スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正天皇御製詩5

大正天皇の御生涯(明治12年~大正15年)のあいだに作られた詩歌数では、田所泉氏の集計によると、漢詩は大正2年から6年までが圧倒的に多く(7年以後はまったくなし)、和歌は大正3年から大正7年までが群を抜いて多い。両者を併せると大正3~4年がピークである。(『大正天皇の〈文学〉』)

 大正天皇は御即位早々、大変な政変に巻き込まれた。いわゆる桂園時代が坂道を転がり落ちてゆくときであった。緊縮財政をとる第二次西園寺内閣は、陸軍の増設要求を拒んだが、それに対して陸軍大臣は大正天皇に辞表を提出し、軍部大臣現役武官制を利用して、西園寺内閣を総辞職に追い込んだ。

 まだ実権を握っていた元老たちは、桂を後継首相に指名するも、これを契機に閥族打倒・憲政擁護の運動が広がった。桂は大正天皇の詔勅をもって政府批判を封じ、犬養・尾崎らの立憲政友会・国民党は内閣不信任案を提出。この時の尾崎行雄の演説。-「彼らは常に口を開けば、ただちに忠愛を唱へ、あたかも忠君愛国の一手専売のごとく唱へてをります。玉座を以て胸壁となし、詔勅を以て弾丸に代へて政敵を倒さんとするものではないか」

 突然即位された大正天皇の困惑やいかに。それでも新しい時代に向けて天皇は前向きにお仕事に励もうとされていたに違いないと思う。大正2年から6年までの詩歌数の多さは、それを物語っていやしないか。この間こそ充実の数年であったと思う。

 午前六時起床。八時半には大元帥の軍服を着用し、表御所に出御。9時から正午まで多忙な用務を執られた。昼食後は散歩、乗馬。6時に夕食。その後は皇后や皇子たちと歓談・玉突き・合唱。十時過ぎに就寝。もちろん大臣らの上奏も聴かねばならないし、硬栗粉のような山県有朋の小言も乗り越えていかねばならなかったし、全国順啓もせねばならなかった。

 大正天皇の次男であられる秩父宮雍仁親王によると、「父上は天皇の位につかれたために確かに寿命を縮められたと思う。東京御所時代には乗馬をなさっているのも見ても、御殿の中での御動作でも子供の目にも溌剌としてうつっていた。それが天皇になられて数年で別人のようになられたのである。」

 魑魅魍魎、百鬼夜行の政界の中で多忙を極める純潔な青年を思う。あるときぷつっと心の張りが切れるのは時間の問題だった。小生に言わせれば、天皇は、自らおかしくなってやったんだ、と仰っているようにも感じる。

 このとき、こんな御製詩が小生の心にひっかかる。

 「貧女」(大正6年)     
 
荊釵布被冷生涯 けいさいふひ冷たし生涯
無意容姿比艶花 容姿艶花に比するに意なし
晨出暮帰勤稼穡 晨に出で暮に帰り稼穡に勤む
年年辛苦貧家 年年辛苦貧家に在り

イバラのカンザシと煎餅布団との清貧の生活。
容姿を艶やかな花で飾ろうとは思いもしない。
朝から夕まで懸命に農業に従事する。
来る年も来る年も貧しい家で辛苦を重ねている。

 べつにどーってことない漢詩のようだけれど、例えば、田舎で小雪舞う夕がた、畑仕事をしている中年女性を見ている大正帝の目を思う。これは叙景詩である、自分の心の中の。自然で何の余計な解釈を許さない。

 田所泉氏は、「貧しさとはどういうものかという知覚も、貧しさとは差別の原因でもあり結果でもあるのもなのではないか、といった省察も、抜け落ちている。権力者が被抑圧者にたいしてしばしば示す〈同情〉とは、たいがいその程度のものだろうか。」などという、まるきりお門違いの意見を述べている。田所氏には主義があって心がない。

 また、西川康彦氏は、「この御製詩は〈貧しい女〉を、ただ〈憐れ〉とお詠みあそばしたのではなく、貧しくはあるが、真面目に働く女に、仁慈の大御心をかけさせた給ふ御作と拝し奉る」と書いている。この意見にも小生はぴんとこない。贔屓の引き倒しのように聞こえる。

 むしろ、大御心を一生懸命演じておられた天皇の中の天性の詩人が、夕暮れ時ふと顔をだして漏らした吐息のような歌、哀しいと言うにはあまりに純潔な自然の詩のように小生には響く。



 にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。