スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ほころびる

またこの季節がやってきた。歳とともに一年一年が速くなる。
とくにこの我が家の梅が咲くときは、朝と夕とはもうはっきり違っている、何とか時の経つのを押し留めることはできないかという焦燥感にかられる。こんなときは、小生には時間の経つ音が聞える。

久しぶりに写真と拙歌を披露。

梅1

枝枝のうす赤玉の鈴なりに 
 朝日のさして大気ゆらめく




梅3


老木に ぬっと芽の出る 雨水かな




梅2


またれつる梅の木の芽はほころべど はや散ることの憂ひ始まる



         Please click here ↓↓

                
              人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村               
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

言葉さきはふ

歌など、小生はちゃんと学んだことはなく、いつかは先生について学びたいと思いつつ、・・・本読んで自己流にやっているだけですが・・・楽しいです。
umaさんも、これを機会にどんどん詠って下さい。新鮮な感覚に期待しております!

なでしこ☆さん、深遠なる歌!をありがとう。。。
いろいろ、かってに推敲したくなります。
なでしこ☆流の線で、
待ち遠し 君のやどりの梅の花
  咲き初む時をわれは探らん
svoを入れ替えるだけでも、姿が変わりますね。
さらに、
(下の句)咲き初む時をまづは知りたし
さらに
待ち焦がる君の宿りの梅の花
  咲き初むときをわれに知らせよ

だんだん意味が離れていくようですが、・・・・まあ、ああでもない、こうでもない、といろいろ言葉を探して口ずさんでいるときが、この上もなく楽しいです。

私も歌ってみました!

うたのすけ様、こんばんは!

こちらで、こっそりUP致します。大変、お恥ずかしいのですが、見てくださいね!

待ち遠し
君のやしろの 
梅の花
我は開花の時を探らん

うたのすけ様、意味不明な歌で、すみません~!
でも、歌を詠むのは好きですよ!
梅の花綺麗ですね~!癒されます。

No title

やっぱり即興で作ったくらいで、そういう重複とか考えてませんでした。。。
しかし、たまには俳句ってのも悪くないですね。
雅な気分に浸れます。。。

おお!

umama01さん。
いや、いいですよ。
歌はノリだと思います。どんどんノッてください。
しいて言えば、
「告げる」が重複ですね。後のほうを、たとえば、「さそふ」にしたらどうでしょう。

No title

厳冬の
終わりを告げる
梅蕾
春の訪れ
告げし赤玉

……何となくノリで俳句作ってみましたが、なかなか難しい。
上手く出来た感がありません。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。