スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディキンソン著『大正天皇』5

 にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 

 1919年(大正8年)には、近衛文麿は「今日の日本は国際連盟の中軸たる世界の主人公として、利害相関せざる国の面倒まで見てやらねばならぬ地位に達し居るなり」と言い、1920年、原敬はパリにおいて「帝国は五大国の一つとして世界平和の回復に向かって努力するを得たり。」と声明を発した。
この年一月には、天皇は「平和克服の大詔」を発布され、わが国は、世界において「順応の途」を歩み、「万国の公是」に従い、「連盟平和の実」をあげることを国民に激励される。

 そういうことで、人々の頭の中で〈平和な大正時代〉の下には、世界の1等国の一員たる自覚と大正天皇とが結びついていたに違いない。では、どうして大正天皇は生涯病弱であられたというイメージが出来上がってきたのであろう。

 大正天皇が皇后とともに、公の場に御姿を現されたのは、1919年5月の東京奠都50年祭のときである。20万人ともいわれる人出の中、馬車の「両側に山のごとくしかも静粛に奉拝せる熱誠なる市民には特に御機嫌麗しく御満足にみそなはせられ」た、と新聞に書かれているが、じつはこの時すでに天皇は病魔に侵されていた。その前年の10月には天長節観兵式を欠席されている。

 以後少しずつ病気は進行し、1920年(大正9年)第1回ご病状発表から、1926年(大正15年)まで、計7回のご病状発表がなされている。御病気の内容については、詳しくはわからない。小生は、過労、天皇としての重責、そしてやはり山県ら周囲の権力者らの圧迫によるストレスが誘因となった、多発性脳梗塞ではないかと、今のところ疑っている。

 1921年10月、第4回ご病状発表のとき、天皇は御幼少時〈脳膜炎様の御疾患〉に悩まされていたと明らかにされた。どうもこれに後年尾びれが付いて、〈生涯ずーっと病弱〉説が定着したのではないか。いったい誰が何ゆえ、わざわざこの時に、御幼少時病気されたなどということを、発表に付け加えたのか。

大正11年の『大阪毎日新聞』んは「青山御用邸に御避寒中の天皇皇后両陛下には御機嫌いと麗しく」、崩御の年、大正15年でもなお「盆栽や活動写真などのお慰み、ラジオ、蓄音器」などを聞いておられるとあるし、『東京日日新聞』は「お熱が下がらず、皇后陛下予定を早め葉山へ」とある。

つまり、〈あの大正天皇〉のイメージは、まだ国民から離れてはいなかった。しかし、裕仁皇太子が摂政をおとりになり、それこそ本当に西洋に出発されるにつれ、〈あの大正天皇〉は裕仁皇太子にそのまま受け継がれていく。皇太子行啓においては、父天皇と同じような「平民的な御態度」に国民は感涙したと、新聞は盛んに報道している。


  
人気ブログランキングへ
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

umama01さん。やはり日本史上最大の大革命と日本史上最大の戦争とのインターバルという印象はどうしてもありますね。
明治の急上昇から、第一次世界大戦参戦から国際連盟常任理事国入りというプラトーに入って、世界共通の難題を背負うこの時期に、あの方が天皇であられたということに、なんともいえない歴史の味わいを感じます。

No title

やっぱり治世の期間が短かった所為と。
維新から激動ばかりの明治。
太平洋戦争から高度成長期、バブル崩壊と続く昭和。
その二つの激動期の合間にあるからこそ、印象が薄くなってしまうのではないでしょうか??
歴史って、事件や発展、数字ばかりで語られますから、名君や平和が尊ばれません。
ボクシングで言うところのインターバルなのでしょう。
実はあの短い一分間に、血止めや呼吸回復、戦略の立て直しなどラウンド中の3分間に勝るとも劣らない密度があるにも関わらず、インターバルはあまり語られないのと同じように。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。