スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争と和歌

『戦没者遺詠集』を読んでいて我が国の和歌の伝統に思いを馳せた。幾つか偏愛的にピックアップしてみる。
 山田平八 享年24歳
君のため捨つる命は惜しまねど心にかかる峯のむら雲

入営して戦地に赴く兵士が、故郷の方の山であろうか、山山にかかっている雲の美しさ・あやしさに心を奪われている、その剛毅と詩心と共存。その態度のノンシャランな美しさに、小生心を奪われる。

 加藤啓一 神風特別攻撃隊 享年21歳 

うぐひすも春風吹かば鳴くものをなぜに此の身は春を待てぬや 

これから出撃というときになんと明晰な自意識をもてるものだろう。

散りて行く我が身なりとは知りながら蝶ぞ恋しき春の夕空

 この蝶が断然すごい。蝶は恋人、親、あの世の誰か、何にせよ、〈蝶〉でなければならない。

菅野繁蔵 新風特別攻撃隊 享年22歳
出て征く今日の我が身をかへり見て大和乙女の微笑ぞ知る

出発の日にこれまたなんという少年らしい初々しい日常的な自意識だろう。

木村義任 陸軍特別攻撃隊 享年22歳

こんにちの戦の空に身を挺すいやしき身こそ捨つるときなれ

文学趣味を離れて素直に詠めばなんと明晰豪胆。

柴田禎男 陸軍特別攻撃隊 享年21歳

君が代のやすらかなりせば鄙に住み身は花守りとなりけむものを

21歳とは思えない。返って決意のほどがうかがわれる。

山田二郎 硫黄島にて戦死 享年24歳

寝つかれぬままに幕舎をうちいでて仰ぐ今宵の月ぞ清けき

月のさやけさこそ不易。己の生き方はいかならむ。

平野亨 海軍少佐

ひたすらにまちわびし出撃の朝ぞ光は四方に輝く

歌の姿はますらをの輝きそのもの。人麻呂の「ひなみしの皇子の尊の馬並めてみ狩り立たしし時は来向かふ」を直ちに連想。

 みな、当然のごとく祖国を思い、己の立場について悲愴にならず平常の素直さと率直さを保ち、危険な状況を前にしてなんとノンシャランであることかに小生はうたれる。

 そもそも、和歌はスサノヲ命から始まったし、『万葉』巻頭を飾る和歌は、あの荒魂の権化雄略天皇御製である。 荒魂からみやびが生じ、荒魂とみやびは共存し、おそらくその源流を同じくしているのじゃないかな。

たけきもののふと和歌。自分の生死についてさえ無頓着な力と単純明快な美しさ。和歌は元々そのようなものであって、後に広がってさまざま感情が絡みつくようになったのではなかろうか。
 



にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

菱海さん。こんにちは。
陸軍ですか。戦後我が国は軍隊がなくなりましたが、今の自衛隊にもこの流れが続いているであろうことを小生は願います。

No title

うたのすけさん

こんにちは。

ご指摘のとおり、荒魂と共存するみやび、太刀を佩いたみやびは確実に存在する心性です。そのことは、ここにご紹介していただきました歌の、ひとつひとつによく現れています。ここに万葉を言い、人麻呂を言う、うたのすけさんの感性は、私としても大いに共感するところです。近代日本のみやびを一つ挙げるならば、私は陸軍を挙げます。これは蛇足でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。