スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の日課

五月以降、朝起きて顔を洗って、先づすることは、メダカと金魚に餌をやりながら、その数を数えることだ。昨日と同じだけいるとほっと胸をなでおろす。一匹でも減っていれば死体を捜す。

 死体はたいてい水底に横たわっている。魚はまぶたがないから目をぱっちり開けたまま、水底の柔らかい土の上に眠っているように見える。それを見ると柿本人麻呂の水死体を連想する。死体をそっと割りばしでつまむと、白魚の佃煮ほどではないが、わりと硬い。甕の横の土を掘って埋葬する。そして思う、死体が腐乱する前に、団子虫や蟻などの餌になってしまうのじゃないかなと。

 ところが、どうしても死体を発見できないときがある。それも一度や二度ではない。どうしてこんな不思議なことが起こるのであろう。いろいろ考えた。一つは、元気が好すぎて甕から飛び出してしまった。しかし甕の周りをいくら探しても死体を発見できないのだ。

もう一つは、鳥に食われた。これは多いにありそうだ。むかし庭に池があった時、そこで飼っていた亀がカラスにぜーんぶ食われた。そのことがあってから、しばらくはカラスが電柱の上でカアカア鳴いているのを見ると、石をぶつけてやりたい衝動に駆られたけれど、今はもう弱肉強食は自然の摂理だ、と諦念の域で落ち着いている。

しかし、二つの甕はすでに蓮の大きな葉で隠されており、鳥に発見されることはなさそうだし、何よりも鳥が喰いに来ているのを見たこともない。それとも家人が寝静まっている朝まだきこっそりと襲っているのだろうか。それにしては、植物がなく、ほとんどむき出しの石臼で飼っているメダカはぜんぜん減らない。鳥ならまずこれらを襲うはずである。



甕         石臼

 それゆえ第三の考えが浮上してきた。それは泥の中に突っ込んでそこから抜け出せなくなった。あるいは泥の中に怪物が棲んでいて時に魚を喰らう。怪物の代表例はヤゴである。これは非常にありうることだが、一つの甕の土は一昨年、田舎の休耕田から取ってきた土だし、今年はトンボがわが庭を飛び回っていた記憶はないが・・・。なにはともあれ、これを確証するためには泥をかき出し詳しく調査してみなければならない。来年の初春、蓮の根分け・肥料やりの時にやってみよう。

 餌やりが終わると、自分も朝食をとる。そしてから、彼らの居場所にたっぷりと新しい水を追加してやる。そのときの彼らの新鮮な水に向かってくる生き生きとした嬉しそうな泳ぎを見るのが嬉しい。



P7010866.jpg


 大滝の下に居るごと蝉の声


 にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 金魚とメダカ。 - ジャンル : ペット

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。