スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインドコントロールの効用 12

 しかし「人はみな独創的である」と言えるためには、そこに共通の基盤がなければならない。全くてんでばらばらであるならば独創すらない。そしてこの世で共通の基盤を保証するものは言語による会話ではなかろうか。 
 人間にとっての社会生活というのは広い意味で言語を話すということである。そこには単純なサインとしての言語から高度に豊富な意味を蔵したシンボリックな言語まである。さらに一つの言語はその使用される文脈によっても広がりを変える。この言語の性質を上手く利用する職人が文筆家である。

 人はなぜかおしゃべりが好きだ。己の経験を他人に伝えることが何よりも楽しい、といった生き物に見える。そこには単純に表せるような経験もあるし、委細を尽くしてもなお表現できない経験もある。そういった経験の違いは、端的に経験する精神の違いである。われわれは誰もが多かれ少なかれ深い精神という井戸である。

 日常の会話においては浅い部分だけで事足りる。そうしてそのほうが楽である。深い部分に触れるにはどうしても努力が要る。暗闇の中を手探りで進むようなものだ。集中してゆっくり進まねばならない。そこには出来合いの有力な道具がない。しかしわれわれの周囲には惑わしに満ちた道具が転がっていて、われわれを誘惑している。それこそ一見意味ありげな使い古された言葉(概念)である。これを使えば一見ことが速く運びそうに見える。が、これこそ危険である。これに頼ってしまっては真の水脈を見失ってしまう。見失わないためには、人は道具を吟味し、その内容を変え、あるいは己で新しい道具を発明しなければならない。これがいわゆる思想家などといわれる人たちに課せられた仕事であろう。われわれはその足跡を追っていくだけで精一杯であるが、しかし、いかに見慣れないものであっても、その道具は道具である以上、全く意味不明の記号ではなく手がかりはある。その手がかりを失わずに、思想家の井戸を降りて行き、彼の見つけた新しい水脈を見ることができる。

 われわれもみな独創的であるはずなのに、そうでないように見えるのは、われわれは己独自の道具を持たないからだ。つい出来合いの便利な道具を使ってしまう。

 


なんか訳の解らんことを一人で書いているな~
かわいそうな奴だ、助けてやれと思う人は↓  


   

   人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。