価値あるものか無価値なものか判断に迷い、処分にとても困るであろう。もちろん、そのことは普段から考えて最近はずいぶん処分してきたつもりだが、やはり心のどこかに〈まだしばらくのあいだ生きておれる〉という気持ちがあったのであろう。いつ死んでもいいようにと心がけているとは思っていても、はやりどこかに甘さがあったのだ。…

 いやじつはそれどころか、メダカの養育はどうなる、蓮の根分けや梅の剪定は誰がやる。思えば、自分は人一倍いろいろな欲望に浸ってきたのではないか。じつは人生の始末だの覚悟だのとは、はなはだ遠いのではないか。

 というようなわけで、けっきょく病院にかかり、この二週間のあいだに、血液尿便はいうまでもなく、胃の内視鏡検査を二回、腸の内視鏡、胸部および腹部x線およびCT検査、肺機能などのチェックで大忙し。

それにしても、詳しい検査とは恐いもので、これによって芋づる式に悪いところが発見され、さらに思いもよらぬ検査もしなければならないようになって・・・。まあ、時間はかかるし、疲れるし、出費はかさむし。

 何の症状もなかった今迄は、闘病生活というものほど、つまらない生活はないと想像していたが・・・。たまたま〈無料〉という文字に目がくらんで、健診をやってしまったらこの始末。これぞホントの「只ほど高いものはない」(笑)


  

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。