スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳とは何か2

 (続き)ここでこんなことを想像してみよう。何百万年前、地球上のあるところに類人猿の集団が居た。この類人猿たちはずっと昔に比べると餌を採取するためのさまざまな道具も発明し、大分知能が発達してきた。そこで、神様がいよいよ時機到来と考え、この集団に相談を持ちかけた。そして言うには、「君たちよ、君たちは大分賢くなった。これからは自分たちの知恵を大いに働かせて生きていく道があるかもしれない。これから二つの道を用意するから、どちらの道を行くかよく考えて、選択するのだ。一つは、今まで通り、君たちの生命を脅かす最大の敵である冬将軍から身を守るための毛皮を与えよう。しかし、それ以外の新しいものは与えない。もう一つの道は、寒さから身を守るための衣服を自分で作る知恵を与えよう。その代わり、今までの毛皮をそっくり返してもらおう。」

 そして類人猿たちは相談した。喧々諤々の議論の末、生きるに慎重なグループは今まで通りの毛皮をもらった。他方、知恵を選んだグループは、全滅のリスクはあるが成功すれば大いなる発展が期待できると考えた。かくて、前者が猿種になり、後者が人間種になった。

 かくして人間から毛皮が亡くなっていったのと、衣類を作る知能とは同時に起こった。毛皮がなくなったから、衣類を作る工夫が生じたというのでは、その間に長期に寒さが続けば全滅したであろうし、そもそも毛皮がなくなる必然性はない。

 しかし、必要は発明の母と言うではないか、危機にひんしてこそ新しい創造がなされるのではないか、という反論が後ろから聞こえてくる。そうかもしれない。実験的にhairless monkeyを創って、これらが自然の状態で衣服を作ることができるかどうか、ぜひ実験してみたいものだ。

  ウイルスは突然のいかなる環境の変化に対しても死滅しないように、たえず変異しているらしい。われわれのような大生物も同じことだ。ただその構造がものすごく複雑であって、何千年何万年という単位がかかるのであるが。
 
 何と考えようと、確かなことは、われわれ生き物の解剖学的生理学的行動学的構造とその変化は、われわれがどう意志しようと、どうにもなるものではない。それは〈生命〉という不可思議な力のなせる業のように見えてくる。ただ言えることは、あらゆる生物はこの世界で生きていくのに、いかにも上手に理にかなった方略を有しているということだ。

 道徳に戻ると、道徳は自然によって人間種に与えられた生き延びるための方略でなかろうか。だからこそ、なぜ人間は人を殺してはいけないのか、なぜ他人のものを盗んではいけないのか、その理由に窮するのだ。こんなにも人の欲望に反する掟が、あたかも定言命令のごとくどうしてあるのか。もちろん人間は掟を破る。破られるからこそ掟であるとさえいえる。それゆえ、知性ある人間は、自然が人間種に与えた掟のうえに、さらに法を作って人間自らの行動に拘束をかけ、集団の秩序を維持しようしてきた。


嘘をつくことが悪いと思うが、
つかなければならない時もあると
考える人は↓↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

hahhahha!
人間における性淘汰って、考え出すとこんがらがってきますね。
なんか人間は一番どうしようもない生き物ですね。だから道徳が生じたのかも。相手を独り占めにしたいとか、とくに男はそうですが、そのくせ多くの相手が欲しいとか。女にも子育てのような面倒はしたくない、しかし性の快楽はいっぱい味わいたいとか。(しかし幸い、じっさい子供をもってみれば、今まで知らなかった新しい感情・価値に、たいていの女性は目覚めますけれど。)
Umama01さんがどの程度〈もてない〉のか知りませんけれど、きっとよくもてる人は苦痛じゃないんかなぁ。しょっちゅういろんな女性との付き合いに時間と頭を使わなきゃならんから。それに人間好きになってしまった相手にはわがままになってしまいがちだし・・。できうれば「親しき仲にも礼儀あり」がいい。しかし実際この〈程度〉が難しいですね。親しさは無礼に通じていますし、礼儀は冷淡に通じてしまいますし・・・。
そう思うと、人間世界はなんと厄介なんだろう、って感じませんか。それでもみんなまだもう少し生きていたいと欲するんだから・・・。
赤線なきいまの抑圧的社会において、性処理に関しては、そのうち素晴らしい精巧なロボットが売り出されると思います。モンロータイプ。ケリータイプ。あやこタイプ。なんでもあり。しばらくお待ちください(笑)

No title

たまに種の遺伝的傾向と道徳が相反する場合もありますけれど。
義父による子殺しとか。。。
あれは自己遺伝子の存続を願うために、他の遺伝子を嫌う本能的行動であると予測され……

ま、それを言いだすと一夫一妻制なんて、本能的欲求を社会秩序のために押し殺した良い例なのですが。
雄雌共に一夫多妻制こそが種族的には有効なのですよね。
雄同士は競い合って強くなり、強い雄は自分の遺伝子を大量に残すことが出来、雌は強い雄だけを望むが故に弱い雄は淘汰され、弱い子孫は残らない。
恋愛の自由ってのは、その本能的行動を是正することに繋がりまして……つまり、私がもてないのはですねっ!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。