スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西行5

       にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

 まあ、とにかく、小生は、日本語がこのような危機を通過して、鍛え上げられてきたことを、日本人として嬉しく思う。小生は日本語を信じる。その広さを、しなやかさを信じる。もっとも他の国に生まれたわけではないから、他の言語は知らないけれど。

 日本語は歌を詠うには適しているが、外交には適していないと言うような人がいるが、小生はそのような意見には与しない。外交が弱いのは日本語のせいではなく、日本人気質と戦争で負けたためである。今や英会話が必要だと言うが、それは優れた技術を持った配管工が必要だという意味で必要なのである。現場の人は必要な技術を身に付けねばならない。

 日本語は論理を繰るには不適だという人がいるが小生はそうは思わない。そう言う人は論理の何たるかを知らない人だ。西洋の哲学者たちはよく知っていた。それに、日本語の不備を指摘して止まない人が、「クレタ人はみな嘘つきだとクレタ人が言った」というのと同じで、日本語の不備を日本語で上手に語っているのである。

 日本語に、我、僕、俺、私、小生、自分…などがあるということは、じつに細やかな話が出来るということではないか。もし、それが論理と関係ないというならば、論理は正確には数学に還元されるしかない。これこそ普遍的な言語である。


  
人気ブログランキングへ   

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

umama01さん、こんばんは。よく言われる日本語の代表例「結構です」などのことを言われているのでしょうか。実際の会話においては、文脈やその時の話し方、表情が大きくものを言います。書かれた文章で、話し言葉そのままを書くと、実に紛らわしいことがありますね。でも英文でもしばしばどちらともとれるような文章にお目にかかることが時々あります。
契約書はしっかり誤解の余地がないように詳細に書けるという点については、日本語はなかなかすぐれているような気がします。しかし、それゆえ外国人との契約となると難しそうですね。虹の色を三色や六色で表したりする人たちと、どう契約をしたらいいのか。気迫で押してかなきゃ。

No title

私は日本語の最も優れている点は、他の言語を受け入れる寛容さと様々な解釈が取れる多様性だと思います。
そしてその多様性こそが、契約や論理において様々な解釈を「許してしまう」んだと思ってますけれども。。。
要は、悪用出来るほど解釈を捻じ曲げやすい点が、長所であり短所でもあるのだと……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。