スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏のオリオン

何年ぶりかで映画館に入った。観たのは「真夏のオリオン」
それにしても、映画が始まるまで、近日上映の宣伝なんかが、がんがん大音響を伴って、次から次に映し出され、あれには参ってしまう。大疲れ、気持ち悪くなったよ。・・・まっ、しょうがないか。

最後に主人公たちが死なないのが物足らないが、まあそれは本質的な問題ではない。
初め若い女性(主人公の艦長の孫)が、あのときまさに経験していた鈴木さんという老人(潜水艦の乗員で最年少)に語る「アメリカと日本は戦争していたんですね。ということは、殺し合いをしていたのですね。それなのにどうして、敵兵がもっていた一葉の紙(楽譜)を大事に長らくもっていて、こちらに送ってきてくれたのでしょう・・。」
鈴木さん答えていわく、「ただ言えることは、われわれはあの時みな一生懸命だったってことです」と。
この映画の中心思想は、この問答に尽きる。

戦争のみならず、あらゆる社会現象の生起は、どうしようもない、人知を超えたものだ。しかし、われわれがそれに立ち向かわねばならないとき、泣き言をいっている暇も、空想をしている暇もない、全力で〈一生懸命〉やるだけだ。そして、戦争という異常な状況にある時でも、人間は理性も感情もじつに正確に働くものである。

それにしても、あの細身の艦長は、ちょっと優しすぎるな・・まあ、映画だからいいか
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。