スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙飛行士

 昨夜ラヂオを付けたら、女性宇宙飛行士の山崎さんのインタヴュー番組をしていた。インタヴュアーが山崎さんに、宇宙ステーションでもっとも印象に残ったことは何ですかと訊ねた。
 
 山崎さんは二つのことが特に強く残っていると答えられた。一つは無重力という場での生活、そしてもう一つは地球の美しさということであった。

 無重力での共同生活は非常に合理的であって、例えば山崎さんが板の上で料理(?)をしていると、その板の反対側でもう一人が文字を書いている。睡眠をしていると、他の人は空いた所で立って寝ている。じつに狭い空間を合理的に利用できるなどと、仰っていた。

 想像するに、無重力の生活は、われわれ地上の重力に厳格に規定された生活に比べて、とても自由で空間の利用という点で、文字通り大きな余地があるのであろう。
 われわれ地球生活者における視覚上の〈上〉とは、重力の反対方向という意味であって、重力の無いところで生まれ育ったならば、あり得ない語である。宇宙では上下という概念が不要となり、行動には違う概念が必要となろう。

 地球の景色の美しさは、これまたわれわれが地上で語る景色とは全く異なるであろうと想像する。山崎さんは、宇宙では大気がないから、他の天体の光はダイレクトにやってくる、夜の地球は都市の明かりがそのまま見え、日本列島はまさに地図の通りの形に光で縁どられていた、と語っておられた。

 だから、太陽もくっきり見えるが、その周囲は漆黒の闇である、そもそもこの地球上においては、闇の黒さは色に色を重ねての黒さであるが、宇宙の黒さは〈まったくの黒〉であって、あらゆる光や色彩を順次無くしていった末の黒さだ、というような表現をしておられた。

 このお話から宇宙の真っ暗闇の中に地球や太陽がそこだけ輝いている様を想像する。天体自体しかない、それ以外はまったくの無というような黒。どう言ったらいいんだろう。パスカルの「この宇宙の永遠の沈黙は私を震撼させる」という言葉すら、地上的に思えてくるような、極端に抽象的な黒の恐怖。

 宇宙ステーションでの生活が、われわれ地上的概念の束縛を解き放してくれるものなら、山崎さんにぜひお訊ねしたいが、そこで生活するロシア人欧米人日本人らは、国家的エゴイズムからの自由なんてことも幾分かは垣間見せてはくれるものだろうか。
    
                 

            
            人気ブログランキングへ
            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自由への道程 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。