スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK「日本海軍400時間の証言」雑感

この3回にわたる番組を見て感じたことを箇条書きに。

1.あの時、誰がどうこうしたのがいけなかったなどと、いい大人が何を言ってらー。長生きしやがって。小生は反省が大嫌いだ。聴いていて気持ち悪くなってきた。

2.この番組の通奏低音は、国家や組織のエゴイズムは認めるな、個人のエゴイズムは押し通せ、ってことだ。

3.主題は、何よりも人間の命が一番大事であるということだ。しかし、そこに決定的に欠けていることがる、それは、人は何のために生きるか、という問いである。

4.NHKは報道者の良心をかけて、この番組を制作したつもりだろう。しかし、なんでも報道すればいいってもんか?それじゃ、報道規制をしている某国の態度を激しく明るみにしなければいけないはずだ。が、それはしない。なぜか?怖いからか?日本という安全地帯に居て国内の何を言おうが、それは良心的態度とは言えない。 よくNHKは偏向していると言われるが、小生はそうは思わぬ。臆病なのだ。



                                                                   人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

そういわれると心強いです。日本という国は実にけったいな国。大嫌いで、大好きです。スカイラインV35さんもそうでしょう・・・。明治維新そして大東亜戦争敗戦、日本人全体の志の低下・・・時代は人知を超えて流れていきますね。

No title

NHK始め、戦後を代表しているような言論(空気)には何がしらの違和感を覚えていながら、自分の中で上手く表現する事が出来ませんでした。このブログでは見事に言い表していると思います。そして、論破されていると思います。勉強になります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うたのすけ

Author:うたのすけ
世の中の人は何とも岩清水
澄み濁るをば神ぞ知るらん

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。