スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の動植物

年末になるといつもなぜか忙しくなる。師走とはよく言ったものだ。12月の行事ばかりではなく、今までしなければならなかったことでしなかったことに追いつめられてくる。皺寄せという言葉が浮かんできた。師走と皺寄せとなんとなく響きが通じる。〈しわよせ〉が〈し、はよせ〉のリエゾンしたものなら、師、早よせ!と、師走にひっかけられんこともない。ま、それはともかく。

今年、一年振り返ってみて、とくに印象に残ったことを。

1. 4月から10月にかけて、メダカの卵を400個くらい孵化させて、そのうち今とにかく魚として生きている数は約50匹。というと成功率12.5%。プロから見るとお話にならんだろうけれど、小生では今までで最高。

2. 叔母にもらった沈丁花が昨年の夏枯れた。その前、間一髪のところで挿し木(水に浸けた)しておいた幾つかのうち一本だけが、なんとか成長し続け、いま10センチくらいになっている。これには苦労した。というのは、水の中でなんとか根が伸びてきたのだが、それを土に移しかえると死ぬことは明らかだから、少しずつ何日もかけて土に入れた。つまり、まず鹿沼土を少しずつ水の中に入れ、根を土に馴染ませてから、そこに少しずつフツーの土を混ぜていき、それとともに水性栄養の濃度を増やしていった。いま現在、その植木鉢はほとんど普通の土で、他の植物より頻繁に水をやりつつ、―しかし冬に水をあまりやると死ぬ、このころあいが難しい、―ビニールハウスの中に入れてある。この冬さえ乗り切れば、と祈るばかり。

3. クチナシの葉につく青虫の正体を突き止めたこと。それは、夏にちらっと見た美しい蛾であったのだ。その名はオオスガシバ。これについては10月に書いた。


来年も頑張って育てます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。