スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西行4

    

そして、塚本氏は〈詩と真実〉の禁忌の領域に入っていく。すなわち塚本は若い時分の藤原定家に扮してこう独白する。

「歌つくりである僕の中のもう一人の歌よみが、いつも西行上人のやうに歌いたがってゐた、と言へば気障に聞こえようか。けれどもこの暗く微かな欲求は前衛グループの僕たちがみな無意識にもってゐたはずだ。僕たちの誰もがあの方のやうには生き直せないのと同様、樹立した歌風を毀すことはできない。」

「僕は自分のプロソディ(作詩法)に誇りをもってゐる。他の連中は妄信してゐる。そのリゴリズムと華美な禁欲主義の桎梏の中で、あの方の真実の告白、正述心緒の歌は、技術的な低さと無関係に、僕へのカタルシスとなり得た。」

「僕の信ずる短歌にくらべると上人の歌は、その多くが散文的だ。散文的なその歌い方のいかに短歌てきなことか。素朴で、人恋しい粉黛(ふんたい=化粧)なしの人間の歌のいかに懐かしいことか。」

「歌ふことのよろこびを知ってゐた、万葉以来のうたよみ、他人がさういふ時、ぼくは顔を顰めて鼻の先で笑ひもしよう。杉木立の点景ゆえに、僕の歌の紅の花も鮮やかに映じよう。けれども独りで沈思するとき、あるいは僕の負けだ、と心冷えることも稀ではない。いつの日か僕はあの方の歌をうとんじることがあらう。世界のちがひ、でかたづけることは僕の詩学がゆるさない。まずい歌は悪だ!」

「〈鴫立つ沢の秋の夕ぐれ〉これは傑作だ。皮肉ではない。僕の〈花も紅葉も〉にミクロコスモスがあるとしたら、この歌には人間がゐる。西行上人の自画像が、ひいては乱世に生きて、昨日を問はず、明日を知るべくもない人間の黒いシルエットが、逆光にくっきりと浮かび上がってくる。人は僕の歌をにくみ、この歌を愛惜しよう。そしてそのことは、僕の勝利であり、上人の作家としての真の敗北に他ならない。」

 この文を読んでいると、ふと三島由紀夫を読んでいるという錯覚に陥るのは小生だけではあるまい。思い返せば、三島も塚本も、絶対の言葉によってこの世を乗り越えようとした、あり得べき藤原定家を夢見て生きた。一方は、ついに言葉によって殺され、他方は死ぬまで言葉を不滅のアフロディテと崇めながら生き通した。

 塚本は他のところで、『新古今集』を定家vs西行の場と規定している。しかし、われわれは天才たちのドラマに煩わされないようにしよう。時には『新古今』の花園を逍遥して楽しもう、そして常に現実というわが家に還って来よう、しかしそのとき必ず微かに重苦しい気持ちが胸をよぎるのは、なぜであろうか。




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。