スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法第九条

憲法第九条は、そもそも初めから、破られている。自衛隊の存在が憲法違反であることは誰にでも明らかだ。自衛隊は「自衛隊」という名前だから「軍隊」ではない、などとは強弁もはなはだしい。実質立派な軍隊である。
小泉首相が、海外で自衛隊の行くところはどこでも安全地帯である、と言ったのと同じだ。そして、それを笑い話としてうっちゃっておける日本人のあまりに平和な心持よ!

どうして、日本人は平気でこんな誤魔化しを何時までも言っておれるのかねー。どうして、正直にものが言えないのかなー?

それは、想像するに、日本人は自国の憲法をあまりに軽く考えている。心の底から信用していないのではないかな。それは、占領中に米国に創ってもらったものだ、ということを知っているから、そういう負い目があるから、なんとなく真剣に向きあることを避けているんじゃないかな・・・。なんか、いまさら憲法改正なんて言い出すのが恥ずかしいような・・時代錯誤であるような・・・そんな気持ちがあるのではないのかな・・
 
心の曲がった、すねた、恥ずかしがりやの日本人よ。そうしてめんどくさがり屋の日本人よ。
臭いものには蓋で通したい日本人よ。

それにしても日本国憲法の日本語。下手な翻訳文で、解りにくいな。誰かちゃんとした日本人に創ってもらいたいものだ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

憲法9条

えいと@さん。御説ごもっともと承りました。
現実的には9条など誰が見てもおかしな所から変えていくのが妥当でしょうが、小生はそれには反対です。9条よりも「自国の憲法を自国民が創った」という無意識裡の自信が日本復活にあると信じているからです。だから白紙撤回、新規作成が大事だと思います。

No title


こんにちは、えいと@です。

ブログへのご訪問、コメントをありがとうございました。
過去記事にコメントさせていただきます。

憲法9条は見直すべきであると思っています。
自衛隊は軍隊です。
そのための訓練を受けています。
万が一、有事があったら自衛隊以外のどの組織が前線に立って戦ってくれるというのでしょうか。

憲法9条を変更する、しないの論議はなかなかすすみませんね。
左側の考えの方の中で「憲法9条があったから戦後60年以上も日本は戦争をしなかったのだ」とはっきり言い切る方がいました。
そういう考えの人間がいる限り、「平和~」って叫んでいたら戦争が起こらないって思い込んでいる人間がいる限り、
そして中国をはじめ、近隣諸国に遠慮の外交をし続ける限り、憲法9条は見直されることはないでしょう。

今の法律では、日本だけの力では日本を守ることはできません。
世界中が平和であれば問題はないのですが、近年、世界情勢が怪しくなって来ていますよね。
日本はいつまでのんきにかまえていられるでしょう。
65年間、戦争をして来なかったから、これからも9条さえあれば戦争が起こらないと思っているのでしょうか。
何か起こってからあわてるのでしょうか。

日本を守るには軍隊、軍備が必要です。
軍備を強化する=戦争をすることになる…と考える人が多いのですが、けっしてそうではありません。
そのへんがなかなかわかりあえない部分なのですよね。。。

憲法9条は確かにわかりにくすぎますよね。
いろんな解釈ができる…っていうことが問題です。
戦後65年も経過したわけですから、そろそろ手を入れてもいい時期に来ていると思います。
しかし…民主党にそんなことできるのでしょうか…?
社民党が連立与党ですしね。
日本はどうなっていくのでしょうね。。。

   えいと@


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。