スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字の力3

今回の展示品には、文字の書かれた木簡がえらく多いが、よくもまあ朽ちずに残っていたものだと感心する。湿地のような水分が多いところでは、木の腐敗を促進する微生物が繁殖しにくいそうだ。それにしても墨は千年以上経ても消えないものか。

 時は欽明天皇のころ(6世紀後半)、中国の律令制度を倣って、中央集権を目指していたころだ。政治家たちは、中国伝来の文字の持つ圧倒的な便利さを利用せずにはおれなかったはずだ。7世紀には役人は習字に習熟することを最も必要としたことであろう。

 さらにこの時代、仏教が伝わってくる。それは仏像と経典であって、経典も読まなくてはならない。僧たちもこぞって漢字の習得に努めたであろう。

 7世紀、8世紀の木簡は、儒教や仏教の経典、帳簿、荷札、手紙、日誌、借用書、漢字の勉強、和歌の練習板、として利用されたことが、読みとれる。それは何でも書ける、要するに今の紙として利用されたようだ。ということは、紙はまだ少なく、高価だったのかな。

 少しずつ地方の名前も表記するようになる。『続日本紀』の和銅6年5月2日に、「畿内と7道諸国の郡・郷の名称は、好い字を選んでつけよ。」とある。尾張は、一時は〈尾治〉と表記されていたようだ。木簡はどんどん出土されているらしく、それによって、当時の漢字表記の変遷がかなり明らかになってきている。


       

       にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

umama01さん、昔も今も、人間は人間ですね。よきもわるきも、ずるさも崇高さも・・・。

No title

 木簡の間違いを削り取る、当時の人々の反応を予想するだけでくすっとしてしまう今日この頃。
 私が仕事で書類をすり消すよりも遥かに多くの嘆きがあったのだろうなぁと……

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。