スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貞明皇后御歌20


 にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村


  1921年(大正10年)節子皇后は天皇の御負担軽減のために、宮内大臣、牧野伸顕に述べている。

 「日記などを見るに、京都時代(明治維新より前)は、只今よりよほど簡単であったと見ゆ、明治になり復旧なされたるもの多し、日記には祭事に付き、女官が代理したるもの少なからず、御代御代の中に御弱き方も入らせられそれが為右の如き取り計らひたるものと考へらる」(『牧野伸顕日記』)

 『昭和天皇』(原武史著)によると、節子皇后は、天皇とともに、葉山や日光の御用邸に夏や冬は御滞在のことが多く、いわゆる宮中祭祀には御熱心とはいえなかったが、しかし皇太子の御外遊ころから、それまで(明治になって)創られた伝統と見なしていたはずの祭祀に、皇后は積極的に関わるようになられた。

 さらに原はこう言っている、「その背景には、おそらく大正天皇の病気があろう。貞明皇后は、大正天皇が脳病に冒されたのは、天皇と一緒に御用邸に滞在し、祭祀をおろそかにしたことに対して、神罰が当たったからだと考えるようになったのではなかろうか。皇后が裕仁皇太子に〈信仰〉の重要性を説こうとしたのは、大正天皇と同じ過ちを繰り返させまいとする母親の愛情に根ざしていたからだとも言えなくはない」と。そうして、自らを神功皇后(夫である仲哀天皇は、神の教えを信じずに早逝した)になぞらえて、香椎宮を参拝されたのだ、と。

 何かこう言ってしまうと身も蓋もないように感じる。たしかに、皇后はこの頃から、皇統の何たるかをお知りになり、祭祀を大事にされ、あらゆる迷信もふくめて宮中の伝統を率先して守っていこうとお考えになったのであろう。また、日に日に衰弱してゆかれる天皇を目の当たりにして藁をも掴もうというお気持ちになられたのは無理もない。また、筧克彦博士から仲哀天皇の話を聞かされていたかもしれない。

 しかし、大正天皇が祭祀をおろそかにして神罰が当たったとは、本当にそうお感じになったのであろうか。そのゆえに香椎宮を参拝されたのであろうか。そうかもしれない。そうでないかもしれない。そうであるならば、むしろ、皇后とはいえ、そのようにお感じになった己の罪を責められたのではなかろうか。

 1925年(大正14年)御歌から

     春夜
 酔ひしれし人のとよみもしづまりて
   都の春も夜はしづけし


     習字
 むづかしとおもひながらも習ふまに
   もじの心も得られゆくかな


 筆とれば時のうつるも忘られて
   手習ふわざぞたのしかりける


 1926年(大正15年)御歌から

    寒月
 くまざさの上なる霜につめたさを
   かさねて月のふけわたるかな


    名所雪
 びはの海はうすきみどりにみえそめて  
   雪にあけゆく比良の遠山


    鐘声
 にぎはしき都にありてきけどなほ
   淋しかりけりかねのひびきは


    雲雀
 あさ月のかげうすれゆく大空に
   たかく上がりてひばりなくなり


 あの家持の「うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しもひとりし思へば」の欝屈した歌から取られたのだろうか。

 しかし、八月ほとんど歩行困難になっておられた天皇は、新設されたばかりの原宿宮廷駅から、ひっそりと葉山御用邸に移される。

      庭鶴  天長節
 吹上げのみにはの鶴の千代よばふ
    声おまし(御座所)まで高く聞こゆる


      秋霜
 ふじのねのいただき白く雪みえて
   みやこの秋に初霜のふる


 11月ごろから、天皇の平癒を願う人々の姿が皇居や神宮に見られるようになる。12月24日の夕ぐれ、突然に季節外れの雷鳴と豪雨が葉山御用邸を襲った。25日午前1時25分、天皇崩御。御遺体はただちに、御本邸に移された。早朝、屋根の上から、真白い鶴のような大鳥が飛び立ったのを見た、と女官たちは語り合ったという。

 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。