スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西洋の音楽と文明

久しぶりに音楽会に行った。
D‘amiti string quartet in Munetugu hall. 曲目は、ハイドン66番、ドゥビュッシー、ラズモフスキー2番といい演目だった。開演時間ぎりぎりに間に合った。汗を拭き拭きしながら適当な座席に座ったら、直ぐ始まった。なんといういい音色、いい響きだろう。ハイドンのような音楽は、まず耳慣らしと言うか、前座というか、始まりにいい曲だ、それにしても素晴らしいな、と思い。これは18世紀の西洋の遺産ではないか、としきりに考えた。
省みれば、このような音楽といい、われわれの日々恩恵をうけている科学といい、まず西欧で発達したものだ。それは、ギリシャの科学とキリスト教との結婚から生まれたものだ。

日本人は、よくキリスト教の負の側面を指摘して、一神教の原理はいかん、日本のような多神教こそがいい、なんて言う。が、つまらん言い分だ。

世界史を振り返ってみるに、まず地球の何処の地域でも、初めは多神教であった。つまり、自然崇拝・・・精霊信仰、そして祖先崇拝ってところだ。そこへBC1000年くらいかいつかはっきり知らないが、イスラエルの南部の一角あたりに、ヤハウエ唯一信仰が生じた。(フロイト先生によると、エジプトのあのアメンホテプだったか、ツタンカーメンの親父の太陽の神唯一信仰が、滅びる前にエジプトを脱出ユダヤ人した一派→モーセが起こしたとか)
BC500年~バビロン捕囚により決定的になった一神教。それからイエスが出てキリスト教、その後イスラム教という一神教が現在、世界の何パーセントか知らないが、地球の半分くらいを占めている。


文明国で、多神教の国は日本くらいか・・・。とにかく日本はとても変った国だ。おおらかで好きだけど。なんだかのーてんき。
しかし、多神教は一神教への萌芽があるな。代表例では、ギリシャはゼウスがオールマイティだし、日本はアマテラスが一番偉いみたいだし。(古事記みるとタカミムスビのが偉そうだけど)つまり、すべての神々が平等ってわけではない。排撃はしないけれど。

宗教も生物のように進化してきたと感じる。キリスト教はその頂点をなすと思う。というのは、
小生の長年の疑問だけれど、キリスト教に至って、なぜあのように高い倫理性が出てきたのかってことだ。われわれ日本人は、漠然と一神教だの八百万の神々だのと言うまえに、あの高度の倫理性をしっかり考えてみる必要があるのじゃないのかな、と思う。



                      
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。