スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比叡山へ

 一昨日、突如思い立って比叡山に行った。残暑の季節とは言え、この日は晴れと曇りと雨とが交互に繰り返され、暑さに悩むほどではなかった。

 ドライヴだったので、途中ふと目に留まった三井寺の看板に誘われてこの寺に寄った。思えばここは比叡山延暦寺と度々争っていたのだ。大きくて立派な金堂。中でじっと結跏趺坐しておられる大日如来がいい。


三井寺


  しづけさや 如来も聴くか 蝉の声


                                     

 三井寺と言えば鐘。鐘と言えば春の夕暮れ、入相の鐘に花ぞ散りける。今は初秋。しかしせっかく来たのだからと思って200円払って鐘を撞く。良い音とは思えなかった。薄い銅板を叩いているような気がした。あるいは遠くで聞けばいいのかもしれない。

 一渡り見たら急に大雨が降って来たので、ここで雨宿りがてら昼食。ちょうど出発時に晴れてきた。

 比叡山ドライヴウエイに入る手前、立派な神社が否応なく目に留まる。近江神宮とある。もちろん寄らずにいられない。出来るだけ奥まで車で入っていく。と朱の立派な楼門が聳えている。

近江神宮


御祭神は天智天皇。なるほどここが・・・。どこからか厳かな雅楽が流れてくる。さざなみの滋賀の都はこの辺りであったのか。その海に浮かべた船上で豊の明かりを催す大宮人たちを白昼夢に見る。

比叡山は思ったより高い山だ。カーヴが続く上り坂を行くこと20分ばかり。広い駐車場があり、バスも数台停まっている。ここが最澄で有名なところか。人並みに根本中堂を見る。この横にまた釣鐘があるので撞いてみたくなった。一撞き50円也。さっきより大分安い。三井寺の名鐘より強く長く響いた。

鐘を撞く


お祈りして国宝殿へ。四天王像をはじめ優れた仏像群に恐懼する。もう完全に仏教で生きていた平安時代の人々を想像する。

そして頂上に向かう。日が照って暑い。しかし、展望台からぐるっと一周の眺めは素晴らしく、竹生島、大津、京都、大原の位置関係がよく判った。ふだん見ないようなダイナミックな雲が眼前に広がっていた。


近江風景


  人々は静かに暮らす
  みづうみの恵みをうけて
  さざなみの大津の町は
  しばし待つ秋の目覚めを

  みづうみに浮かぶヨットは
  名残を惜しむ夏の輝き
  あの雲は
  夏と秋との交差する
  空のざわめき

  吹く風は爽やかに
  うなじに触れて
  あらたなる響き
  あらたなる言葉となって

  遠い昔の人々の
  葬送の嘆きにも似て
  海を越へ山を越えて

  どこか異国の寒村の
  正午を告げる教会の
  鐘の音に混じり合ふ。



         ここ↓↓

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

こんばんは。umama01さん。
台風が接近しているらしく、風が強く窓を少しも開けておれないくらいです。

神社・仏閣・教会なんぞ平気の平さで門前を素通りできるほど、強靭で健康なお方だと推測していましたが、umamaさん、わりに繊細なんですね(笑)。

まあ、誰でも、人間世界の外には出れませんから、多かれ少なかれ、そういったものに牽引あるいは反発の力を感じるのは無理からぬことでしょう。

ちなみに小生は生来わりに鈍感なんです。或る時これはイカンと思って、勉強したり自分に催眠術をかけてみたりしてるんですが、なかなか思うように行かないことが多いですね。

No title

比叡山というと焼き討ちしか思い浮かばない私は、非常に仏敵な人間なのでしょう。
神社仏閣神殿教会、全てにおいて気分が悪くなるという特質を持っている訳でして。。。

虐殺を是とはしませんが、第六魔王の所業にも一理あると思ってしまうのが私という人間で、やっぱり仏閣とも相性が悪いんだなと思ってしまいますね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。