スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅花

昨日は暖かく、一気に開花しました。梅開花1


蓮の泥かき分けてみると、立派な蓮根がありました。蓮根

株分けして施肥し新しい土を加え、この夏のさらなる開花を期待。
余った根を捨てるのもったいないから、欲しい人があったらあげます。

 我が家の梅は、枝垂れの紅梅です。見た目もいいですが、なんといっても香りがいいですね。しかし残念ながら、玄関あたりでは、すぐ脇にある沈丁花の強い匂いに消されてしまうのです。

それで、今年こそ沈丁花を離れた場所に移してしまおう、といつも思うのですが、なかなか思い切ってできない。というのは、この大きさの沈丁花は移植すると必ず枯れると庭師に言われているからです。この木はその昔、叔母にもらった大切な木なのです。

 そこで考えたのは、この木の枝を取って挿し木して増やして、それを他の場所に植えれば、この元の木を枯らしても、そのDNAは保持されるであろうと。で、実はこれすでに成功し、離れたところで二代目が育ちつつあるのです。しかし、なんかこの玄関脇の木を抜けない。・・・なぜだろう。この木がここにあることを叔母が喜んでいるであろう、と思うからです。

 いつぞや新聞で、『万葉集』には、梅を詠んだ歌は百首を超えるが、おおむね白い梅花を愛でていて、その香りについてはほとんど言及していない、ということが書かれていたのを、思い出しました。
 なるほどぱらぱらめくってみると、大宰府の役人たちが酒を酌み交わしながら、白梅の下でもっぱら友と遊んでは、散る花を雪のようだと愛でています。

 それで連想されるのが、菅原道真の「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春なわすれそ」が有名ですね。これが詠われたのは、たぶん紀元900年くらいのことでしょう。この〈にほひ〉は、匂い(香り)のことでしょうね。当時、にほひという言葉は、「紅にほふ桃の花」「朝日ににほふ山桜花」でおなじみのように、鮮やか、映えるなどを意味する視覚的表現、さらには人柄を表すことにも使われています。

 また、『古今和歌集』を調べてみると、梅花を詠った歌は、20数首、直接梅を詠ったのは15ぐらいでした。そして、ここではほとんどが、香りを愛でているのです。たとえば、
 
 色よりも香こそあはれとおもほゆれ
  誰が袖ふれしやどの梅ぞも  33

と、露骨に香りを賛美しているのもありますし、素性法師のなかなか心憎い歌、

 散ると見てあるべきものを梅の花
  うたてにほひの袖にとまれる  47

 これは、梅の花が散るところを黙って見ておればいいのに、取ろうとして触れてしまったばかりに香りが袖に付いて、いや~ん、もう忘れられないのよ、という意味です。

 奈良時代から平安時代への変遷。万葉の時代には、見た目のよさが、平安前期には匂いが、もっぱら関心の的となっています。150年くらいで、そんなに変わってしまうのですね。この違いはじつに万葉と古今の違いの象徴ですね。後者の方が技巧的になった、というよりも、上手く言えないけれど、万葉時代は、人々は概して犬のように明るく率直に直接的にものを愛でる。古今時代は、暗闇の猫のように貴族〈社会〉における、他者を意識した恋のゲームにふさわしい物の側面に敏感になっている。

 以来、われわれは梅と言えば、どちらかと言うと、「闇はあやなし梅の花」の感覚が勝っているのではないかと思います。

 そして話は飛んで、・・・

 昭和20年の春。忘れられない昭和天皇の御製があります。
 
 風さむき霜夜の月に世をいのる
  ひろまえきよく梅かをるなり

 昭和20年の春といえば、もはや敗色の濃霧の中を若き特攻兵士が死に向かって次々に飛び立った時です。陛下のご心中いかばかりであられたであろう。

 この御製が載っている本『昭和天皇のおほみうた』の著者は解説しています。

 「天皇には祖宗から享け給うた天下万民のすべてがその御肩の上に千鈞万鈞の重さで畏きことながら乗り申してゐる。・・・神前に咲きさかる梅は年ごとに変はらず馥郁と匂ってゐる。霜はしんしんと降りしき、寒月は皎々と冴えかへってゐる。われはその神の御前に一人立ち、国家万民の安全をただ祈りに祈ってをる、といふ御製である。しかし、ここでこころして拝さねばならぬのは下句を〈ひろまへきよく梅かをるなり〉と結ばれたことである。かかる非常危急の際に、〈みやび〉をこの御製に拝することに驚愕するのである。・・・上句の悲痛きはまりなき御表現が、一転して〈みやび〉の華と咲き、凛然不動に結ばれてゐる。」

 いかなる事態も〈みやび〉に転じうる国柄でありました。



        春だ、景気よくいこうぜ!↓↓
            
             人気ブログランキングへ
              にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村             
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

sugarbaby♪さん。

積極的な文章作りに感心します。
小生も・・・・
もっと上達した暁には、参加させてください。(ぺこり)

No title

http://downtownboygirl.blog15.fc2.com/

HNはsugarbaby♪といいます。
大切な作品とは存じますが、提供してくだされば幸せです。
ではよろしくお願い申し上げます

こんばんは。。

わたしは読んだり書いたりするのが大好きなのです。
でもプロになるほどの力もないな~って感じの中途半端さなのです。
よし!こんど一度公募に出そうかな?

わたし「Fate’s smile]で詩も書いています。
いま、新しい試みで皆さんから作品を提供してもらって、みんなの広場のようにしています。よかったら、うたのすけ様の短歌・俳句を送ってください。お待ちしています。後でURL送ります。

はじめまして

ゆらさん。こんにちは。
ちょっと立ち寄っただけですのに、わざわざ丁重なご返事ありがとうございます。
小生、歴史も和歌も目覚めたのは最近のことで、もともと苦手です。がゆえに勉強しようと心がけています。遅々たる歩みですが、楽しくやれればと思っています。今後はゆらさんのblogを参考にして面白く書く方法を学びたいと思います。

初めまして

わたしのつたない読み物にコメントを書いていただき、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
うたのすけ様は大変、歴史にお詳しいのですね。和歌にも精通していらっしゃる。その昔、和歌で文(ふみ)の遣り取りをしていた情緒にこの国の風流と文化が偲ばれます。
源氏物語、枕草子など女流作家?の心の優雅さは、現代女性の見せかけの煌びやかさの比ではありません。
才色兼備な女性に憧憬の念を抱きますが、なかなかそのようにはまいりません。ガサツで歌のひとつも詠めない体たらくさで恥ずかしい限りです。
また、ぜひ訪問して下さることをお待ちしております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。