スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

継体紀2

『継体紀』には相聞歌からなる話が一つ挿入されている。
あるとき、皇太子である勾大兄皇子(まがりのおほえのみこ)(後の安閑天皇)が、春日皇女と結婚しようとしたときに歌を読んだ。「月の夜に物語して、気が付いたら夜が明けてしまった。このとき歌を作ろうとする風流心が起こって言葉となった」と書かれている。

「八嶋国 妻まきかねて 春日の 春日の国に 麗(くは)し女を ありと聞きて 真木さく 檜の板戸を 押し開き 我入りまし 脚取り 端取りして 枕取り 端取りし 妹が手を 我に纏(ま)かしめ 真柝葛(まさきづら) たたき交はり 鹿(しし)くしろ 熟睡寝し間に 庭つ鳥 鶏(かけ)は鳴くなり 野つ鳥 雉(きざし)は響む 愛しけくも いまだ言はずて 明けにけり吾妹」

春日の地に美しいよい女がいると聞いて、りっぱな桧の板戸を押し開いて、私が入って、女の衣服の下と上からはぎ取って、妻の手を私の身に、私の手を妻の身に巻きつかせ、抱き合って交わり、熟睡した間に、鳥や雉が鳴くのが聞こえる。かわいいとも言わないうちに、夜が明けてしまった。

これに対する春日皇女が応えて歌う、「隠国(こもりく)の 泊瀬の川ゆ 流れ来る…」で始まる歌が、皇太子の歌にぜんぜん対応しない挽歌(葬送の歌)みたいな歌なんで、武烈天皇の名の小泊瀬と継体天皇の崩御した場所のイメージとから、この歌が、不自然ながら、ここに入れられたのかなと思われ、おかしな一対の歌謡なんですな。

ところで、大昔から指摘されていることだけれど、この皇太子の歌は『古事記』によく似たのがあって、それはオオクニヌシが沼河比売(ヌナカワヒメ)に求婚するときのなかなか素敵な歌、

「八千矛の 神の命は 八島国 妻まきかねて 遠遠し 高志国(越国)に 賢し女を 有りと聞かして 麗し女を 有りと聞こして さ婚(よば)ひに あり立たし 婚ひに あり通はせ 太刀が緒も 未だ解かずて 襲(おすひ)をも 未だ解かねば をとめの 寝(な)すや板戸を 押そぶらひ 我が立たせれば 引こづらひ 我が立たせれば 青山に 鵺は鳴きぬ 野つ取り 雉はとよむ 庭つ鳥 鶏は鳴く 心痛(うれた)くも 鳴くなる鳥か この鳥も 打ち止めこせね …」

こちらの歌は、求婚していてもまだ何にもしてないのに夜が明けてきて、いまいましい鳴き鳥を打ち殺してやりたいと歌っているけれど、内容も使われている文句も『継体紀』の勾大兄皇子の歌とよく似ている。

また『万葉集』にも、もっと単純化された類似歌がある。

「こもりくの 泊瀬の国に さばよひに 我が来たれば たな曇り 雪は降り来 さ曇り 雨は降り来 野つ鳥 雉はとよむ 家つ鳥 かけも鳴く さ夜は明け この夜は明けぬ 入りてかつ寝む この戸開かせ」 (3310)

 要するに、妻問い歌謡の類型、こういうときにはこうい定型文句があったということなんだろう。

ただ、気になるのは、『継体紀』の始まりに、継体天皇の父は琵琶湖の西岸の地に居て、越国の三国にいい女がいると聞いて、使いを出して連れて来させて結婚し、継体天皇を生んだという話がある。これは遥かその昔、出雲に居る大国主神オオクニヌシが越国に行って妻問いをしたという話を連想してしまうではないか。

まあ偶然の一致かもしれないけれど、ひょっとして昔から、遠くから男を引き寄せるほどのいい女が越国の三国あたりにいて、それが伝説となり、いつしか人口に膾炙した歌謡となり、それが先にあって、物語や歴史に挿入されたとも考えてしまう。

 ついでに、その夜は残念に終わったオオクニヌシも明くる日の夜は思いを遂げることができた。オオクニヌシを部屋に入れなかったヌナカワヒメの返し歌―今はがまんよ、明日の夜はオッケーよ、という歌もなかなかいい。



 にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

umama01さん、これぞ我が国のいいところですね。love letterが残っているなんて! そして攻略に成功した話も何もできなかった話も。 笑いも怒りも、そして涙も・・・。

No title

しかし、若さと勢いにかまけて女性に贈ったラブレターが千年経って世界中で読まれていると知ったら……
そう考えるとなんか、涙が……芸術ですけど、文学ですけど。
それでも……自分の身に置き換えると……

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

まとめ【継体紀2】

『継体紀』には相聞歌からなる話が一つ挿入されている。あるとき、皇太子である勾大兄皇子(まがりのおほ
プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。