スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貞明皇后御歌5

1905年(明治39年)1月、実父九条道孝氏逝去。

   暮春
 くれてゆく春はとどめむすべもなし
    かたみのはなをいざをりて来む


 このころから節子妃の和歌数は増えてゆく。

   生駒艦の進水式に
 くろがねの大みふねさへみくににて
    造りうる世となりしうれしさ


 生駒は国産初の重油エンジンで動く軍艦、しかも1万トンを超える巡洋艦であった。つい先日の日露戦争での戦艦がすべて外国製で石炭式であったことを思えば、それはもう先端科学立国の仲間入り。今で言やISSへの物資補給を成功させた〈こうのとり〉みたいなもんで、他国の嫉みを買うこと間違いなし。

 偶然かもしれないが、この年、白人国で邦人移民排斥運動が起こりますね。

    海辺夕
 入日さすはまの松かげあまの子が
   ちちやまつらむあまたむれゐる


    白
 ふりかかるみゆきをはらふ宮人の
   小忌(おみ)の真そでに梅の花ちる
 
          鮮明ですね。


 しづけさを何にたとへむやり水の
   ながれもたえし山かげのやど
  
 
     秋夕
 くれてゆく空こそことに悲しけれ
   秋のあはれはいつとなけれど


 このころ『古今集』などをふたたび勉強しておられたのでは。

 明治40年

 夕日かげかたほにうけてあまをぶね
   かすむ波路をこぎかへるみゆ


   戦死者遺族
 かなしさを親はかくして国のため
   うせしわが子をめではやすらむ


 23歳の節子妃は、悲しみこそ私としての自己と公としての自己と峻別する理性を養ってくれることを知っておられた。



     にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
       
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。