スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国漁船衝突事件

今日のニュースをたまたま見ていて、めずらしく突如腹が立った。

中国の船長を釈放するというのは、それが司法的処置が終わってなら、結構だ。
しかし、今日のニュースに出てきた、那覇地検の発言はとても法を守る立場の人の言うことではないと、明らかに感じた。
そしてまた、仙石官房長官の発言も政府の姿勢を示す立場の人の発言とはとても思えなかった。


はっきり感じたのは、両者とも責任を回避しようとする心ばかりだ。

もう日本がかわいそうで涙が出そうだった。こういった立場の人たちにさえ日本は見捨てられている・・・この国際社会という修羅場で、日本はもう嘘で嘘を糊塗して生きていくしかないのか。

それにしても、中国とはこんな国であった、とはすでに判っていたことではなかったか。菅・小沢対決などというつまらん事をやっているひまがあったら、なぜもっと早く中国船長の裁決を下し賠償をせしめ帰国させなかったのか、今まで「粛々と、粛々と」何をやっていたのだろう、と素人ながら思う。



同感の人は↓↓


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 尖閣諸島問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

蘭月さん、こんばんは。
仰せの通り、中国市場への偏りの危険性は以前から指摘されています。しかし中国の安価な労働力と巨大市場の魅力は、残念かな、われわれの欲望を刺激し、手っ取り早い利益でわれわれの目をくらまし、その結果、中国共産党の本質を忘れさせるものです。
今回の事件が、日米安保条約を含め戦後の日本の安全保障のあり方をより考える機会ともなり、また世界各国が対中国に関して連携意識を深められる機縁となれば、と小生も思います。

No title

中国に依存し過ぎている日本経済(日本に限りませんが……)も、今回の顛末の一端のようですね。
中国を「上客」と考えている商売人―ハッキリ言ってしまえば経団連の米倉氏など―の、船長釈放に関するコメントを聞けば、そんな実情が透けて見えます。

拙ブログでも書いたのですが、商売というのはハイリスクハイリターンではなく、安定的かつ持続可能なものを尊ぶべきだと思います。
その点において、中国市場というのはあまりにリスクが大き過ぎます。
今は、政府・企業が一体となって、また諸外国とも連携し、「脱・中国市場」という方向へ、大きく舵を切るべき時ではないかと思います。今回の騒動は、その丁度良い口実になり得ますしね。
リスク分散という意味も勿論ですが、脱・中国市場の流れを推し進めることで、増長した中国側の譲歩を引き出せる可能性も出てきます。
結果、中国市場そのものの健全化にも繋がるのではないか。私はそう思います。

今回の騒動、非常に情けない顛末にはなりましたが、このピンチをチャンスへと変えていかなくてはなりません。
しかし……残念なのは、それを託された政権与党が、あの面々であるという現実。
せめて、国民一人一人が必死で声をあげ、政府のお尻を叩いてやらなくてはいけませんね。

No title

Umama1さんなら、きっと彼らの無法を的確に暴かれるでしょうね。

Sryoさん。こんばんは。三国志にそんなのあったですか・・もう忘れていました。それにしても、中国は古来から、マキアヴェリも宮本武蔵も真っ青というほどの〈兵法書〉があったとか・・・
日本にもちょっと前、国家戦略担当云々というのができたのでは?まるで戦略のない鳩さんが、そんな看板つくってましたね。もうないのかな?なんのつもりだったのだろう。

Kontaさんもそうですか。政権担当の実際的苦労の伝統がない民主党、これから「現実」につていろいろ学んでいくのでしょう。その間はわれわれの税金がすっかり無駄に使われるのでしょう。でもまあ、目覚めるためには仕方がないと考えます。何にせよ授業料は高いものです。

No title

ほんまに私もこのニュースを聞いてはらわたが煮えくりかえっております。唯一の収穫は、中国がヤクザと同じだという事が国民によくわかった事です。
しかし、経済も外交も全く駄目の民主党が、この後3年も政権を取っていたら、日本はどうなってしまうのでしょうか?

No title

「まず其の愛するところを奪え」
兵法の教科書に出てくるような、初歩的な負けっぷりでしたね。
三国志読んでれば中高生でも対処できた問題だったかもしれません。

No title

本当に民主党は法治国家の理念を理解してないのでしょうね。
天皇陛下ですら、憲法の定めに従って政治行為を行えない。
それが法治国家の全ての根源です。
万物の上に法があるという精神ですね。
ふざけるのも大概にしろと叫びたくなります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。