スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武烈天皇

 

 武烈天皇は、『日本書紀』によると、快楽殺人をいたく好んだ人なのですね。それゆえ後世の人に不人気なんです。お父上の億計(おけ)すなわち仁賢天皇が崩御したとき、平群真鳥(へぐりのまとり)という大臣が天皇を倒して自分が権力を得ようとした。(ちなみにここのところの原文は、専摶国政、欲王日本)

 また時を同じくして、皇太子(武烈天皇)が結婚したいと思っていた娘を真鳥の息子である鮪(しび)が先に手をつけ自分のモノにした。それに怒った武烈天皇は側近の大伴金村連と謀って、真鳥親子を滅ぼしてしまう。このことは別にどうってことはない、たしかあの徳性すぐれた仁徳さんでも敵を殺していたのじゃないかな。

 天皇に正式に即位して后をもった武烈天皇は、皇帝ネロも参ったというほどの、日本人には珍しいほどの残虐ぶりを発揮しています。まあ、『書紀』は中国文献から引用しまくりだから、中国や朝鮮の皇帝がそうだったのかもしれないけれど。・・・

 好奇心から妊婦の腹を裂いて胎児を観察する。生爪をはがしてイモを掘らせる。人の頭髪を抜いて木のてっぺんに上らせてから木を切り倒して殺すを楽しみとす。池の水路に人を並べて一気に水を流し、流れ落ちてきた人をヤス(幾本かの槍がついたモリ)で刺し殺すことを楽しみとす。

 女たちを裸にしてオス馬と交尾させようとし、感じやすくあそこが濡れている女は殺し、濡れぬ女は奴隷とした。百姓らが飢えていようが気にせず、遊び人らを集めて、飲めや歌えの卑猥きわまりなき歓楽の限りを尽くした。

 あまりにも快楽を追求したためか、武烈天皇には子供ができなかったのです。それで次の日継ぎの皇子を探す必要が生じたのですが、これが問題だった。武烈の男兄弟はなく姉妹ばかり、父の弟のをけ(顕宗)天皇にも子供なく、その一つ上の代の男子は、例の雄略天皇に滅ばされている。雄略の子供の清寧天皇も子供なし。それで、うんと遠くの傍系を辿らねばならなかった。が、この次の天皇の話はまたにしましょう。

 己の快楽ばかり追求して、皇統を危うくしたことを責めるばかりに、こんな悪逆非道な話を『書紀』作者がでっちあげたのでは、と言う人がいますが。『古事記』には、もうこの頃は(仁顕天皇以後は)、とくにエピソードは書いてありませんから、武烈残虐物語はありませんね。

 小生は、かつて言ったように、天皇の中にはこのような残虐な人がいたと、正史『日本書紀』に書かれている事実が面白いと感じる。今の感覚から言うと、もし天皇をよき統治者である(天皇の正統性)と言いたいのなら、こんな中国風のオーバーな残虐表現を、事実その通りだとしても後の世に残すことはないのじゃないかな。『日本書紀』を撰上されたとき、元正天皇はちゃんと目を通していたとしたら、じつに舎人たちを信じ、またいいことも悪いことも正直に認めていたのだなと感心する。

 本居宣長は、天皇の悪逆非道な行いを臣下がどうして諫めなかったのだという問いに答えて、善くも悪しくも君の行いに臣下が口をはさむのは、古のよき道に外れている、下の者が上の者に善悪云々を言うのは漢心であって、それこそ世の乱れの元だ、たとえ悪君でも一代限りであるから、過ぎ去るまでじっと耐えればよいだろう、云々。例の、人生は波のごとくよい時と悪い時があって、それはもう神の為す業であってわれわれにはどうすることも出来ないものだから、と言いたげである。

 とにかく、国際上の付き合いの多い現今、天皇をはじめ皇室はみな道徳的に優れていなければならないとみな考える所であるが、われわれ下々がえらそうなことを口走るのが、災いのもとである。ちゃんちゃん。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

umama01さん、よくも悪しくも、我が国は先進国中国の模倣をやっていたんです(笑)
それにしても、中国の文明を受け継ぎそれを絶えることなく発展させ伝統として血肉化してきたのが日本だと思います。中国自身は、王朝交代で過去を否定しまくり断絶しまくりですから、花ひら開かなかった。まあ、書道とある時期までの絵画や焼き物なんかはよかったかもしれませんが・・・。

No title

なんというか。
個人的には、日本史編纂者が箔をつけようとして中国風の逸話を最も気性の荒かった天皇の逸話として導入してみた……って気がするんですけれど。
やり口が、酷く大陸的だと思うのです。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。