スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本居宣長之奥墓

先日、うららかなある日、本居宣長の奥墓に参った。松阪駅前の観光案内所で自転車を借り、7Km余りの道を飛ばした。事前に地図でしっかり確認しておいたから、ほぼ迷いなく行けた。

 ままチャリを飛ばすこと約10分くらいで、市街が終わり、閑静な住宅街に入る。


住宅街


 そこを抜けると田んぼが眼前に広がる。春の空気の中を抜けるのは何とも心地よい。ときに懐かしい菜の花の匂いが漂ってくる。ときにクシャミもでるけどね(笑)

P3161741.jpg


 小さな村落を抜け、新しい広い道を横切ると、急に山道になる。けっこうな上り坂だ。ふだんからよく自転車に乗るし、これはまた電気アシスト付きだからこんな坂など平気の平左。

山道


 と、駐車場に着く。誰も来ていないようだ。駐輪して鍵を掛け、看板を見ると、この辺りの山一帯が「ちとせの森」と名付けられた公園になっているようだ。看板のすぐ横に宣長奥墓への道とある。

入口1


 石段を登っていくと、なんか息が切れてきた。省みれば、駅から休みなく一気に飛ばしてきたから無理もない。途中でお寺がある。そこの前のベンチでしばし休憩。茶がうまい。大きな杉が見事だ。人っ子ひとりいない。静かだ。

山寺  


 さらに、自然石が崩れて階段をなしているような山道を登っていく。あそこから15分と書いてあったが、ほんとにそれだけで着くだろうかという疑問が胸をよぎった。

入口2


 しかし、そこから10分くらいして、それらしい空間に出た。看板と大きな石碑が立っている。そこを上がれば、宣長大人の眠る墓だ。ここが山室山なのだ。踊る胸を鎮めつつ墓前に登る。

墓前1  P3161737.jpg


 おお、これが宣長の遺言なんだ。彫られている「本居宣長之奥墓」の字は宣長の直筆である。背後には、大人が愛して已まなかった山桜が一本ひょろっと伸びている。

奥墓1


 静かだ。おだやかな山風の音以外には何も聞こえない。ただ鶯の初な声が一回だけ聞こえた。

とにかくに、ここは明るい山の頂
大杉に囲まれて静かなる山の頂
空の美しさ風の心地よさ
遥かに見渡せば伊勢の海
眼下には松阪の家並みが模型のよう

老齢の宣長は自分の墓を定めるために
弟子たちを連れてあちこちの山中を
ずんずん歩いて行ったというが、それは…

 伊勢の海見下ろす山の静けさに
  なほ考へる上つ代の道


奥墓3

そして、この〈本居宣長之奥墓〉なる
文字のなんと美しいことか。
上手い字というのではない。
端正。癖のない清らかな字。

いにしへの直きこころをみつけたる
  人の書き様げにふさはしき
 

 ここに来て単純ということが最も深く
 複雑な心がいかに浅薄かがよく解る。

しきしまの大和の国のきよらかさ
  君ならずしてたれか知るべき



    にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

おお、umama01さんともあろうお方が・・・、しかし、小生も、すでに、5年ほど前、アルツハイマー宣言をしてあります。

No title

 ……調べ直すまで本居宣長が何をやった人かすぐに出てこなかった自分が悲しい。。。
 アルコールは脳を破壊しますね~~。とほほ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。