スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貞明皇后御歌17

1921年(大正10年)から崩御の年(大正15年)までの間は、天皇の心身がお仕事から離れていく過程であった。明治・大正と仕人として皇室に仕えていた小川という人が、当時の天皇の痛ましい姿を伝えている。

 「いつのときであったか、豊明殿で高官たちに御陪食をたまわったことがあった。…宴会が終わって、高官たちがぞろぞろと廊下に出てきて、陛下が奥にお帰りになるのをお見送りするために、並んで立っていた。いつもなら決してそういうことはなかったのであるが、高官たちの気持ちの中に、陛下が御病気だという観念があって気をゆるめていたのであったろう。あちこちで私語する話声が聞こえてなんとなくざわめいていた。そこへ陛下がお出ましになった。高官たちはさすがに話声はやめたが、いつものように自然に頭が下がらない。突っ立ったまま陛下を目送りするような始末である。そのとき、どうしてわたしが見たのか今でもよく思い出せないが、皇后陛下お一人が静かに頭を下げて最敬礼をしておいでになった。そこではじめて自分たちの失礼な態度に気づいた高官たちは、あわてて最敬礼をして陛下をお見送りしたのである。」(『宮廷』小川金男著)

 「当時、陛下の御病気がお悪くなってからは、何かにつけ皇后陛下は気を配っておいでになった御様子で、そういう公式のお席にもいつも皇后陛下がご同席になっていた。」(同著)

   1922年(大正11年)歌会始

 おほ海原なみをさまりてのぼる日に
   むつみあふ世のさまをみるかな


この年の春、節子皇后は天皇の御平癒祈願と前年の皇太子殿下の御外遊からの無事御帰還御礼のために、香椎宮、箱崎宮、大宰府天満宮、厳島神社に参拝の旅に出られた。

    香椎宮を拝ろがみて
 大みたま吾が身に下り宿りまし
   尽くすまことをおしひろめませ


 ここで神功皇后の霊力を一身に浴びられたこと、また大宰府にては菅原公の怨霊を和らげられたことも言うまでもない。

    大宰府神社にて御手植の梅を
 つくしがたふく春風に神そのの
   はやしの梅は香に立ちにけり


 またこの年、大隈、山県という御一新をなした藩閥の大物が亡くなった。山県が亡くなる直前、節子皇后は山県公に感謝の歌を送っておられるが―

    明治天皇御集、昭憲皇太后御集編纂なりて
上奏しける時御かたへに侍りし山県顧問の心尽しを
 ならびます神のみひかりあふぐにも
   まづこそおもへ君がいさをを


 小生はこの歌よりも前書きに注意がいく。明治天皇御集の編纂事業なったとき、傍らにいた〈山県顧問〉の心尽しに感謝されたのであった。では、山県公の政治家としてあるいは他の仕事についてはどうなのであろうか。それは解らない。しかしあの誰からも好かれない、あまつさえ嘉仁天皇にもっとも辛く当った山県公に対して、節子皇后はどのように感じておられたのか。それはそれ、これはこれ、と割り切って考えられていたのか。少なくともこの期におよんで、維新以来、彼なりにわが国のために働いてきた山県公を批判するお気持ちはなかったと思う。

 しかし、おそらく嘉仁天皇がもっと苦痛に感じたのは人の心の裏表であった。先ほどの小川氏の言の続きー

 「陛下のご病状が悪化してからは、ますます神経が敏感になられたということは前にも書いたが、陛下が御病気であるということから、女官のなかにはついうかうかと陰日向の行動をする者もあった訳だが、そういうことが陛下の神経をいたく刺激したらしく、しかもまた、陛下にはそういう行動が敏感におわかりになったらしく、そういう女官がお靴をお揃えした場合などには、陛下は決してその靴をおはきにならなかった。」

   1923年(大正12年)暁山雲 歌会始

 あかつきのきよき心にあふぐかな
   朝熊山の峯の白雲



    にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

umama01さん。天皇も人間ですね。また、人は病気になって、しかも脳卒中で表現がしにくくなっても、むしろいっそう人の心に敏感になるということがあるように感じます。
大正天皇は、普段からいっけんまったく無頓着のようでいて、かえってお利口な周りの人たちの心が見えていたのではないかと、小生は推測しますが・・・。

No title

靴のエピソードなどは、やはり天皇陛下とは言え人間であると実感します。
(現陛下以外の天皇に対しては尊称をつけるのは間違いと知りつつも、天皇とただ呼ぶのはどうも畏れ多いと感じてしまう小心者の私……)
 と言うか。
 病気になっても辞められない仕事というのは、やはり大変なものなのでしょうね……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。