スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後鳥羽院と定家3

     にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

 ただ小生が気になるのは、『新古今集』の最多の九十四首の西行が、『新勅撰集』においては、十四首しか採られていないことだ。もちろん他の新古今歌壇のキラ星たちもかなり少なくなっているが、これほどではない。西行をあまり評価していなさそうなのは、定家とは時代が少しずれているためであろうか。このちょっとしたずれが、後鳥羽天皇をきっかけとして大きなずれとなったのではないか。

 定家が西行と会った文治二年(1188)、定家25歳、西行69歳。当時、遁世修行の身でありながら、政治的実力者らにも一目置かれ、不思議な外交力をもち、和歌を得意とし、それでいて一見飄飄とした自由人、西行。片や堅物のまだ下級官吏の定家。

 西行は自作のそれぞれを、俊成と定家に判詞を請うた。それは西行が定家を歌道家の人であり、また歌人としての力量を認めていたからだと素直に思いたい。

 法橋行遍なる人の報告(新古集巻十六)によると、定家に和歌の道に専念するきっかけは、と問うたところ、それは西行に会ったことだと答えたという。俊成にではなく、西行になのである。定家がその後どのような道に入っていったかはともかく、和歌の力の真髄を西行において直感したことが、小生には面白く、歌というものの出所をいろいろ考えてしまうのである。




人気ブログランキングへ  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。