スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草薙の剣

草薙の剣は現在、名古屋市にある熱田神宮の御神体です。この由来についてちょいと調べてみました。

 ヤマタノオロチという言葉は日本で育った人ならば耳にしたことがあるでしょう。『古事記』『日本書紀』に出てきます。出雲地方に棲むオロチをやっつけたスサノヲ(ノミコト)は最後にオロチの尻尾のほうに刀を入れると、カチッといって刃が欠けます。不思議に思いそこを切り裂いてみると、中から剣が出てきたのです。それがこの草薙の剣なのです。(この物語は出雲神楽ではもう定番中の定番です)
 スサノヲは、是神剣也(これ神剣なり)ということで、天神(天上の神、おそらくアマテラス)に捧げました。

 次に天孫降臨のとき、つまり天上の神々(大和政権)が出雲地方のオオクニヌシを平らげて、この地にニニギノミコトという代理人を送るのですが、三種の神器の一つとして草薙の剣を持たせたのです。これ以後、天皇家が宮中で所持することとなったのです。
 ところが、崇神天皇の御代、トヨスキイリヒメをして、剣(と鏡)を外に祀らせ、それをしかるべきところに置くこととなりました。そのしかるべき場所とはアマテラスが御鎮座する場所です。トヨスキイリヒメにその役目をバトンタッチした倭姫命(ヤマトヒメ)が、大和→伊賀→近江→美濃→尾張と経巡って、終に伊勢の地に落ち着き、ここでヤマトヒメは剣を守っていました。ここにアマテラスを祀る伊勢神宮を創りました。
 
 さて、景行天皇の御代、ヤマトタケルが熊襲(九州)征伐に引き続いて東(関東以北)征伐に行かされます。タケルが遠征に出発するとき、叔母さんにあたるヤマトヒメに挨拶するため伊勢に寄ります。そのとき叔母さんは、気をつけて行きなさいと言って、草薙の剣(と火打ち石の入った袋)を持たせる。

 ヤマトタケル軍の副将軍として建稲種(タケイナダネ)という男がいました。タケイナダネは尾張の人、今の名古屋市大高に居を構えていましたが、ミヤズヒメという妹がいました。東征する途中、タケルはタケイナダネの館に寄ります。そうしてミヤズヒメと結婚します。タケイナダネは自分の妹を天皇家の男に娶せたいと考えたのでしょうし、タケルも尾張の強い豪族を味方にするのが得策と考えたのでしょう。
 ヤマトタケルは、苦難の東征から帰ってきて、いったん尾張のミヤズヒメのところに留まります。しかし、ミヤズヒメのお兄さんであるタケイナダネは帰途、海におぼれて事故死したのでした。ヤマトタケルはとてもこたえました。
 
 さて、タケルは次に伊吹山(滋賀県)の敵に向かうのですが、そのとき草薙の剣をミヤズヒメの部屋に置いたまま行くのですが、それが敗因となるのです。伊吹山の神により病気になると表現されていますが、大きな傷を負ったのでしょう。ふらふらになり、伊吹山から今の三重県の桑名から亀山に至る途中で死んでしまいます。ここを経由して、大和に帰ろうとしたと思われます。

 『古事記』には、ここで望郷の歌がのっています。
 伊勢湾を隔てて、愛するミヤズヒメが居る尾張を、ここ(尾津)から遥々見て、
 「尾張に 直に向へる 尾津の崎なる 一つ松・・・」
 
それから有名な
 「倭(やまと)は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠(ごも)れる 倭し美(うるは)し」

最後に、やはりミヤズヒメと剣を歌って息絶えます。
 「嬢子(をとめ)の 床の辺に 我が置きし つるぎの太刀 その太刀 はや」

ミヤズヒメはタケルの形見の霊剣を大事に守っていましたが、歳を取ってきて、今後この剣をいかにして守ろうかと思案し衆議にかけました。
『尾張國熱田太神宮縁記』には、「衆議これを感じて、その社の地を定めた。そこには一本の楓の大木があって、それが自然発火し水田の中に倒れ、炎の勢いは強く水田が熱くなった。これを名付けて、熱田神宮となった。」とあります。
したがって、このとき以来、草薙の剣は熱田神宮に祀られているのです。 


   

   にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

   人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

そうですね。愛郷心も愛国心も自然なものだと思います。もしない人がいたら、それはそれでしようがないでしょうねぇ、へたな強制しても、どうなるってこともないでしょうし・・・
倭建命は日本人の英雄原型って感じがします。強くて素直で歌がいいですね。

No title

草薙の剣の由来、勉強になります。
愛郷心も良いものですね。死に際して思いを馳せるのは、残してきた家族や、自分の生まれ育った故郷。昔もこのような感情に心打たれるものがあるからこそ、現在まで語り継がれているんでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。