スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈丁花危うし

先月初めごろから、一気に沈丁花が枯れ始めました。
20年以上まえ叔母からもらったときは20cm位の植木鉢だったのですが、よく育って、玄関先に地植えにしてあったものです。放って置いたら、たぶん2~3メートルくらいになっていたのではないだろうか。毎年強剪定するので、これくらいの大きさですが。


沈丁花枯れる1
  すっかり葉を落としてしまった・・・


数年前この株から取った挿し木が着いて、昨春離れた場所に地植えしましたが、これもやはり同時期に枯れてきました。


沈丁花枯れる2
  これも葉なし



残るは、今年挿し木したばかりのものが、まだ鹿沼土に生きていますが・・・、
これが枯れれば、この血脈は途絶えてしまいます。なんとか生きて!と祈るばかり。



沈丁花挿し木
  孤軍奮闘


それにしても、どうして今年に枯れたのか。他の植物で、今年変わったことと言えば・・・、
ウラシマ草に実がならなかったことと、梅につく毛虫を見なかった→一度も殺虫剤をかけなかった。(毎年三回くらいはかける)


今年の夏の気候はどうだったか、比較的早く猛暑が来て、台風だったかでその後はわりに涼しく、去年に比べると酷暑というわけでもなかったような気がするが。遣り水の不足も考えにくい。枯れた二株はぜんぜん違う場所に植えてあるし、他の近傍の植物は枯れる気配がない。
沈丁花に特異的に感染するウイルスによるものかもしれない。とすると、新しい挿し木は感染しにくいのかな。

あと今年とくに変わったことと言えば、東北大震災がある。これと連動ありや?・・・。あっ、そうだ、知人から合歓の木と栴檀の木をもらったことだ。これが妖気を発しているのか?・・・まさか。
よその沈丁花はどうなんだろう。知りたい。



挿し木がんばれとの応援を↓↓↓

               


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。