スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貞明皇后御歌25

 

1933年(昭和8年)といえば、2月に日本が国際連盟を脱退。その後の事実を知っているわれわれには、もう2・26事件、日中戦争の足音が聞こえてくると言ってしまいたくなるときではある。しかし12月には、めでたし、明仁皇太子(現今上天皇)がご誕生。

     寄道祝
 人の世に栄えて久しうつくしく
   あやにたふときすめ国の道


 さきにほふ春の花より美しき
   手わざのみちのいやさかえゆく


  昭和9年 社頭雨 
 神そのはしづかにあけてみやしろの
   朱(あか)の玉がき雨にけぶれり


 虫のこゑあふるる庭に大空の
   星よりおつる風のつめたさ


 1936年(昭和11年)2・26事件 ベルリンオリンピック 日独伊防共協定 
 この年、貞明皇后で忘れてはならないのは、全国の灯台守に、金一封を下賜され、それでもってラジオ受信機を200台を辺鄙な灯台に設置することができた。その時お添えになった御歌。

 荒波もくだかむほどの雄心を
   やしなひながら守れともし火


 守る人やいかにさびしき霧ふかき
   離れ小島のともし火のもと


 船まもるこころのひかりさしそひて
   海原とほく照らしゆくらむ


 そもそも貞明皇后と灯台守との出会いは、大正12年5月のことであった。御病気の天皇のご看病で葉山御用邸に滞在中、三浦半島周遊をされた。そのとき半島の先端にある観音崎灯台を御訪ねになった。この灯台は明治の初めに建てられたわが国初の近代的灯台ということで有名であるらしい。

 このような辺鄙な場所に皇后が来訪されて、当時の吉岡台長は感激し、灯台守の生活についていろいろお話になった。灯台守という仕事の孤独や辛さをお知りになったからには、なんとか助力をしなければというお気持ちが、それ以後去ることはなかった。

 ちなみに、2006年(平成18年)、五島列島の女島灯台が自動化されて、日本からいわゆる灯台守が消えたそうだ。

 昭和12年 冬眺望
 一まちにつづく野中のかれくさに
   うすき日さしてながめ淋しも


     社頭虫
 みやしろになく虫の音は神楽にも
   たぐふと神や聞こしめすらむ

     たぐふ=寄り添う、呼応する

    たばこといふ題をよみける折に
 大御手にとりて臣らに賜はりし
   御かげしのびてたばこを見つむる

    
 つねに何かにつけ大正天皇の面影が浮かんできたのでしょうが、それを直接歌われることはめったにない。大宮さま(貞明皇后)は、この頃は宮中のしきたりを守らねばとお考えであったようだが、他方つねに新しいことや、海外事情を知るのがお楽しみであった。

 ご自分ではついに外国に行かれることはなかったが、次の歌はこの年に英国に訪問された秩父宮殿下、妃殿下をお思いになった歌である。

    海外旅行
 新しく知る楽しさのおほからむ
   日数かさぬる外国の旅


 御国たみいたるところにいそしみて
   さかゆくさまを見てかへらなむ



にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

未見太郎さん、そういえばあったですね。はっきり覚えていないけれど。「おーいらみーさきのーとーだいもーりーはー・・・」なんて歌は、その映画の主題なの? 灯台守の人は一生灯台守だったのでしょうね。

No title

umama01さん、今日もとても蒸し暑かったですね。小生は年来、夏が始まると、お盆を過ぎると虫の声が聞こえるということを励みにして夏を乗り越える習慣がついています。

No title

 「守るひとやいかにさびしき・・・・・」の御歌を見て小学生の頃
家族で観にいった〈喜びも悲しみも幾年月)の映画を思い出しました。たしか女の人が気がふれてしまう、子供心にもこわいシーンもあったような。

孤独で過酷な仕事に携わる庶民の労苦をねぎらわれたのでしょう。
今調べると、その映画のストーリーも最初に観音崎灯台がモデルになっているらしいですね。

No title

田舎暮らしの人間には、「むしのこゑ……」が一番情景に浮かびました。
と言うか、深層心理の中で、そろそろ涼しい風が欲しいと願っているのかもしれませんけれども。
こっち、むっちゃ暑いねん……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。