スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米軍基地移設問題

 鳩山政権が、基地の国外または沖縄県外を口にしたものだから、そしてまた沖縄県民の訴えを聞いてやらねばならないと甘い言葉を垂れこんだものだから、沖縄県民は、それに乗じて、県内移設に猛烈に反対している。これじつに〈友愛精神〉の賜物なり。民主党打倒に燃えている自民党の人々の中には、後のことなど考えず、沖縄県民のこの訴えの炎に油を注いでいるのではないかな。

 小生は、この反対運動がもっと盛り上がればいいと思う。べつに民主党打倒のためではない。米軍基地問題がにっちもさっちも行かなくなって、ついには戦後の最も重要な問題が露呈されることを願うからである。最重要問題とは言うまでもなく日本の独立である。日本国家は独立国であるか。少なくとも主権国家という心理の裏付けのある言行をもっているか(もちろん世の中は思う通りにはいかないことは了承のうえでだが)。憲法問題とともにこの問いにほんとうに触れたくないのは、むしろ空想的平和主義にしがみついていたい左翼陣営である。

 そういえば、この基地移設問題は60年安保闘争を思い起こさせる。当時安保条約を真に破棄させたいと思っていたのはむしろ保守派陣営ではなかったか。ただその手続きが難しいのだ。左翼陣営は安保反対と言い続けていたいだけなのではなかったか。彼らは、真に重要な問題に直面したくなかったのではないか。


  人気ブログランキングへ

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

蘭月さん、久しぶりです。
いま国際的に孤立することはありえず、強国との同盟は必至ですね。蘭月さんの仰る東アジアの力関係においても、価値観の近親性においても、当然アメリカとしっかり同盟関係を結び続けるべきだと小生も考えます。したがって、目標としては日本独自の国防力(これはもちろん戦力だけではなく間諜や衛星などによる情報収集などがとても大事だと思います)の強化とアメリカとの軍事同盟(真に独立国同士の対等な関係)、そして当然東アジア安定のために必要と考えられる場合アメリカに日本の基地を提供してもよい、となろうと思います。
しかし、対等な関係に日本が耐えられるか?小生は少々心もとないですが、耐えられなければ従来通りぐにゃぐにゃとやっていくことになりましょう。

経済力up→国防力upそれまで臥薪嘗胆。これは戦後ずっと自民党が取ってきた方針ですね。しかし、小生の見るところ、臥薪嘗胆がいつしか現状維持になってきているように見えます。どうしてここ何十年と政府与党は、国防の重要性をもっと国民にアピールしてこなかったのだろうと不思議に思います。

あらゆる改革は、急激より漸進のほうがよいと思いますが、いまの日本では漸進主義を期待できないように見えます。衣食足って長くなると目標を失い、それに満たされた人間はなかなか動きません。

それで、小生は普天間問題に期待するのです。
沖縄県民の反対運動がもっと盛り上がり、ついにアメリカの鶴の一声で決まり、これによって日米共通の心理状況(日本はアメリカの属国である)が露になる。そして、蘭月さんも期待される「国防」について論議が盛り上がる、小生に言わせれば「対等な関係」を考えるようになるということです。

実際はどうなるか判りませんが、とにかくいつまでも〈自衛隊〉という言葉で誤魔化すことをせず、正々堂々と〈軍隊〉を持つといえるようになるにはどうするか、改憲の必要について堂々と政治の議題に乗せられるよう国民心理を変えるにはどうするか。

よほどのことがなければ、日本人は目が覚めないと思います。まあ、民主党が倒れ、最近生まれた新しい政党が、国会でそういうことをはっきり発言し始めればいいなと、ごくわずかですが期待をしております。

No title

ご無沙汰です。

沖縄の米軍基地問題は、日本の国防のあり方というものを問い直す、重要な意味があると思いますね。
沖縄問題を通じて、

「日本駐留米軍はそもそも、是か非か」
「非とするなら、日本は独自の国防力(もっと言えば抑止力)はどうするか」
「また、その為の憲法(特に第9条)改正議論は」


等、幾つもの重要な議題が否応なしに浮上してきます。
普天間問題を通じ、「国防」というものを、現実問題として考え、真っ向から取り組む。
そういった動きが盛り上がってほしいものです。


ちなみに私の私見は
「今の疲弊した日本で、まっとうな国防力を一朝一夕で整えるのは無理がある。少なくとも今は、日米同盟に頼るべき」
です。
なので、普天間問題などは、迅速に現行案を履行すべきだったと思っています。

無論、米軍を追い出して自主防衛が出来るのが一番なのでしょうが……これだけ経済が低迷している状況で
「米軍に頼らない国防力を持とう」
と言い出しても、まず国民が賛同しないと思われます。
未来の危機よりも、眼前の生活の方が大事に思えてしまうのは、一般国民の悲しい性ですから。

でも、それはそれでいいと思います。少なくとも今は。

現状、米国が安易に日本を切ることはないと私は確信します。
日本が中国辺りに取り込まれでもしたら、米国としてもおおいに困るのですから。
中国の台頭が目障りである以上(笑)、米国としても日米同盟を堅持せざるを得ない。
故に、日本は慌てて独自の国防力を持たずとも、少なくとも当面は安全を確保できると判断しています。

日本としては、現状は虎の威を借る狐で構わないので、まずは日本経済を健全に立て直すべきです。
米国と中国がしのぎを削っている間に経済を立て直し、これを日本の武器として世界と渡り合うレベルまで今一度もっていく。
そして、以後は引き続きそれで戦っていくか、或いはその段階で経済力を自主防衛力へ注ぎ、あらゆる面での自主独立を達成するか。
どちらにせよ、日本が世界に誇れる日本として立つには、今は臥薪嘗胆が吉であると思っています。

今、米国と喧嘩するのは愚の骨頂です。喜ぶのは中国だけでしょう。
早く、普天間問題が円満に解決することを願います。……ちょっと無理そうですが。


うたのすけさんの私見も、いずれお聞かせ下さい。
では。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。