スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本衰退

 いまNHKで「坂の上の雲」をやっていますね。
 昨日見たのですが、司馬史観はともかくとして、また原作との違いはともかくとして、明治の政治家は気骨のある人が多かったようですね。それがよく出ていると思いました。みなとても勉強家で、国家の為にという気概があったのでしょう。明治人は強いとよく言われますが、そういう時代であったのですね。昨日出てきた小村寿太郎は、ちびすけだったけれど、堂々と外国人に己の信ずるところを述べていましたね。ああいう人がいてこそ、日本は外国に尊敬されるようになっていったのだと思う。おかげでさまで、西欧との不平等条約を改定することができた。

 今の政治家はどうなんであろう。よく知らないが、今回の600人を引き連れての小沢氏の中国訪問ほど、卑屈で恥ずかしいものはなかった。受けのいいことを言い合って、大歓迎を受けた。全員で記念写真を撮ってもらった。一人ひとりコキントウ氏に握手をしてもらって大喜び。中国要人は彼らを心の底で侮蔑しきっていたであろう。

 外交とは、時には耳が痛いことを言わねばならない。ある一線では毅然とした態度をとらねばならない。そういう人を相手は煙たがるが、軽蔑はしない。耳に快いことばかり言う人は、見くびられ、軽蔑される。

 今回の訪中団は大いなる日本の恥であった。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

スカイラインさん。ほんとうによく分かりませんね。ただ天皇習会見と考え合わせると、日本は中国の気に入る国になりますよ、というメッセージは明らかですね。
あんな価値観の違う国と仲良くできるんでしょうかねぇ・・

No title

良い意味でも悪い意味でも、小沢一郎氏はどの様な人物か、いまいちよくわからない人物です。
何れにしても外交と言えば、遣隋使での国書の聖徳太子、大津事件でのニコライ皇太子慰問の明治天皇、終戦直後にマッカーサー訪問の昭和天皇など、純粋な政治外交ではありませんが、「何のための外交」かの精神を今少し考えて頂きたいと思いますね。

おお!

独逸国からこのようなコメントをいただきまして、嬉しい限りです。本当に食うや食わずの人達がいるのに、ただのパーフォマンスのためにお金つかうとは!
 
あはれなり パンダの国の ムジナらの ふるまふ食の 毒気知らずも

心和さん

本日は天皇陛下お誕生日おめでとうございます。「大和魂forever」ときどき覗き見させてもらってます。blogその他でますます頑張ってください。中川氏のことはよく知りませんが、気骨ある政治家が少なくなったのと平行して、われわれ大衆も国を思う気持ちが減少しつつあるように感じます。

こんばんは。

いつも、私のブログにコメントを頂きまして、ありがとうございます。

戦前のように国を思い、国民のために心血を注ぐ政治家がいなくなったことは、とても残念です。

その意味でも中川昭一さんがお亡くなりになったことが、一番の痛手でした。

献金問題で渦中の石川議員と闘って破れた中川氏。

日本にとってどちらがプラスになる議員だったのか。
今後、北海道の人は、まざまざとそれを思い知らされることになると思います。

今晩は!のドイツより、

仲良しこよしの外交などありえないし、中身の無い表面的なものだけに始終するもので、この外交団、国の費用で行ったとすれば税金泥棒もはなはなしいものです。

そして中国側も飢えてる国民がいるのにこのような団体をおもてなしするとは無駄遣いもはなはなしいものです。

~時には耳が痛いこともいわねばならない、毅然とした態度をとらねば・・・・・~すべてしかりで、日本政府の、いや政治家の自信の無さはやはり国民にとっては辛いものがありますよね・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。