スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥勒菩薩

 先日、京都東福寺あたりに紅葉狩に行ったついでに、太秦の広隆寺に有名な弥勒菩薩像を見に行った。以前から一度は見たいとは思っていたが、雑事の山中で道を失い、行きそびれたいた。たまたま『日本書紀』の推古紀を読んで、これがひょっとして聖徳太子が持っていた仏像かもしれないということを知って、おしりに火がついた次第であった。

 京都をよく歩く知人に訊いてみると、一度行ってくるといいよ、でも仏像はうす暗い部屋の遠くに安置されているので、よく見えないよ、と言う。それで、小生の頭には、広隆寺は小さい寺で、人気のない暗い小さなお堂の、向こうの方に、漆黒の仏具に囲まれ、すきま風にゆれる蝋燭の火にかろうじて照らされながら、一人ぽつねんと坐しておられる姿が思い描かれていた。

 ところが、行ってみると、広隆寺というのは聖徳太子ゆかりの寺として、仁王が守る堂々とした楼門のある寺で、境内は思い描いていたよりもうんと広いものであった。そして弥勒菩薩は、新霊宝殿という大きな建物のなかに、数多の仏像たちと並んで、その中心に坐しておられる。

 なんかドキドキする胸を押さえながらこの建物の中に入った。たしかに、内部は薄暗くしてある。しかし思ったより近くから見れるし、はっきり見える。仏像は十二神像、四天王像など、飛鳥から鎌倉時代にかけての傑作群だ。これほどの仏像群がそろっているのは、小生の知っている範囲では、奈良の興福寺と大宰府の観世音寺だ。

 仏像と書いたが、あやうく作品と書くところだった。すばらしい作品と言って何がいけない、とは思うのだが、仏像には作品と言いにくいものを感じる。なんでやろ、と考える。

 やはり、そこに仏が宿っている、そして仏とはわれわれを救ってくださるものだ。その仏像は向こうから差し出されている力の象徴と感じるからじゃないのかな。

 いっぽうそれは人に似せて作られている、だからそれを作品と感じないのではないか、とも考えられる。しかし、人とは何か。われわれは人の顔や姿を見て何を見ているか。それは、その人との感情的関係、好意的か敵対的か無関心か、そしてその人はどのような気持ちで生きているかを見ている。われわれは他人を、景色を見るようには見ていない。

 弥勒菩薩半跏思惟像の前に立って思う、何をこの菩薩は考えているのだろう、人を救おうなんて全然考えていないように見える、何か自足した感情、あの世からこの人間喜劇を眺めて面白がっているように見える。もちろん悲哀はない、ましてや侮蔑もない。否定も肯定もない。どこまでも安らかな乳児の眠りのような・・・。

 このような仏像を造った工人が、1400年くらい前に居たのである。いったいこの工人はどんな人だったのだろう、と小生はしきりに想像をめぐらした。

 きっと、朝起きては製作所に向かい、たんたんとノミをふるい、昼にはお弁当を食べ、同僚とよしなしごとを話しあい、笑いあい、夕方には家路に着く。家族との団欒があったかどうか、大酒のみであったかどうか。百済人か二世か、あるいは日本人だったのか・・まあ、そんなことはどうでもいい。

 ただ確実に言えると小生が思ったことがある。それは彼の信仰は単純なものであった、ということだ。彼の頭と手、想像と創造との間に、何も余計なものは介在しなかった。彼の信仰は、頭に思い描いたものと、ノミを持つ手の感触との微妙な調整以外の何物でもない。

 もちろん、菩薩像は彼の思い描いたものである。しかしそれは恣意的なものではない。それは向こう側からやってきたものだ。彼は忠実に実行しさえすればよい。彼は信仰についてまったく余計なおしゃべりをする必要のなかった人だ。


  

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。