スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貞明皇后御歌9

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
1910年(明治43年)

     新年雪 御歌会始
 としたちてけさめづらしと見る雪も
    はつ荷車やゆきなづむらむ

 御歌会始にこのような歌を詠まれたのですね。

     新年待友
 松のうちにこもれるやどの梅のはな
    みに来む友もあらばとぞおもふ

     
 春はなほ浅沢水にそでぬれて
    ねぜりつみてむこ(籠)にみたずとも

 ねぜりは根芹で、浅沢水にあると決まっているのでしょうか、『金葉集』に、人心あさ沢水の根芹こそこぼるばかりにも摘ままほしけれ(前斎宮越後)という歌があります。

     春風
 すみれさく野路の春かぜをとめ子が
花のたもとをかへしてぞふく
 
 この歌は、小生の好きな志貴皇子の歌、采女の袖ふきかへす明日香風京(みやこ)を遠みいたづらに吹く(万葉51)が陰画とすれば、陽画バージョンですね。

     残水
 里川のみぎはにのこる薄ごほり
   ながれし冬をとどめがほなる

 この年あたりは古今を読んでいるような気になります。

     折にふれて
 おもへども思ひぞなやむいかにせば
   人のこころの安からむかと

 人とは夫君それとも御自身の…しかし結局このように決意します、

 まことよりほかの心をもたざれば  
   世におそろしきものやなからむ

    竹田宮妃殿下のとひ給ひけるに
 なつかしき君の来ませるうれしさに
   先づ何をかといひまどひぬる

 こういうことありますね。別のところでこうも歌っています。

     冬夜閑談
 たまあへる友をむかへてかたる夜は
   冬ともしらぬのどけさにして

 たまあへるとは、魂合へるつまり心が通じあう。ということは、逆に誰でもそうでしょうけれど、なかなか心が通じ合いにくい人が多いということになりませんか。では、それは、どういうことでしょう。

     春曙 
 百鳥の声のきこえて春の夜は
   かすみながらにしらみそめけり

     尋花
 たづね入りし山のかひなくくだり来て
    思はぬ里の花をこそ見れ

     夜春雨
 おぼろよのかすみは雨になりむらし
   更けておとする軒の玉水

     花見
 とりどりによそひこらしてゆく人や
   花見るよりもたのしかるらむ

     夕花 
 白くものおりゐるかとも見ゆるかな
   ゆふべしづけき山のさくらは

     9月24日
 いでましのあとしづかなる秋のよは
   犬さへ早くうまいしてけり

 いでましとは、夫君が京都に行啓。皇太子は犬をとても愛玩されて、いろんな種類をお飼になっておられときく。

     薪(まき)
 あせあえてはらひし賤(しづ)のいたづきを
    まづこそしのべもゆるたきぎに

 あせあえるは汗が滴ること。いたづきは労働。貞明さまはこういう感性の人だったのですね。

  


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。