スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ演奏

 友人にチケットをもらったので聴きに行った。
 pfアルド・チッコリーニ 曲目 シューベルト「ピアノソナタ21番」ムソルグスキー「展覧会の絵」 
 アルド・チッコリーニは御歳86歳とのことである。入退場の足取りは歳相応のゆっくりしたものである。腰はおおむねしゃんとしているが、大分猫背である。拍手に応えるお辞儀はゆっくりとしていて、顔はまったくの無表情だ。むしろパーキンソン病様にこわばった感じがする。
 ところが、演奏となるとそのダイナミズムやトレモロの玉を転がすような早い指使いは、まったく歳を感じさせない。この人間の表情と演奏とのあまりの落差に小生は驚嘆した。

 人には人それぞれの先天的および後天的習慣による老化の型があるように常々感じている。その線で行くと、この人の型はピアノ演奏に必要な体の部分だけを残して、その他のところがだんだん衰弱していくといった型であるように思われる。

 ムソルグスキーの演奏を聴いていて、小生はかなり斜め後ろから演奏者を見ているのだが、これを弾いているのは人ではなく、ロボットが弾いている、と考えようとした。理論的にピアノ演奏ロボットを創ろうと思えばできるはずだ。この考えは気に入った。機械に黒い服を着せて電気磁石が素早く十本の指を柔らかくあるいは強く動かしている。手首や肘や肩の関節ももちろん協力して、独特のタッチを生み出す。

 ところで、そのロボットをプログラムするのは誰であろう。というより、誰かがそのプログラムを入れておいたはずである。その人こそ、ほかでもない演奏家自身である。実際の演奏を素に創ったのであれば、レコードやcdと変わりはない。要するにdvdである。いつかそんなロボット演奏会なるものができるかもしれない。
 それでも、演奏会がなくなるわけではないであろう。現実にこれだけcdやdvdが売れていても、演奏会は減ってはいないのではかなろうか。演奏ロボット演奏会ができても、人間演奏会が減るとは思われない。というのは、聴衆は演奏会にその時限りの、つまり今までにはない新しい演奏を求めているのではなかろうか。
 演奏の一回性。ということは、最上の演奏はないということを意味する。今まで最上の演奏だと思っていたのが、偶々別の演奏に接してみて、思いもよらぬ角度から発する新しいパトスを発見することがある。これがえも言われぬ喜びだ。聴衆は絶えず新しい喜びを期待している。

 であれば音楽は、作曲家と演奏家との共同作業によって生まれるものだ。とまあ、当たり前の結論になる。作曲家は楽譜に書きとめればそれで終わりだが、演奏家は絶えず更新しなければならないから、弾くごとに新しい努力が要求されて大変だ。
 いつぞや、ストラヴィンスキーの『春の祭典』だったか、忘れたけれど、作曲家自身の指揮している演奏のレコードを聴いたことがあるけれど、二度と聴く気がしない、じつにひどい演奏だったことを思い出す。


  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

   人気ブログランキングへ 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

ほんとうに政界とは不思議な世界ですね。われわれ人間世界の濃縮ですね。小生は、普天間・子供手当そのほか、あのどこを見つめているのかよく分からない、落ち着きのない目は、戦後日本人の総決算という気がします。

No title

いつも思うんですが、芸術にしろ、スポーツにしろ、世界のトップレベルの連中の技といったらとても人間業と思えませんね。人間なんですが。プロとアマチュアには歴然とした差があり、その中でもトップレベルとなると我々凡人にはおよびもつかない能力を持ち、それなりの社会的地位と収入を与えられる訳です。それなのに、日本で一番権力のある総理大臣は、どうしてあんなにアマチュアなのでしょう?もっともそれを選んだ我々国民もアマチュアだったのでしょう。もっともほとんどの国民は、彼の無能力を知らなかった訳です。しかし彼と少しでも付き合ってきた連中は、彼に総理大臣をやる能力があるかどうかはわかっていたはずです。それなのに彼をトップに祭り上げたのは、政治家の連中がいかに国の事を考えていないかという事ですね。話が脱線してすみません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。