スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨上がりの庭

先夜の豪雨やんで、そのあした…。

 
 野秋去り庭のしめりにやすらへる
   草のうちからこほろぎの声


 しめやかな朝の大気にたたずめば
   そこはかとなく満ち足りてをり


 静けさに木の葉がくれの怪のものか
   風鈴そよと鳴りてをさまる


 命とは幽界に根を張る草の
   小さき白き一輪の花


 かくてかの栄華を極めしソロモンも
   ひと花すらもえつくらざりけり



    にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

umama01さん、何事も過ぎたるは・・・ですかね。

などかして 交換したし この水と 
   砂漠のくにの ありあまる油と

No title

せっかくの 恵みの雨と 云ふけれど
 ここまで降らじと 沈む道見ゆ……

渇水が去ったのは良いことなんですけどねぇ。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。