スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディキンソン著『大正天皇』1

  にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村

この本を一読して、やはり外国人によって書かれたものだ、とまず感じた。それはつまり、大正天皇をその時代の国際環境との関連で見た点が明瞭に顕されている、ということである。

 著者はその時代の新聞や雑誌、本―もちろん海外のも含めて―からの引用をふんだんに利用している。著者によれば、歴史とは、その時々のメディアに表れたところのものだ、となろう。われわれが今もっているイメージは後で創られたものであることが多い。大正天皇はその最たるものである、と言いたげである。

 たとえば、いまわれわれは、大正天皇はその幼少年期に病弱だったと思っているが、実際はそれほどでもなく、少なくとも当時の一般国民は誰もそんな風には思っていなかった。

 じっさいのところ、鹿鳴館ではないが、皇太子嘉仁親王(大正天皇)は、日本の西洋化、そして近代化の先端的象徴として、見事にその役割を演じた。

 その第一に、明治23年(1889年)の立太子礼の儀式(嘉仁10歳)は、近代国家の施設を動員して全国民の前で挙行された。錦絵や新聞はその華やかさ、威厳、人々の感激を書き立てた。そして皇太子はただちに陸軍歩兵少尉に任官されるのであるが、これは19世紀ヨーロッパ国家の君主政体の伝統的なことであり、明治政府も以前からその線を決定していた。

 明治天皇が15歳まで江戸時代の伝統の中で、つまり京都の御所の中で女官に囲まれ、白粉をほどこされ奇怪な宮中言葉をお発しになられていたのとは、まったく違って、嘉仁皇太子は東京という都市にお生まれになり、その西洋化のただ中でお育ちになったことに、著者は注意を促している。

 嘉仁皇太子が九条節子(さだこ)と御結婚されたのは、ちょうど世紀の変わり目、1900年(明治33年)のことであったのは、とても意味深いものである。19世紀から20世紀へ、世界は新時代到来の期待に胸を膨らませたことだろう。

 このころ日本は、1895年、日清戦争での勝利、1899年、宿望であった不平等条約の放棄によって、いよいよ日本が国際法上、列強と肩を並べることとなった。「文明社会の士人たる恥ぢさるの体面を具へざる可らず」(『時事新報』1900年1月1日)

 結婚式は〈神前結婚式〉という新しい形式を初めてとったそうである。これはつまり結婚に神の前で誓う西洋を〈遅れている〉日本がその形式をとにかくもまねたものであろうと小生は想像する。「賢所の大前において、ご婚儀を行はせたまふ御事は、国初以来こたびを以て初めて」「両殿下の御装束は御一代に再び召させ給ふまじき御召し物に渡らせ給へば、御儀式のいと厳粛に尤も典雅なることと想ひ奉るにあまりあり」(『風俗画報』1900年6月1日)

それから洋装に着かえ、公の儀式に進まれる。嘉仁皇太子は陸軍少佐の正装、節子皇太子妃はドイツ式正装で皇居周辺をパレード。そこらじゅう国旗や提灯、電飾と飾門が設けられ、皇礼砲が響き、花火が上がった。婚礼を見るために鉄道を使って上京した人は10万人を超え、祝辞を送った人は15万人を超えたそうだ。

節子妃はフランス式正装に着かえられ、各国公使らを含む2200人ほどの饗宴。国内至る所で記念植樹や記念碑を建てられた。要するに、日本国民にとって大きな夢を与える大祝典であった。当時の発行部数最多の『萬朝報』には、陸軍少佐姿の皇太子とマン・ド・クールとかいうドイツ式正装の皇太子妃が、すごくかっこよく並んで描かれており、各々の下には、H.I.M. the Prince-Imperial Yoshihito と H.I.M.the Princess Imperial Sadako と書かれている。この正装と表示は完全に当時の〈世界標準〉なのである。(H.I.M.とはもちろんイギリス皇帝の呼び名His Imperial Majesty の略である)

忘れてはならないことは、この御結婚は睦仁皇太子(明治天皇)のときには、想像も出来ない国民的イベントだったことと、嘉仁皇太子はこの新演出の儀式を見事に演じられたことである。全国民感涙にむせんだほどかっこいい!のであって、病弱でちょっとおかしい人ではぜんぜんないのであった。


 
人気ブログランキングへ 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。