スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏見院御製

 第92代、伏見天皇。とは言ってもかげが薄い天皇ですね。せいぜい日本史の記憶がよい人は、ああ、鎌倉時代の、あの持明院統と大覚寺統との皇統争いのさ中の天皇だな、と思いだすぐらいでしょう。

 そうなのですね。保元の乱(1156年)の遠因をなした白河上皇いらい、天皇親政はなくなり、上皇が治天の君となって政治を行うようになっていたのでした。

 『風雅和歌集』(1349年)にある伏見天皇御製

 わが国にまたあともなし二返り
  八隅(やすみ)知る名を世に残す人


 わが国にこんなことはまたとない。二回にわたって統治することとなった私。八隅知るとは統治するという意味です。伏見院は7年の間隔をあけて都合17年も統治権をもつことになったのです。

もとはといえば、伏見天皇のお祖父さんである後嵯峨天皇が、優柔不断と言うか、二人の皇子のうち、長男である後の後深草天皇よりも、弟である後の亀山天皇に思い入れがあったために、亀山の皇子である後の後宇多天皇を春宮(皇太子)に指名し、後は知らん、以後は鎌倉幕府にまかせる、なんて態度をとったものだから、皇統が二つに分かれてしまった。

 この二皇統、いわゆる持明院統と大覚寺統は、以後じつに変則的な天皇と上皇の組み合わせが続き、後に後醍醐天皇にいたって決裂し、南北朝の時代に入ります。持明院統は北朝となり、大覚寺統は南朝となります。

 この持明院統と大覚寺統は政治での敵対関係だけではなく、和歌の流派としても敵対するのです。それが京極派と二条派なのですが、それぞれの代表が京極為兼と藤原為世、それぞれ藤原定家のひ孫にあたります。藤原為世率いる二条派が本家でもあり、歌学においても保守本流といえましょうか。

 1310年、『玉葉和歌集』成る。ときに伏見院48歳。京極為兼59歳。この京極為兼という人物は大胆不敵であって、そのため敵も多かったらしく、二回も配流の憂き目にあっている。

 『徒然草』153段に、為兼が六波羅に牽かれて行くのを見た日野資朝が目にして、「あなうらやまし。世にあらん思ひ出、かくこそあらまほしけれ」と言った、と書かれています。

 この為兼が率いる京極派の作歌原理は、心の動きに忠実に表現する、そのためには雅俗新旧、どんな言葉を使ってもよい、とする。いっぽう二条派の藤原為世は、すべての点において『古今和歌集』の風を学ぶべきであり、京極為兼は歌の心をしらぬ心ばかりを先にして、言葉を飾らず、節探らず、姿もつくろわず、ただ実正を読むべきだとして、卑俗におちている云々と攻撃して止まない。

 『玉葉和歌集』は、伏見院の念願の勅撰和歌集で、撰定委員四人の中に京極為兼と藤原為世とが居たものだから、ひと悶着あるのは必定ですね。結局為世が降りたのです。それで、『玉葉集』は京極派和歌集であって、従来の和歌集にならべれば、ずいぶん異彩を放っているのですね。

 小生から見ると、『新古今和歌集』というあまりにも華麗な美の球体から抜け出すことが出来なくなって、息が詰まってきた歌人らが、そのごくわずかな綻びから脱却しようとして見付けた道だったように思われます。

 『あめつちの心』岩佐美代子著 から、その綻びを見つけました。それは、『玉葉集』に入った定家の歌―

 秋の日のうすき衣に風立ちて
   ゆく人またぬをちの白雲


 秋の薄日の中、旅衣を風に吹かせて寒げにゆく人、その人を取り残したまま、風にのってどんどん行く手はるかに遠ざかってしまう白雲―。言葉づかいも、動的なイメージも斬新ではありませんか。

 こういうのびのびした感覚。古典主義絵画が知らなかった印象派の筆使いを思い起こしませんか。ここに京極派の風を感じますが・・・。

 この歌から伏見院は作っていますー

 山風も時雨になれる秋の日に
   衣やうすきをちの旅人 
『風雅集』

 こちらは、旅人の気持ちに移入しようとしていますね。

 ついでに伏見院御製を幾つかひいておきます。

 なびきかへる花の末より露ちりて
   萩の葉白き庭の秋風


 しなやかになびきかえる萩の細枝。こまごまと咲いた花の先端から露が散りこぼれて、萩の裏葉が白く見える。ああなんて美しく吹く庭の秋風だろう。

 雨のおとの聞ゆる窓はさ夜ふけて
   ぬれぬにしめる燈火(ともしび)の影


 しとしとと雨の音の聞こえる窓辺に、燈火に向かっていると、夜が更けわたって、雨でぬれるわけでもないのに暗く沈んだ色になる燈火の光よ。

 田の面より山もとさしてゆく鷺の
   近しとみればはるかにぞ飛ぶ


 ・・・真っ白いから近くに見えて、実は目をこらして見るとはるか遠くを飛んでいるのだなあ。

 いたづらにやすきわが身ぞはづかしき
   苦しむ民の心おもへば


 やはり天皇ですね。ただ安らかに歌を詠んでいらっしゃったのではありませんね。


  
 

  にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

umama01さんへ、返し

酒に暖 とれる人らぞ うらやまし
  身もふところも 寒さ増すわれ

もっぱら粉温泉です。

No title

いたずらに 酒に暖取る 我が身をぞ
 昔の暮らしと 比べはずかし

……古の句に対抗して。
しかし、庶民でも平日から酔えるのですから、豊かな世になったものですよねぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。