スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相の友愛精神

鳩山首相は、実際の仕事は他の大臣らにまかせ、自分は綺麗な言葉を発していればいいと考えているのだろうか。
ハトのような目をして、友愛精神だの、国民の幸福第一だの、文句の付けようのない美辞麗句を乱発している。(さすが大金持ちの息子だと、いやみの一つでも言いたくなる)

しかし、外交はそんなものではない。友愛と言っているばかりでは現実の切磋琢磨から取り残されていってしまう。国民の幸福という高級なことはさておいて、少なくとも福祉について考えたら、まず国を豊かにしなければならない。仕分けや国民から税金を取ることばかり考えないで、もっと外交力で対外的経済を有利に進めるべきである。政府は貿易摩擦が起きれば、矢面に立って打開していく心意気が何よりも大事だ。
現にいま、わが国の各産業界は政府の後ろ盾が乏しいために、いかに不利な戦いを強いられていることか。新聞を読むごとに心が痛む。

しかし、翻って思うに、鳩山首相の、現実に基づかない観念的な友愛、平和、幸福、平等などは、何も彼の専売特許ではない、多かれ少なかれ戦後日本の政治家のみならずわが国民全員の傾向だ。ただ、ついに鳩山首相に至って露骨に極端な姿となって顕在化したにすぎない。

民主政権が選挙で選ばれたということは表の姿で、日本民族がながらく選び取ってきた道なのだ。坂の上の雲に到達しそうになったと思ったところが、気がついたら坂の下の泥沼に入り込んでいたのだ。われわれがそれを望んだのだ。

かくなる上は滅んでしまえホトトギスと言いたくなる。われわれは戦争に負けたのではない。むしろ戦後の無思慮な風潮に負けたのだ。
われわれは、とくに戦後になしたこと、そして民族の過去と未来について思い描いたことのいっさいを疑って、もう一度リカヴァリーして出直すべきだ。われわれ一人ひとりが今まで信じていたところのものを一旦消去し、今までの価値観を一度逆転してみなければいけない。それは一か八かの大手術を受けるようなものだ。失敗したら終わり。手術を受けなければ、そのまま沼の中で腐る。

しかし、新しい豊かな神話を蔵した日本が復活できる僅かな細い道が残されている、と小生は確信している。しかしその道を進むのかどうかは知らないが。


泥沼で鳩と心中したくない人は↓
   
   人気ブログランキングへ
   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

ついに我が国ここまで来た、という感じがします。

No title

この危機的な時勢に、国会での討論が、首相が母親に金をせびった、いやせびってないでは、泣けてきますね。

No title

蘭月さんの精緻な現状分析でしばしば勉強させてもらってます。
小生は、われわれ自身が、好くも悪しくも日本人の心性というものを、もっと客観的に捉える必要があると常々感じております。つまり政治という場においてさえ空疎な観念をもてあそびやすい島国根性をなんとか克服できないかと。

No title

umama01さんの整然とした理論を時々楽しませていただいております。
真の理想はどうにもならぬ現実にしっかりと足を降ろしている者にしか抱けないですね。鳩をはじめ概して日本人は、初めから現実を見ていない、あるいは避けたがる。そしてすぐ空疎な言葉にすがりつく、ですね。

No title

『観念的な友愛、平和、幸福、平等』
これらは、うたのすけさんが仰るように、多くの国民が『理想』とし、心の奥底でずっと願っているものでしょう。
しかし、日本のトップである鳩山首相が、声高にああいった『理想』ばかりを繰り返し叫ぶ姿には、違和感を禁じ得ませんね。

この地球上には、無数の民族が存在し、それぞれに異なった価値観、拠り所となる宗教を持っています。
価値観や宗教の異なる他者と対峙し、己の利益を守ろうとする事は、寧ろ自然な道理なのです。

世界をできるだけ平和に導くには、鳩山首相のような理想論だけでは駄目だと私は思います。
諸国の自己中をある程度牽制できる経済力と軍事力、そして誰もが認めるリーダーシップが必須だと。
そういった国が理想論を語るからこそ、説得力もついてくるし、諸国が追随しようという気になってくれるのです。

軍事力の保持を半ば放棄し、核を持たないという原則をも掲げる日本は、経済力のみを武器に、世界の猛者と渡り合わなければいけません。

今の与党には、世界を相手に、日本の経済力のみを武器に戦う気概と手腕を持った人間がいるでしょうか。
経済の基礎用語すら知らない人間が財務大臣という体たらくですから、どうにも期待できない気がしてなりません(笑)

No title

私は理想がダメなんじゃなく、現状理解が間違っているのが根底にあるのだと思います。

某民族は戦後に強制連行されているから助けなければならないとか、某部落民は被差別されているから優遇しなきゃとか。
本当の平等とは何か?って時点で間違っているから、どんなに頑張って平等を築こうとしても、頓珍漢な政策しか出て来ないのでしょう。。。

同様に、平和についても自分だけ武器を捨てれば平和になると思っているのがそもそもの間違い。幸福・友愛についてもまた同じ。。。

UFOを撃ち落とせばクリアと思っている内は、スペース○ンベーターはクリアできないのですから。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。