スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本居宣長

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

本居宣長という人には奇矯なところがまるでない。宣長が亡くなる前年に自分個人の墓のための場所を探しまわり、ついに山室山に決定、その形や背景の山桜の配置などにもずいずん気を配ったことは有名であるが、そのことは、宣長という人を知れば知るほど、自然なことだと感じられる。

宣長墓


 宣長の養子となった太平は、宣長という人は?と問われて描いた「恩頼」(みたまのふゆ)という、野菜のかぶらのような形の図がある。これには、まず世話になった人たちが葉っぱにあたる部分に書かれ、根のようなところに、古事記伝を中心として宣長の著書と門人たちの名が書かれている。かぶらを考えると上下反対の方がよさそうだけど、太平さんかぶらのつもりで描いたのではなのだろう、また世話になった人たちを下段に書くなんてことはできなかったのであろうと想像する。


恩頼


 で、世話になった人たちの中心に二柱、父と母が書かれ、その間に「御子守ノ神」、父は「父主 念仏者ノマメ心」、母は「母刀自 遠キ慮リ」と書かれている。まず、自分あるは父母のお陰であり、その父はきっと毎日仏壇に手を合わせているような、カミの道を知らぬ人だったけれど、それでも最高の恩人である、とする宣長の心がよく表れている。

 そうしてその次に真淵、契沖、景山、紫式部などは、よく解るが、次に定家、頓阿、孔子…とくる。やっぱり定家なんだなぁ、と感慨を新たにする。
 頓阿は名前しか聞いたことがなかったけれど、ぱらぱら調べてみると、和歌の二条派再興の人なんだ。そして、歌を読んでみると、豊富な本歌取りで前衛的という感じでは『新古今』的ではある。

 暮れなばと思ひし花の木のもとに
     聞きすてがたき鐘の声かな

なんてのがある。これを本歌取りというのかどうか知らないけれど、すぐ連想したのは、『平家物語』「忠度最後」にある、

 行きくれて木の下蔭を宿とせば
     花や今宵の主ならまし

である。討ちとられた兵の箙に付けられていたこの和歌を源氏の兵が発見して、これこそ有名な薩摩守忠度であると判った次第であるからこそ、この歌に込められた覚悟と花の幻影の広がりとが感じられる。

 ちなみに、忠度が都落ちに際して口ずさむ、「前途ほど遠し思ひを雁山の夕べの雲に馳す。」それを聞いた俊成は「いとど名残惜しうおぼえて、涙をおさへて入り給ふ」となる。

 頓阿の歌の、花を見ながら今宵はここで休もうと思っている矢先、ふと鐘の声が聞こえてくる、がこの鐘声のなんとよいことか、一瞬花のことを忘れて音楽の世界に入り込んでしまう。技巧を通り越してむしろ素直であるが、うーんなかなかいいなぁ。


それから孔子というのも驚きだ。もちろん宣長は中国の文献もしっかり読んでいたし、古のやまと心さえしっかり掴んでいれば、むしろ外国の書物も読んだ方がかえって日本の優れてところがよく判ってよい、というようなことも言っている。

「かの國ぶりの、よろづに悪しきことをよくさとりて、皇國だましひにつよくして、うごかざれば、よるひる漢ふみを見ても、心はまよふことなし…」(『玉勝間』)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

変化

mamoさん、コメントありがとう。仰るとおり、社会は絶えず変化しています。一番目に見えるのは、科学技術のおかげで、肉体的苦痛は減少し、便利になり、快楽の種類は激増しました。また法整備等により、目に見える悪行や残虐は減少したようです。・・・ですが、人間の心はどうでしょう。少なくとも小生は、昔の人たちに比べて、知識は増えたかもしれませんが、率直でなく、強さがなく、そのくせ自尊心が強く、より巧妙に言い訳を考えています。少しも良くなったとは思えません。
そんな小生ですから、社会をよくしようなんて一秒も考えたことはありません。ただ、歳をとるにつれ、平凡だけれど、不平を言わずに生きたいと願っています。

変化

お邪魔します...。私は、社会は少しずつ変化していると思います。そして、私も、私の存在が、社会が少しよくなることのきっかけになればいいなぁと、折に触れて思います。...自然はいいですネ。私も自然が大好きです。ありのままの自分を生きて、そして社会が変わることのきっかけになればいいなぁと思います。なっているかな?分かりません。...この文章を読んで下さってありがとうございました。

No title

umama01さん。人間は1000年やそこらでそう変わらんでしょう。小生このごろは感謝してますよ、いろんな人にも自然にも。なかなか形では表せないけれど・・・(-_-;)

No title

亡くなる前に、今まで生きてこれた縁ある方々全てに感謝する。
本当に平安時代は1000年も昔だったのかと首を傾げたくなる今日この頃です。
逆を言えば、科学技術は多少発達していても、人間としては千年もの間、我々は足踏みしていただけではないのかと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。