スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も終わり

 今年も今日で終わりだ。例年と違わず国内外でいろいろあった。  

 東北大震災で、鮮明に焼き付いているのは、津波でビルの上に大きな船が乗っかっている像だ。これは、もう早くに撤去されてしまったのかな。そうだとすれば残念だ。たしか2、3階建の白い建物の上に大きな船がでんと乗っているなんて、そうそうないことだ。あれを、そのまま残せなかったのか。崩れる心配があれば、補強してそのまま残し、周辺もろとも、地方自治体か国が買い上げて、震災記念公園とでもし、震災の一切を保管、研究、展示、イヴェント会場とでもしたら、世界中の誰もが一度は見に行きたいと思うのではないだろうか。まあ、そうならなかったのだから、あまりそういう発想の人が居なかったのであろうし、土地の所有者の都合もあったのだろう。

 原発の是非について、いろいろ議論がある。誰でも、あんな恐ろしいことを目の当たりにしては、原発なんてない方がいいと思う。しかし、これ急にすべてをなくせと言うのも、コスト、温暖化、製造業や生活にも支障が出そうだし、今きな臭いホルムズ海峡封鎖なんてことがおこればと考えると、現実的ではなさそうだ。

 で、小生が素人考えで思うに、効率は悪くなるが、万一の場合を考えて、原発を小さくし、いろいろな所に分散させてはどうだろう。福島でも4基あったけど、もし1基だけだったら、あれほどの被害はなかったのでは。いま敦賀に大地震が起こったら、琵琶湖全滅、京都に人も犬も居なくなり、阪神・中京工業地帯もアウト、となると日本アウト。しかし、1基だけだったら、そこまでならんのでは。…これあまり合理的ではないやろか。

 今月選挙で自民党の圧勝。それで、ようやく憲法改正が本格始動しそうだ。30年前なら国会で改憲を口にすることはタブー、一般人でも危険視されるという風潮だったが、時代も変わってきたなと感慨をあらたにする。
 それにしても、わが国独立(昭和27年)後、ただちに、あるいは高度成長期(昭和40年代後半)ごろでも、どうして自国民が憲法を作ろう、少なくとも見なおそうとしなかったのか不思議である。まあ、これが日本人気質というものなんだな。
 そこで一首

 をかしいと思ひながらも日本人
      止めぬ特攻 変へぬ憲法

 ただ、ずっと思ってきたことだけど、憲法改正と九条改正とはまるで意味が違うのに、それを混同して議論されることがあまりに多い、これが気に食わない。もし、日本人の多くが九条をそのままでいいとみとめれば、それはそれでいいと小生は考える。もちろん個人的には、現行では非現実だから変えるべきだとは思うが。
 憲法改正は、やはり自国の憲法は自国民が作るべきであって、そうでなかったと知っているからこそ、その負い目がわれわれの無意識に沈殿して、いつまでも対外的には自信がない、それが、もともと謙虚な日本人気質にわをかけて、諸外国も驚くほど自己主張をせず、国益を損じているのではないか。

 法についてよくわからんとはいえ、日本語は解る。現行憲法が外国製の憲法であることの最たる象徴は、その前文にある。だれでも一度はこの前文を、原文(英語)とその翻訳である日本語のとを読み比べてみるべきだ。

 そこで、自民党の日本国憲法改正草案を見た。たしかに、現行の独立国家日本にそぐわぬ、下手な翻訳調にも気が付いて、改正されてはいる。が、しかし、もうちょっとなんとかならんかと、恥ずかしながら柄でもなく、出しゃばってつい口出しをしたくなった。


「自民党御中。自民党の憲法草案の前文を読ませていただきました。これは五つの文からなっています。現行憲法の、くだくだしい、言い訳がましい、日本語としては最低のものより、よほどすっきりしていいと思いますが、いくつか引っかかるので、素人ながら、御意見いたします。

第一文は、いきなり日本国や国家という言葉はいかにも硬い、中国的であって、日本的ではありません、こうあるべきではないでしょうか、「日本は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国であって、・・・。」

第三文、現行憲法の翻訳調が残っているように感じます。たとえば「日本国民は、国と郷土を愛し、他者を尊重し、社会全体で互いに助け合うことを誇りとして、国を形成する。」とでもしたら、すっきりしませんか。

第四文と第五文はまとめていいのではないですか。たとえば、「われわれは、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ科学技術を振興し、また良き伝統文化を継承し、この国を末永く子孫に伝えるために、この憲法を制定する。」

前文くらい、気負わず、柔らかく、すっきり気持ちいいものにしたい、ではありませんか。」

 これで、今年も終わった。



ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。