スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇佐神宮と日本人

 たいていの神社はそうであろうが、宇佐神宮もご多分にもれず、いろいろな信仰勢力が混ざり合って、その祭神が創られてきたらしい。宇佐の地にもともと住んでいた宇佐氏が奉じる比売神信仰に渡来系の氏族辛嶋氏の新羅神信仰が習合して〈原八幡神信仰〉が生じ、そこへ大和から来た大神氏の奉じる応神天皇霊が習合して、今の宇佐信仰ができてきた、という(戸原氏説)。

 聖武天皇の奈良大仏造営に宇佐八幡神の託宣と協力があったこと、また和気清麻呂ー道鏡事件でも宇佐の託宣が強い力を持っていたことは、渡来系の有していた技術の優秀さを想像させる。
 われわれの祖先である昔の朝鮮渡来の人たちは日本のためによく力を尽くしたのだ。われわれも祖先を見習わなければ、そして今の在日朝鮮人たちもご先祖を見習って日本のために尽くしてください。
 そしてなんといっても、我が国は早くから神仏の折り合いをうまくつけてきた。そしてこの宇佐神宮こそ、その最初の根拠地であった。

             *

 2月13日鎮疫祭を見に行った。山伏姿の人たちが四方に矢を射り火渡りが始まる。幣越しの神事というのは、御幣のついた竹を神官たちが投げると、それを人々が取り合う、その迫力たるやすごい。人々は争って一年の健康を奪い合う。そして神楽だ。何番かやって、最後に、これぞ宇佐ならではなのだが、神官たちと共に僧侶たちが見守る中、主なる「陵王の舞」。
 これはスサノヲを祀った八坂神社(宇佐の境内にある)の前で行われるのだが、その横に、弥勒神宮寺の跡が広がっている。明治初年の神仏分離令によって消滅したという。斜面に礎石と思しき石ころが転がっている。神宮と寺の長きにわたる仲も無理やり裂かれ・・・
 そこで一句

 冷たさや 維新の夢の 風のあと

 宇佐神宮の正面のすぐ横に極楽寺というお寺がある。この境内の一隅に蔵のような建物があり、その中に弥勒菩薩が鎮座している。これは壊された神宮寺にあったものである。菩薩像の所々は剥がれ、胸の一部は壊れて穴があいている。痛々しい。ひでーことしやがる、と怒りと悲しみが湧き上がってきた。
 いくら徳川政権の庇護のもとで増長し堕落した僧侶らに対する反発が強かったとはいえ、寺を焼き払ったり仏像を壊したり、ここまですることはないではないか。
 しかし、この仏様の恬然と静かに坐して永遠を見つめているお姿を拝していると、われわれ小さな衆生に対する深い慈悲を感じられて、この救済の大きさはイエスの説く愛と違いがあるだろうか、仏教を受容したからこそむしろ日本人救われ、おおらかな性格を維持し続けることができたのではないかとさえ言いたくなる。そして日本にキリスト教が流行らないのは、すでに日本は島国で安泰であったのみならず、日本人が道徳的でありというより倫理的であり、あらためてキリスト教を必要としなかったからではないか。
しかし、こんなことを言うと本居大人に叱れれそうで苦しいけれども、神仏混淆というのは、それが千年も続けば伝統ともなり、西洋カトリック文明と同じく、さまざまな生活習慣に融け込んでいるのではないか、そしてわれわれはその中で育ってきているからには、それを否定すべくもないではないか。
 今までなじんできた文化は、自然に消えていけばそれはよい、がどうして急激に破壊する必要があるのか。
 だが明治維新というのは実に革命であった。知力の限りを尽くした先輩たちの周りには暴徒たちもいた。


   

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

神仏分離

当時のだれかが書いていました、あれがなかったら我が国になお三分の二の国宝級が残っていたであろうと。
明治四年、薩摩閥は教部省内でいろいろやっていたそうですね。明治六年にはキリシタン弾圧の解除を、表向きしていますが、当時、神道の位置づけやら国民の教化、そして岩倉使節団帰国後の西洋信仰の自由、宗教的情熱、高度な文明にたいする驚き、学ばなければならないことがいっぱいあるが、まだまだねー、日本には天皇ってのがあるし、・・・いろいろなことがごっちゃになって、大変そう・・・。
木戸なんかは仏教を国教化するのがよいと考えていたそうです。

神仏分離令

こんばんは。
誤解を恐れずに言えば、廃仏毀釈に至ったエネルギーと過激さが、圧倒的な西洋近代文明からの自主独立と、明治維新の原動力になったと考えれば、痛し痒しかもしれないですね。
それでも本来なら国宝級の物も、どのくらい打ち壊し焼き尽くしたのだろう、と考えるとゾッとしますね。
私的には、今からでも神仏習合に戻してもらいたいくらいです。皇室も含め我々の生活に溶け込んでいますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。