スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は悪い!

今年の腹立ち総決算。わが愛する日本への、愛するがゆえの罵詈雑言。

 国の生きる指針たる憲法を外国人に創ってもらって、60年以上もほったらかし。ただ平和と口で唱え、何の国家的理念もなく、ただ飽食のみを追及してきた。この国にとって平和とは食べることなのだ。この国は動物園だ。

それというのも、現代日本には精神としての人間への畏敬の念が欠けているからだ。

 街に憩いのスペースがある。誰でも利用できるテーブルも椅子もある。そこでゆっくり腰を落ち着けたい気分になる。ところが、音楽ががんがん鳴っていて考え事一つできない。しかも若者が好みそうな(と管理者が勝手に決めている)音楽を鳴らす。名古屋市のオアシス21なんて何がオアシスだ。この田舎っぽさ。西洋を表面だけ真似たアジア風の笑うべき悪趣味。中国のことを笑えまい。

それというのも、現代日本には静寂への畏敬の念がないからだ。

 日本の街の汚さは、ヨーロッパから帰ってきた者は、誰でも感じるであろう。至る所に好き好きに色とりどりの看板が立ち、お寺の横にマンションが、その隣には軍艦マーチの漏れ聞こえるパチンコ屋が建っている。京都でさえ西洋諸都市に比べると、どうしようもなく建築行政の不行き届きが露骨である。木の文化と石の文化との違いがあるとはいえ、日本の文化理念の欠如は明らかである。

それというのも、現代日本には己の過去への愛情が欠如しているからだ。

 日本は大昔から教育熱心であったように思う。江戸時代の識字率は諸外国より高かったと聞いている。しかし、現代の教育を見ていると、やはりここでも理念がない。ただ最終的に高賃金獲得のためにすぎない。大人がそれを何の遅疑なく推奨しているのだから、その後姿を見て育つ子供やいかに。たくさん食べるために勉強する。これは実験に成功して報酬をもらう猿である。

それというのも、現代日本人は生きる理由を考える宗教的情熱が希薄だからだ。

 もっとも、小生は美しい衣服を求めること、おいしいものを食することなど、感覚が肥えてくれば、必然的に高価になるものを否定する訳ではない。それこそ文化であるからだ。しかし、それを最高度に味わうための適量というものがある。一生という短い人間のキャパシティは限られている。それを超えると感覚は逆に衰え、ただ強欲になるだけである。

 したがって、ついでに言えば、子供のうちから、感覚の陶冶と勉強とは平行してなされるべきである、と考える。勉強が先行するのはよくない。もっとも論理学者になるべき人は違うかもしれないけれど。いや、しかし論理などというものは実は大いに心理の上に展開されるものだ。

 小生は、学校の授業で習字・音楽・美術の割合が減るのを憂う。いくら理数系をたくさん学んでも、最終的な発想は感覚的なというか、別のところにあるような気がしてならぬ。
 これはもう完全な独断だが、アインシュタインの特殊相対性理論。教えられればわれわれでも理解できるじつに簡単な数ページの理論。特別に難解な数学はでてこない。にもかかわらず他の誰も気がつかなかった。この発想は、もう理数というより、モーツァルトのハ長調ピアノソナタのアレグロだな。この感覚、分かっていただけるかしら?

 オバマ大統領のノーベル平和賞受賞とアフガンへの軍隊の増派決定とを、矛盾したおかしなことだと感じるのは、日本人のおかしなところだと感じる。(もちろん欧米人でもおかしいと言う人がいるが、その理由は違い、いわば日本人は観念的で、欧米人は現実認識に基づいている)島国根性の非宗教的な平和国家日本。欧米の歴史を知れば知るほど、その必然性、キリスト教と血を血で洗うどうしようもない歴史、強い理想と強い軍隊を共に持たなければならない苦悩と、その苦悩の最終的肯定。

これが解らぬ幼稚園児日本。

 それと言うのも、日本人はもともと慎み深く、義を重んじ、欲深いことを恥とする国民だからとか言う。そのくせ、年金がちょっと減らされても目くじらをたてるし、隣地とのたかが10㎝の境界線争いで夜も眠られぬくせに。

日本人は己のエゴイズムを隠さず認めよ。そして他人のエゴイズムをも認めよ。そうして戦え!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

     
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

kontaさんの不安、小生も感じています。あの中国の非宗教的というか共産党という一神教の独裁国家と本当に価値を共有することができるか、もしできるとすれば、そのとき日本は一段と物質化するのではないかと・・。そしてその後政治的に、そして軍事的に・・・ついに日本文化の最終拠点たる皇室までが・・と進行していくのか?まあ、あんまり空想を遠くまで羽ばたかせるのはよくないかな・・・

No title

防衛はアメリカに頼って経済だけに専念して日本は今までうまくやってきました。それはそれで情けないですが。しかし今の政権はそのアメリカから離れて中国に接近しようとしています。皇室への尊敬の念もないですしね。今後どうなるか少し不安です。

うみ太郎さん

日本のガラパゴス状態・・・仰ってる意味はなんとなく解りますが、そのあたりのデータが今の小生には不足しております。
それより、この前のCOPについて生み太郎さんのお考えをいつか書いてください。

未来の子供たち

人間の可能性・独創性は、思考よりもっと古い能力、感覚的なものとより関係があると思いますでしょう。

動物園

動物園?賛成です。もっと特定するとガラパゴス。
太平洋戦争突入時も日本は孤立してガラパゴス状態だったのでは?
日本の現状であるガラパゴス状態についてブログ書いてください!
次はうみ太郎もこのテーマで書いてみます。

未来の子供たち

感覚、最も大切なことだと思います。数式を学ぶことも大切だと思いますが、感覚によって得られる感動を子供たちにはどんどん実感してもらいたいですね。そして個性・内にに秘める可能性・独創性を大いに発揮してもらいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。