スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模様替え

田舎の物置を空にしようと思って久しぶりに物置の中の物を引っ掻き回していたら、出てくるわ出てくるわ、代々あった物よりもはるかに多く自分が蒐集した物がある。

 よくもこんな品々を集めたものだと我ながら驚く。大きな壺類をもって帰って、骨董屋に見せに行って、また驚き。例えば百万円で買った壺が引き取ってもらうときは十万円になれば上等だ。中にはどうも臭いと思っていた物はやはり贋物だといって一円にもならぬ。長い間にいったいどれくらいのお金をつぎ込んだのだろう。

 しかし、あの時じゅうぶん楽しんだから、それでいいとも考える。穴があくほど見て見て、いじくり回して、博物館を廻り、参考書を調べて、夢にまで見て・・・。それで思うのだが、古美術品に目覚めて、比較的始めのうち脂汗を流しながら手に入れた物は、今見てもいいが、多少慣れてきて、将来値上がりするかもしれないという気持ちが少しでも入って手に入れたものは、やはりよくない、というか厭きる。業界で言うところの「本当に好きになったら商売はできない」というのはよく分かる。

 それにしても、必要最低限の衣食住をのぞけば、お金でいろんな物を買えるということは、あらためて面白いことだ。書画骨董に凝るとは女遊びと同じだというある評論家の言が頭に残っているが、本当にそうだろう。痘痕(あばた)も笑窪(えくぼ)があればこそ物が売れる。人は夢で生きている。

 500万円のルビーの指輪も売れるし、2000万円のランボルギーニも売れる。これはまだブツがあるけれど、ギャンブルになると、お金というよりも〈数字〉の可能性という純粋に観念的な夢を生きることに行き着く。現実的なものは観念的であり、観念的なものは現実的である。しかし、たいていはそこまでは行かず、宝くじで一等が当たったら、仕事辞めて億ションを買いたいとかなんとか具体的な夢を描いて生きている人が多い。

 パチンコに通う人はどうなのだろう。小生も学生時代の一時ちょっとやったことがあるけれど、あれは玉がどっと出るときの快感や〈勝つ〉ということへの努力感がいいのではないのかな。手で打っていた時代の人は、技術向上の努力を感じることができたであろうが、おそらく今はどうなのだろう。たぶん機械がほとんどやってくれるであろうから、それだけ努力の面白みが減り、ギャンブル性が強くなっているのではなかろうか。

 ついでに、いつも居る我が部屋の整理もした。ものすごく多くのごみが出た。思い切って多くの物を処分したからだが、今まで何度も捨てようか残そうか迷って、こんなときしか見ない机の下とか棚の下やてっぺんに置いたものを埃を払って、もう死ぬまでおそらくじっくり見ることはないに決まっているということがようやく腹に入って、懐かしい写真やノートやコピーなどを捨てた。これは重要だからまた読むこともあろうかと残しておいた本も実際おそらく二度と読むことはあるまい200冊ほども処分した。

 振り返って思えば、何という愚行を繰り返しやってきたことであろうか。きっと利口な人から見れば、「結局あの人はあの程度の人なのよ。やっぱり不幸になって馬鹿な人だったね。」と言われるであろうと想像し苦々しい胸の内ではあるが、いっぽうこれですっきりした感じもする。むしろ、思い切ってやってきた愚行を何か誇りたいような気にもなるのが不思議である。

 多くのモノを処分したおかげで、部屋の自由がきいて、その分机や棚をどこに置くか迷いが生じ、最終的な配置に落ち着くまで、長時間家族の手を借り、怒られながら埃と汗にまみれた。



愚行ができるのは人間だけだ↓↓

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

コメント

へるぶらうさん~

久しぶりに声を聴かせていただいてありがとう。忘れてはいませんよ。

へるさんは、そのお力のあまるところ、その線で蒐集し続けるのがよろしいと思います。

小生は、ここいらでちょっと気分転換したくなりまして、
ついでに身の回りの物を替えてみたくなったのです。

今年は、ずっとほとんど変わらなかった体重が、なぜか生まれて初めて減ってきまして(5Kgほど)、これも体内の模様替えですなぁ。

お久~

うたのすけさん、ご無沙汰しております、
最近の2,3の記事を読ませていただきましたが、
心境の変化でしょうか、なにやら読みやすく
心にスーッと文が入ってきて、なるほど・・・と
うなづいておりますのよ・・・、
紫、清それに骨董収集とかの単に興味ある記事だから
かもしれませんが~・・・笑

こちらも本とかガラクタをなかなか処分できないのに、
まだまだ衰えをしらない収集癖は健在のようで困ったものですぅ~・・・汗

No title

いつか古書店開けそうですね(笑)。
小生は文庫本ならまだしも、単行本は場所取るから買うの避けてます。

No title

私は本、ですね~。
兎に角、捨てられず、延々と積みあがっております。
マンガから小説、辞書に至るまで……まぁ、読むのが好きなので。。。

No title

umama01さんは、何を蒐集されてますか。小生は今は蒐集ってほどではないけれど、どこかに行った時は石を拾ってきます。それらをいつかblog上で披露したいと思います。

小生も人には「いかなる経験も必ず後で何らかの形で役立つものだ」と言います。それは99パーセントの本音です。

しかし、まあ後になって愚行に思えることもそうでないことも、すべてが自分であるという肯定せざるをえない感覚に背くことはできませんし、それは国の歴史を学ぶ際にも忘れてはいけないことだと思っています。

No title

違いますよ。
愚行じゃありません。
愚行と今思える貴方を作り上げるための、礎、です。

……と、収集癖(あまり高いものに非ず故に)のある私が胸を張って言ってみる。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。