スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇位継承問題1

「さて御立ち合い。
 今から五年ほど前のこと、このままでは皇室男系が絶えてしまうと国中が不安の渦に巻き込まれ、戦後ながらく放っておかれた皇室典範の改正が叫ばれ、女系天皇容認発言をした小泉首相があんぽんたんだの何だのと貶められた、そんなある日。

 秋篠宮ご夫妻に男子ご誕生のニュース。あれほど募らせた危機感、喧喧囂囂の紛糾議論はなりを潜め、これで当分大丈夫とほっと胸をなでおろし、これぞ天与、さすが神国日本と万歳三唱。

 喉元過ぐれば熱さ忘るるという世のならい、あのときの緊迫感は去って久しく、さりながら依然として皇統は危機に瀕していることには変わりなく、失礼ながら悠仁親王にご万一のことがあれば、あるいはご成婚のあかつきもし男児がお生まれならなかったとしたら。

 さような不吉なことを口にするではない、という叱責を受けるのは昔も今も変わりなし。我が国民は神代の昔から悪事を口にすれば、悪事が起こると信ずる傾きはなはだ強く、ましてや最悪の事態を想定し、それに対処すること大の苦手、問題の先送りを大いに好むこと、先日の大震災復興をめぐって、明瞭に顕れたるわが国民性。

 ああ、占領から解放され、晴れて独立してはや六十年。その間、憲法も皇室典範も放りっぱなしで、奴(やっこ)さん何をしていたのか不思議なり。あたかも何かの用事で家を出た番頭が、なにさ途中で遇った知り合いに儲け話を聞かされて、そのまま悪友と何やらに熱をあげること数刻、気がつきゃ早や日も暮れ、臍をかんでも時すでに遅し、途方に暮れて、まあ明日がある、今宵は友の家で泊まるとするか。だが慙愧に堪えぬ胸の内、廻る思いは昔の栄光。

 思えば日の本は陛下あってのお国柄。日々(にちにち)四方の神さまたちに祈ってくださるのが陛下のお勤め。富士の御山も御伊勢さんも美しけれど、皇室の美しさはまたとない。われらがこうやって生きておれるのも、美しき流れがあればこそ。西洋には何もかもお見通しの神がおられるそうな。何人もその前では誤魔化しがきかぬ、そんな怖い、だがまた何人も救ってくださる、まあとにかく有り難い神様であるそうな。残念ながら、われらにぁそんな神様おられないが、こっちには、善いことずくめのちゃんちゃらちゃん、飲めや歌え、美しいお言葉が湧き出る、流れるその泉、天皇陛下がいらっしゃる。

 ところがだ、陛下には男のお孫さんがたった一人しかいらっしゃらないとの噂。そりゃ困った、困った。皇室の安定的永続を確保せにゃならん、なにはともあれ皇室典範の改定が喫緊の課題たること明らかなり。ところが現場の話し合い、お偉い先生方が女系天皇を認めるか認めないかで意見は真っ二つ。そこから一歩も前に進めず立ち往生。

 下心のある取り巻き連中は、何か一言たくてたまらぬ、気に食わぬ相手方を、共産党の手先だの、在日だの、国賊だのと、戦争中いきり立った御仁どもと同じ言葉を吐きまくり、そりゃ皇国の美しき民とは思えぬ罵詈雑言。さてさて呆れたものだ。

 とはいえ、たしかにこいつは難しそうだ。ちとお偉方の話し合いに耳傾けて、柄ではないが考えてみようでないか。

 さて御立ち合い。続きの話がまた面白い、その前に、水あめ一本買っとくんな。今日はおっかさんの生まれた日だから特別にまけてやる。一本五円にしてやろう。さあ、並んだ並んだ。」

  そこにすっと出たのは隠れ代官。

「おいこら。さっきから聴いていると、お前お上の為すことあれやこれや人前でしゃべったな、それ御法度と分かって言ったのか、知らずに言ったのか。いやどっちにしても重罪だ、しかもそれを商売繁盛のダシにしやがって。現行犯逮捕する。それ、ものども、こいつをひったてい!」


「ひぇ~、おっかさん、助けて~」



 にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

こんばんは。umama01さん。暑うてたまりませんわ。

無駄口も 暑さしのぎに ならませば

皇室典範がこのまま放置され、皇室が危うくなるのを、じっと待っているのは、共産党あたりでしょうね。

No title

さりとて語り仕草が街角の 語り部調子がまたたのし。
さやうな語りを通すのも かやうに苦労がしのばれど されどこうして無駄口をセミと並んで叩くも楽しきではござらんや。

……適当に真似してみたので、本当に適当ですけれど。

ちなみに皇室典範ってのはまさに日本人官僚っぽい対処法で、あんまり咎められませんけれど。
場当たり的というか、問題がなければ放置というか。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。