スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガリア戦記』

シーザーはローマ皇帝のarchetypeだ、とある先生が言っていたが、その意味が、『ガリア戦記』を読んでわかった。つまり、統治者としてもっていなければならない大衆からの人気、絶え間なく生じてくる諸問題や絶えざる変化に対する冷静沈着な態度、しかしこうと決めたら素早い行動、寛容と残酷とのケースバイケースの使い分け、兵士の心をつかむ話術、誠実さ、嘘をつくときでさえ誠実であるこの男は。絶えず戦略を練り直し、反省はしても否定はしない。休息とは無縁の精力的な生涯。

 
 シーザーが、ガリア総督に任命され、同地へ出発したのは紀元前58年。以後9年間のガリア遠征の内容を記したのがこの本。誰が言ったか忘れたが、戦争とは芸術であると。このシーザーによって書かれた本は、まさにそのことを証明している。目的―理念の保持、そのために労した巧みな戦術、長期にわたるその力の配分。同時代人のキケロは、この書を評して曰く「率直で優雅で余計な装飾がない」と。

 当時のガリアは、主に今のフランスを中心として、スイス、ドイツ南西部、ベルギー、イギリスの一部辺りで、多くの部族が割拠していた。

シーザーが当地へ赴任したころ、一部族の傭兵としてガリアに来ていたゲルマニア兵が、その本拠地であるライン川以東に帰らずここに居座ったことから、スイス辺りに住んでいたヘルウェティイ族が、西の平地を目指して移住を始めた。

このとき生じた部族間の紛争を、シーザーは、ローマの軍事介入の絶好の機会と捉えた。策謀をたくらむ族とゲルマニア軍の排除を目的として進撃。ここから8年にわたりシーザーはヨーロッパ中を駆け巡る。

あらゆる謀略、恩賞や名誉心に訴える巧みな演説、考える暇を与えぬ素早い行動命令、沼地で戦う披露困憊した兵士らの息遣い、読んでいてふと『平家物語』を思い出した。

かの物語は、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常と響くなり・・・」という仏教臭芬芬たる始まりではあるが、この物語の本命は、眼前に見えるような生き生きとした戦いや駆け引きである。この世は無常。そんなことは分かり切ったことだ。それよりも、戦いの生き生きとした姿を見よ、そう言っているようにも見える。

そういうことを考えると、また思い出すのは能『邯鄲』だ。若い主人公盧生は、この世の一大事を訪ねばやと旅に出る。途中で休憩した宿でうとうとする。そして自分が王様になって栄耀栄華を過ごすこと50年。ところがそれは、粟飯の一炊の夢であった。盧生は、人生とは一瞬の夢に過ぎぬと悟ったのだった。

しかし、それにしても、どう考えても、この能でもっとも輝かしい部分は、夢の中での主人公の王となった時の欣喜雀躍の舞である。作者は世阿弥だか誰だか知らないが、この作品を輝かしめているところは、この世の世俗的な栄達である、というよりも喜びである、と感じないではおれない。

         *

シーザーは、ガリア人やゲルマニア人の生活習慣の報告もしていて、ガリア人は、少なくとも小生が思い描いていたような野蛮人では必ずしもなく、階級によってはギリシャ語で文書を書くし、商人のもたらす日用品も使用している、ゲルマニア人は、戦闘能力を衰えさせる農耕を嫌い、遊牧民のような生活をしている、云々。

われわれは、ついつい自分の生活圏を絶対的・普遍的なものと見がちだが、例えば、違う国に育った人たちはどう感じているんだろう、とか、あるいは、違う時代に、たとえば戦争時代に生きていたらどう感じていたんだろうとか、想像することがじつに難しいものだ。自分の生活圏から生じた感覚以外の感覚を間違ったものだと言ってしまうことがなんと多いことか。

有名無実となりかかっていた共和政時代にデビューしたシーザーは、ルビコン川を渡るチャンスを逃さなかった(賽は投げられた!)ついに最高権力を手に入れる。そして、彼を嫉む人たちの手にかかって死ぬ、「ブルータス、お前もか!」。まあ、こう言わせなければ劇にはならぬ。そして彼の甥オクタヴィアヌスが帝国時代の幕開けとなる。

しかし、以後いかなる皇帝もシーザーのような理想的な権力者になり得なかったようだ。シーザーは、ローマ皇帝のarchetypeであって、prototypeではない。


 

  

  にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

耳太郎さま、おはげましありがとうございます。あの英雄も伝説的人物ですね。小生、このごろ武人のことを知るのが楽しいです。今は時代も変わって武人がいませんねぇ。

No title

うたのすけさま、無知でおはずかしいですが、シーザーについて知っていることは、 Et tu,Brute?と、いう、最後の言葉と、Kaiserschnittで、産まれたらしいということだけです。
いつも、新しい知見のきっかけをありがとうございます。それ以上に御自身の考察を読むのも楽しみです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。